マリアテレジアの独り言

日々の生活の中で見つける・・
  小さな感動をつづります。

野を超え山越え・・・『47周年』 そして 『三つの一つを選ぶがよい。』

2018-01-31 19:00:00 | 父の日。母の日。結婚記念日。
野を越え山越え、谷も越えて・・・。

いつの間にやら・・・   『47周年』
 
『シャンパン:Nicolas Feuillalle Brut Reserve』

『結婚47周年』

長いようで短いような。人生色々。総じて『幸せな47年間』と思えるのは、有難いことである。


毎年恒例の・・・   『47年前の結婚式場』
 
『赤ワイン:Beacon Hill Shiraz Australia』
2年前。娘と二人で訪ねたオーストラリア:『ビーコン・ヒル・ワイナリーの赤ワイン』。格別のおいしさ。

『Happy Wedding Aniversary』
『47年目おめでとうございます』
と。ホテル(47年前の結婚式場)からの『フルーツとチョコの祝品』

それなりに一生懸命に過ごしてきた『47年間』。これが神が準備された『私の人生』であった。感謝あるのみです。

  これからも賢く選びながら、『新しい一年』を重ねていかなければならない。
 後悔のないように、本気で年を重ねて生きたい。と思った47周年の記念日でした。


そして。

今日は1月31日。年間第四水曜日。

『今日の第一朗読 王ダビデの苦悩』

『王の直属の軍の司令官ヨアブは、王の命令によって調べた民の数を王に報告した。
剣を取りうる戦士はイスラエルに八十万、ユダに五十万であった。

民を数えたことはダビデの心に呵責となった。
ダビデは主に言った。
「わたしは重い罪を犯しました。主よ、どうか僕の悪をお見逃し下さい。大変愚かなことをしました。」

主はこう言われる。
『わたしはあなたに三つの事を示す。その一つを選ぶがよい。わたしはそれを実行する。』

「七年間の飢饉があなたの国を襲うことか、あなたが三か月間敵に追われて逃げることか、
三日間あなたの国に疫病が起こることか。よく考えて決めて下さい。」

ダビデは言った。
  「大変な苦しみだ。
 
『苦悩するダビデ』

主の御手にかかって倒れよう。主の慈悲は大きい。人間の手にはかかりたくない。」

主は、その朝から定められた日数の間、イスラエルに疫病をもたらされた。』
                サムエル記下 24章2-17節

ダビデは、
神の力に信頼することを忘れ、武力に頼ることを考えて人口調査をするという『罪』を犯しました。


ダビデ自身、メシアである『キリストの前表』であり、王としては『神の民の王』であり『キリストの前表』です。
ダビデが王として支配する国は、将来キリストが告げる『神の国の前表』なのです。


   『神の国』は、この地上でも国土でもなく、『神が支配する国』なのです。
『国王・ダビデの苦悩と悲しみ』の姿は、ゲッセマネの園で苦悩の祈りをされた『キリストの苦悩と悲しみ』の姿なです。


 『神の国』を自分の中に、苦しみ悩んだ後に、作り上げることができれば・・・
   人は、キリストやダビデがそうであったように、『完全な自由』を獲得できるのです。

私たち人間も、
人生を全うする時に、神の望まれる道か?人間の欲望が決める道か? 苦しみの『選択』を迫られます。


  『清い人生』を全うするために、『悔いなき選択』を重ねていきたいものですね。


皆様!
御訪問に感謝申し上げます。
寒さ厳しい毎日です。暖かくしてお過ごしください。お元気で!
コメント   この記事についてブログを書く
« 孫たちと過ごす東京・・・『3... | トップ | 『お食後』2種類・・・『47周... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

父の日。母の日。結婚記念日。」カテゴリの最新記事