マリアテレジアの独り言

日々の生活の中で見つける・・
  小さな感動をつづります。

豊かな聖霊の宿る人・・・『車いすの青年』 そして 『イエス・キリストを公に言い表す霊は、すべて神から出たものです。』

2019-01-07 21:30:14 | 待降節。クリスマス。降誕節。四旬節。復活節。

 1月7日。月曜日。

   豊かな精霊の宿る場・・・    『森の自然』
   
         静かさと、落ち着き、がありますよね。

       私の友人に、手足が不自由で、車いすの青年がいます。
その青年とその方の奥様にお会いする度に、お二人の持つ『静かさと落ち着き』に驚きます。感動します。
   すべてを受容する、豊かな聖霊に包まれた『ゆるぎなさ』を持つ二人。 教えられる私です。
       不自由な体でも、シャキと座り、笑顔を絶やさない青年です。


又。


  私が長年ご指導をいただいた、今は亡き神父様が私に投げかけた『質問』を、時々思い出します。
       『あなたは、目を失うのと、耳を失うのと、どちらがいいですか?』
           若い私は『耳。目が残ってほしい。』と答えた。 
          神父様は『私は耳に残ってほしいです。』と言われた。


    今になって分かる私です。

神父様は、信仰さえあれば『見えぬものを見ていられる』ので満足、十分で、目より耳をと思ったのではないかしら?
       神父様は、私の車いすの友人同様、豊かな聖霊に包まれた『不動の人』でした。


そして。

    私の孫息子は、バイオリンの新曲を弾きこなすとき、耳で聞いて『新曲』を覚えて、弾く。
      楽譜を『目で見て』…間違いなく、『楽譜のコピー』を弾くというのではなく、
      
      有名なバイオリニストの弾く『新曲』を『耳で覚え』…『自分の曲』を弾く。


『聞く人』たちは、
精霊に満ちた自然の静けさの中で『神の示現』を感じ…ご自身は『聖霊』に包まれた人なのかもしれない。

      な~んて。
      車椅子の友人とその奥様の年賀状を見ながら、思いめぐらした一日でした。


そして。

今日は1月7日。降誕節月曜日(主の公現後)

『今日の第一朗読 使徒ヨハネの言葉』

『愛する皆さん、
神の掟とは、神の子イエス・キリストの名を信じ、この方がわたしたちに命じられたように、互いに愛し合うことです。
 神の掟を守る人は、神の内にいつもとどまり、神もその人の内にとどまってくださいます。

      神がわたしたちの内にとどまってくださることは、
    
    『鳩のかたちをとって降った神・聖霊』   サン・ピエトロ大聖堂ステンドグラス

      神が与えてくださった〝霊〟によって分かります。

イエス・キリストが肉となって来られたということを公に言い表す霊は、すべて神から出たものです。
    このことによって、あなたがたは神の霊が分かります。

  その霊がやって来ると聞いていましたが、今や既に世に来ています。
       子たちよ、わたしたちは神に属する者です。』
                ヨハネの手紙Ⅰ 3‐22~4‐6


   『神の霊』に属する人は、
     『イエス・キリストが肉となって来られた』ことを公に言い表す、信仰者です。        。
       御子キリストのうちにいる人で、『神の世界』の属する人です。
         
   『神の霊』に属する人は、惑わされることなく、穏やかで、揺るぎない心の持ち主です。
       
『見えない希望』に目を向けながら、『聞く人』です。

      『聞く人』は、聖霊に満たされた、『愛の人』です。

   『サムエルは答えた。「どうぞお話しください。しもべは聞きております。」』
                          サムエル記上 3章10節


皆様!
ご訪問に感謝申し上げます。
聞く人になるには、年を重ねる必要があるかもしれませんね。 お元気で!
       

ジャンル:
W杯
コメント   この記事についてブログを書く
« 『主の栄光があなたの上に現... | トップ | 祝酒・・・『5種』 そして... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

待降節。クリスマス。降誕節。四旬節。復活節。」カテゴリの最新記事