マリアテレジアの独り言

日々の生活の中で見つける・・
  小さな感動をつづります。

My東京ーその1・・・『バレンタインDay』 そして 『神がまずわたしたちを下さった。』

2019-02-14 23:00:00 | 娘と娘家族

2月14日。木曜日。

 孫娘から・・・  『Happy Valentine's Day』
 
      ”英語の授業で作ったのよ。”  孫娘からのプレゼント。

 ”大切な人にカードを書きましょう。” ”好きな聖句を選んでください。”
        シスターの英語先生の指導です。


『バレンタインDay』
269年。 ローマ皇帝の迫害下で殉教した聖ウァレンティヌス(テルニのバレンタイン)に由来する記念日です。
      

ローマ帝国皇帝・クラウディウス2世は、
愛する人を故郷に残した兵士がいると士気が下がるという理由で、兵士たちの婚姻を禁止した。
司祭だったウァレンティヌスは、
婚姻を禁止されて嘆き悲しむ兵士たちを憐れみ、彼らのために内緒で結婚式を行っていたが、
やがてその噂が皇帝の耳に入り、怒った皇帝は二度とそのような行為をしないようウァレンティヌスに命令した。
しかし、
ウァレンティヌスは、毅然として皇帝の命令に屈しなかったため、最終的に処刑が決定。
彼の処刑の日は、2月14日が選ばれ処刑された。
このため
キリスト教徒にとっても、この日は祭日となり、恋人たちの日となったというのが一般論です。

                      ウィキペディアより。

 

 孫娘の選んでくれた聖句・・・
 

      『We Love because God first loved us。』

        
         ヨハネの第一の手紙 4章19節

         『わたしたちが愛し合うのは、
 

       神がまず私たちを愛してくださったからです。』


孫娘の選んだ聖句。  

   『わたしたちが愛し合うのは、神がまず私たちを愛してくださったからです。』

言い換えれば・・・

   『バレンタイン司祭が、愛することを自分の命以上に大切にしたのですから、
           私たちも愛し合いましょう!』

   
 孫娘に、『神様の愛に応えるために、私たちも互いに愛し合いましょうね。』と教えられました。
 私は、『私がお人を愛せるのは、神様の愛を確信できた時だけなのですね。』と反省しました。
   
 謙虚にならなければと、大いに反省した、バレンタインDay:My東京Dayでした。感謝!感謝!


皆様!

御訪問に感謝申し上げます。
皆様は、沢山のチョコレートを頂かれましたか?私は孫娘がもらったおすそ分けでした。
         今日の私の東京ウォークは16190歩。 お元気で!

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« エデンの園に置かれた 『善悪... | トップ | My東京ーその2・・・『寛容... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (軟弱のリュウ)
2019-02-16 21:38:55
なるほどー、今までバレンタイン日の由来は調べた
こと無かったもんで大変参考になりました。
この事を、いったい日本人のどれぐらいの人が
知ってることでしょうね、数パーセントかな。

全盛期でも??10数個しかチョコ貰ったことありません。
(全て義理チョコ・・・)
その中で、コンビニのオバちゃんスタッフから貰った時は
『これはたして嬉しーかな?返って侘しー思う男性もいるのちゃうか?』と、
思ったことが。。。
まあしかし、このチョコ商戦法を考え出した人は偉いですねぇ。

コメントを投稿

娘と娘家族」カテゴリの最新記事