マリアテレジアの独り言

日々の生活の中で見つける・・
  小さな感動をつづります。

規則正しい生活・・・『亭主の好きな赤烏帽子』 そして 『あなたがたに平和があるように。』

2019-04-25 04:30:00 | 待降節。クリスマス。降誕節。四旬節。復活節。

4月25日木曜日。曇り。

規則正しい生活をする私たち夫婦。

   4時半・・・    『起床』
 
 『お隣さんの藤』      お隣さんは夢の中。       我が家のガレージの横。
       
        美しい藤を眺めながら、深呼吸。

 
 10時:午前中・・・   『聖書100週間 聖書通読会』
   
     今日は我が教会まで足を運ぶ  

          12時終了と同時に、帰宅ダッシュ
         夫と二人の昼食時間を狂わせない。互いに時間を守る。

              
            午前中に一つ。午後に一つ。
      『何か』一つづつ。 『する!』と、意識的に、決めている。
      『今を生きている!』という実感がする。老後の充実感がある。
     勿論、『録画ビデオ鑑賞』の『リラックス・タイム』の時も多々ある。


        午後・・・   『手紙書き』
   病に臥せっている友へ『見舞状』。個展を開く友へ『励まし状』。
         高校クラス会幹事への『感謝状』。

 

  18時。夜・・・    『野球観戦』
 
 『亭主の好きな赤烏帽子』

 

    夜は、ゆっくり食事で早寝、『予定』を作らないようにする夫婦です。
 ところが野球シーズンになると、夫の好みに合わせて、『野球観戦』が夜の時間に加わる。

  

       この三日間は、『我が西武 対 ロッテ戦』
   一昨日は・・・11回延長戦で  11時まで。 『9対9』。引き分け。
    昨日は・・・ふつう対戦で9時半終了。 『4対1』。勝利。
     
       そして。

    今日は・・・10回延長戦で10時半まで。『9対8』。勝利。


    試合のない日は、10時前に就寝、『早寝早起き老人夫婦』です。
    試合のある日は、試合は楽しいが、就寝時間が大幅に遅れる。


      『規則正しい生活』に、修正例外 が多々起こる。 
    ”楽しい例外は良しとしましょう!” 自分には甘い老人夫婦です。

 

そして。

今日は『復活の木曜日』

  復活後のイエス様は、あっちやこっちや、顕現なさいます!

『今日の福音 イエス様の顕現

     『そのとき、(エマオから)エルサレムに戻った二人の弟子は、
(エマオの道で起こったことや、パンを裂いてくださったときにイエスだと分かった次第を話した。

   こういうことを話していると、イエス御自身が彼らの真ん中に立ち、
 
     「あなたがたに平和があるように」と言われた。

     彼らは恐れおののき、亡霊を見ているのだと思った。
        
そこで、イエスは言われた。

   「なぜ、うろたえているのか。どうして心に疑いを起こすのか。
  
わたしの手や足を見なさい。まさしくわたしだ。触ってよく見なさい。

亡霊には肉も骨もないが、あなたがたに見えるとおり、わたしにはそれがある。」

    イエスは言われた。

  「わたしについてモーセの律法と預言者の書と詩編に書いてある事柄は、
       必ずすべて実現する。
 これこそ、まだあなたがたと一緒にいたころ、言っておいたことである。」

     「次のように書いてある
   『メシアは苦しみを受け、三日目に死者の中から復活する。
また、罪の赦しを得させる悔い改めが、その名によってあらゆる国の人々に宣べ伝えられる
と。

    エルサレムから始めて、あなたがたはこれらのことの証人となる。
      
わたしは、父が約束されたものをあなたがたに送る。

 
 『主の昇天』                   ジョット作品


   高い所からの力に覆われるまでは、都にとどまっていなさい。」』
                ルカ福音書 24章35-48節

  
   イエスは、復活後の四十日間、『神の国』について語り続けました。
     そして。
 イエスは昇天なさり、約束通りに、『高い所からの力』=『聖霊』を与えたのです。

 

   イエス様は、
復活の朝・・・婦人たちに現れ、『おはよう!』『恐れることはない。』と声をかけました。
復活の日・・・『エマオへの道』途中の2人の弟子に現れ、『何を話しているのですか❓』と声をかけました。
  そして。
復活の日・・・弟子たちが集まる真ん中に現れ、『あなたがたに平和があるように。』と声かけ、
    更に。疑う弟子たちに、『どうして心に疑いを起こすのか。』と声かけられました。


       神様も、イエス様も、
   間違えることなく、用意周到、『計画』を立て、実行なさる方です。
 
 『モーセの律法と預言者の書と詩編に書いてある事柄は、必ずすべて実現する。』
・・・と。おっしゃるとおりに、『旧約の約束』を『新約において実現』なさったのです。


  復活後のイエス様は、まず、あちこちで、『ご自分の復活・顕現』を実行なさり、
     次は、『高い所からの力』を送ると約束なさるのです。
         その『力』は、
  『エルサレムから始めて世界中に、『復活の証人』となるための『力』なのです。

 

   神様とイエス様は、成功のために、『用意周到』の方でいらっしゃいます。
     そんなお二人に信頼して、生涯ついていこうじゃありませんか!

 


皆様!
ご訪問に感謝申し上げます。
一日をどのようにお過ごしになりますか?お仕事の一日ですよね。お疲れ様です。 お元気で!

コメント   この記事についてブログを書く
« 聖書100週間予習 そして 『... | トップ | 聖書100週間・・・『三種の神... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

待降節。クリスマス。降誕節。四旬節。復活節。」カテゴリの最新記事