まりあ日記

~秘湯と旅行と日々の私~

狩矢警部シリーズ5

2009-02-28 20:30:53 | インポート
月曜ゴールデン『山村美紗十三回忌特別企画 狩矢警部シリーズ5 京舞妓殺人事件』の感想(1月26日放送)。

京都をこよなく愛する優秀な刑事…狩矢さんはこう評されます。

このシリーズの狩矢さんは船越英一郎さんが演じています。若林豪さんが演じる狩矢さんも好きですが、船越さんのも好き。熱い!とにかく熱い!!自分の気が済むまで捜査。とことん捜査!部下もついてくる。特に雛形あきこさんからは絶大な信頼♪♪

そんな狩矢さんも奥様には頭があがらない(*^_^*)奥様役はおなじみ山村紅葉さん☆貫禄十分ですね。

私は、船越さんが京都の町を全力疾走する姿が特に好きです。本当に京都を愛しているんだなぁって思えるから。『その男、副署長』で主演された時もそうでした。

これからも熱い演技を期待しています(^-^)

コメント

ろくろ首

2009-02-25 23:58:36 | インポート
この前の日曜は寒かった。

「こんな日は早く寝てくださいね」と、お習字の先生(70代、男性)に言ってみる。近頃、弱くなっておられるような気がするので、風邪をひいたら大変と思うわけで。

「そうやなぁ。早めに晩ご飯を食べて、寝ようかなぁ。でもな、まりあちゃん。早くご飯を食べると夜中にお腹がすくかもしれん」

それはそうかもしれないけど。

「お腹がすくと首が伸びるんやで」



「首がぐーんと伸びてな、ご飯をぺろっと食べに行くんやで。知っとったか?ろくろ首って言うんやで~」

…笑いころげてしまった。なんで私の隣に座っている中学生女子は笑ってないんだろう。もくもくと筆を動かしている。スマン若者よ、私は笑いのツボに入ってしまったよ。

「首が伸びてご飯が食べられるなんて便利ですね」

と、私も的外れな返事をしてしまったよ。

コメント

西村京太郎トラベルミステリー

2009-02-22 00:10:43 | インポート
土曜ワイド劇場『西村京太郎トラベルミステリー 上野駅13番線ホーム つり合わない乗車券を買う死体! 上野~札幌 二つの寝台特急に張られたワナ』の感想(1月10日放送)。

高橋英樹さん&愛川欽也さんver.の十津川警部シリーズです。

今回は、キャストだけ見たら小沢真珠さんが犯人かと思ったんですが、そう単純なものではなかったです(^o^;(小沢さんは妹思いの良き人でした)

これまでも、亀さん(愛川さん)が郷里の青森県に思いを馳せるシーンが度々出てきましたが、今回も同じく出てきました。亀さんが郷里を大事にしていることが、事件の鍵を握る人物・金子賢さんの心を動かすんですから。

「北から来る人間はね、上野駅に特別な思いがあるんだ。東京をめざして来る時は上野駅に降り立ち、また東京から故郷に帰る時は上野駅から乗る。上野駅13番線ホームというのは、そういう場所だよ」

私も寝台特急カシオペアに乗って、いつの日か北に向かって旅をしたいな。東北や北海道の出身ではないけれど、大好きな東北をめざして上野駅から出発したいものです

コメント

年賀状

2009-02-16 23:36:02 | インポート
やっと年賀状の当選番号を見てみた。

全く当たっていなかった。

コメント (2)

探偵左文字進13

2009-02-15 20:05:22 | インポート
月曜ゴールデン『西村京太郎サスペンス 探偵左文字進13 左文字が殺人犯?!』の感想(1月5日放送)。

左文字シリーズの見どころは、左文字さん(水谷豊さん)が必ず変装することです。 「今回はどこで変装するのかな?」と思って楽しみに見ていたら、序盤で女装したのでいきなりテンションあがっちゃった\(^O^)/ 女装してホストクラブに行き、ミルクしか注文しない左文字さん…!笑える(^O^)

今回は左文字さんが殺人犯ではないかと疑われる展開。なんと、真犯人が左文字さんに変装して人を殺すという…左文字さんのお株をうばったような感じになりました。

しかも、終盤で真犯人のワナにはまった左文字さんは、プールに突き落とされてしまうんです。左文字さん、死んじゃうの?!

でも大丈夫。左文字さんは死んだふりをしただけ。 「僕は人より長く息を止めていられるんですよ」 水谷さん、死んだふりした演技は忘れられないです!口をぽかんと開けたまま、プールにうつぶせで浮かぶあの演技を…!

左文字さん、ちゃんと生きてましたので、真犯人(偽左文字)も無事逮捕。 水谷さん、左文字さんと偽左文字の二役お疲れさまでした(*^_^*)

コメント

『太陽にほえろ』の記憶

2009-02-14 23:25:48 | インポート
『太陽にほえろ』が放送されたのは、私が小さい時のことです。だから記憶が薄いです。

でも、覚えていることがあります。 ボス・石原裕次郎さんが病気療養している間、渡哲也さんが代わりを務めたのです。

職場で言うと信じてもらえず(`´)、帰宅してからWikipediaで調べてみました。

合ってるーー!!私の記憶は間違ってなかったぁ~フフフフ

『太陽にほえろ』でもう一つ覚えているのは、ヤマさんが亡くなったシーン。悲しかったです…。

コメント

バレンタイン

2009-02-14 21:09:33 | インポート
バレンタイン
今年も自分のためにチョコを買いました。チョコ売場で京はやしやさんのチョコが目についたので、即Get!和風なもの大好き♪

そして、今日は嬉しいことがありました。可愛い女の子から手作りチョコをもらったんです(≧▼≦)私はあんなにうまく作れないよ~。おいしかったよ、ありがとう!!

コメント

じゃがりこ ほんのり梅味

2009-02-08 20:00:02 | インポート
じゃがりこ ほんのり梅味
期間限定のほんのり梅味です。

その名のとおり、梅の味がきつくなく、ふわっと味わうのがたまらないです。

期間限定といわず、レギュラー商品にしてほしいですね。

コメント

森村誠一の致死海流

2009-02-06 21:14:02 | インポート
土曜ワイド劇場『終着駅の牛尾刑事vs事件記者・冴子 森村誠一の致死海流 黒潮に乗った漂流死体!! 密室の707号室!偽りの女と男の殺人?!』の感想(2008年12月20日放送)。

年末恒例の『終着駅シリーズ』と『事件記者・冴子シリーズ』の合体バージョンです。(これに『牟田刑務官シリーズ』が加わる場合もあります。今回は加わらなかったので残念。)

淡々と捜査する牛尾刑事(片岡鶴太郎さん)を通して、哀しい人間模様が伝わります。牛尾さんは淡々としてますけど、哀しみを背負いながら人を殺した犯人に対して、事件の背景を深く考えながら接します。今回は兄が妹を殺す話でしたが、妹とは子どもの頃に家庭の事情で離ればなれになったため、妹とは知らずに殺してしまうんです。

『終着駅シリーズ』で毎回好きな場面は、牛尾さんが家でコタツに入っているシーンです。妻の岡江久美子さんと何気ない話をしているうちに、岡江さんが事件を解くヒントを口にする時もあります。ほのぼのとしてます。

『終着駅シリーズ』は結構好きなんですけど、最近は放送回数が少なくて残念に思ってます。もっと放送してほしいなぁ~。

コメント

ふんわりボブ

2009-02-03 23:30:08 | インポート
週末に友人の結婚式があります。 それに備え、先週土曜に美容院に行って参りました!

ふんわりボブを希望しまして、毛先が内を向くようにカットしていただきました。髪の色は美容師サンにお任せしましたが、落ち着いた色にしてもらいまして、ワタクシご満悦です♪ふんわりキューティーガールです、うふふヽ(´▽`)/

と思って、家で自分でセットしたらふんわりにならない…。髪がペタンとなります。貧相な三十路女です、がーん( ̄ロ ̄;)

やっぱり美容師サンてすごいわ、どうやって思い通りに髪をセットするんだろ。

週末の結婚式には一応努力して、できるかぎりふんわりさせるべ!めざせキューティーガール!!

コメント