マリアテレジアの独り言

日々の生活の中で見つける・・
  小さな感動をつづります。

My東京ーその3・・・『若者の街』 そして 『キリストは、眠りについた人たちの初穂となられえました。』

2019-02-17 15:00:00 | 娘と娘家族

2月17日。日曜日。

  若者の街・・・   『銀座』
 
 『6th』                     於:オリエンタルホテル
 人気の『Cafe & Bar』
 私の結婚式以来数十年が流れ、神戸のホテルは、若者の銀座に進出した。
 結果は大成功…長い行列を作らせる人気店になった。 私も若者たちと列に加わった。

   
   時代は流れていた。
   銀座は、セレブの場所から若者の場所へと、すっかり様変わりしました。


私は、学生時代、銀座を闊歩していた。 気取って、『大人の世界』にお邪魔させていただいていた。
私は、今日、銀座を闊歩した。 様変わりに驚きつつ、『若者の世界』にお邪魔させていただいた。


 『若者の世界』探索は、新鮮で刺激的時代の流れを痛感した、『My New 東京』でした。

 

そして。

今日は2月17日。年間第六主日。

『今日の第二朗読 使徒パウロの言葉』

『皆さん、キリストが復活しなかったのなら、
信仰はむなしく、あなたがたは今もなお罪の中にあることになります。

そうだとすると、キリストを信じて眠りについた人々も滅んでしまったわけです。

  
  『キリストの復活 続いて 死者の復活』

しかし、実際、キリストは死者の中から復活し、眠りについた人たちの初穂となられました。』
                 コリントの教会への手紙 15章12ー16章20節

 

  『初穂』とは、その年に初めて実った稲の穂のこと、『初物』ということです。
    そして。
  イエス様は、『復活の初穂』、『死者の復活の第一人者』ということですね。
    更に。
  私たち・キリスト者は、『死者の復活』を信じ、希望し、『最後の審判』を待つのです。

 

   『初穂』・一番ということは、何事にも順序があるということです。


続けて。
使徒パウロは、『復活の順序』について、述べています。

『しかし、実際、キリストは死者の中から復活し、眠りについた人たちの初穂となられました。

アダムによって全ての人が死ぬことになったように、キリストによって全ての人生かされることになるのです。
    ただ、一人一人にそれぞれ順序があります。
最初にキリスト、
次いで、キリストが来られるときに、キリストに属している人たち、次いで、世の終わりが来ます。
その時、キリストはすべての支配、すべての権威や勢力を滅ぼし、父である神に国を引き渡されます。』
                      コリントの教会への手紙 15章20ー24節


   一番小さな私にも、神様は、復活のチャンスを準備してくださいました。
イエス・キリストの『十字架の贖い』によって、信じる者の罪は赦されたからです。
   罪人の私を、その罪と死の鎖から解放して下さったからです。
 ですから。
イエス・キリストの十字架と復活を信じる者は皆、罪赦されて義とされ、
  『永遠の命』にあずかることができるのです。『復活』できるのです。

  
   神様の大きな恵みを信じ、『初穂の復活』に連なってまいりましょう! ファイト!

 

『今日のアレルヤ唱』

アレルヤ、アレルヤ。
  『喜びおどれ、天においてあなたがたの報いは大きい。』アレルヤ、アレルヤ。



皆様!
御訪問に感謝申し上げます。
変化を知ることは、脳の活性化に繋がりますかしら?心の活性にはなりますね。
   今日の私の東京ウォークは16847歩。 お元気で!

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« My東京ーその2・・・『寛容... | トップ | My東京ーその4・・・『My宝物... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
シャローム! (ひだまりbelle)
2019-02-18 15:40:24
十主の平和
ご無沙汰しています。
お元気そうですね~♪ 


昨年両親が続いて亡くなり、半年程関西の実家に居ました。
月毎の法要や法事でまだまだ往ったり来たりの生活が続きますが、ゆっくりブログを書いていこうと思っています。
よかったら今年もお付き合い下さいね。

ご家族皆様の上に神さまの祝福が豊かにありますように♡
Unknown (マリア)
2019-02-19 22:11:26
ひだまり様
御両親様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心よりご冥福をお祈りいたします。
ひだまり様はくれぐれもお体をご自愛なさりながら、御実家への往復の生活をお送りください。

私のブログに御訪問下さっていただき、感謝しています。
ひだまり様のブログも訪問させていただきます。
こちらこそ、今年もよろしくお願い申し上げます。

お体をお大切に! お元気で!

コメントを投稿

娘と娘家族」カテゴリの最新記事