マリアテレジアの独り言

日々の生活の中で見つける・・
  小さな感動をつづります。

『新婚さんいらしゃい』

2008-09-14 12:55:00 | 父の日。母の日。結婚記念日。
「新婚さん、いらっしゃ~い!」の言葉で始まる番組の『新婚さんいらしゃい』

私達夫婦は、毎週日曜日に見ています。
初々しい新婚さん。 お父さんが出てきたのかしら?なんて思う年配新婚さん。
「のろけ話」を聞きながら、楽しくて大笑いしたりしながら、
新婚夫婦にエールを贈ったり、私達も新婚時代を思い出してみたり・・と楽しんでいます。

教会から帰り、昼食をすませ、ホットした一時にみています。
「神との交わりの楽しさと、人との交わりの楽しさの、二本立てだね!」なんて言いながら、懲りずに、毎週みている訳です。
今日は、「それにしても、この番組を長いこと見ているわね~!」って、話しになりました。

調べてみると、
「1971年1月31日に放送開始。 桂三枝は、第1回の放送から現在まで司会を担当しており、2008年で実に37年に渡り司会を続けている。 これは50余年の日本のテレビ番組史上でも最長の司会記録である。」 とのこととでした。
37年間、毎日曜日の番組を続けるということは、三枝さんの素晴らしさ以外の何ものでもありません。 その努力に、感嘆しました。

そして、本当に驚いたことは
「新婚さんいらしゃい」の始まった『1971年1月31日』は、私達の『結婚式当日』です
新婚時代から、この番組を見てる私達は、「新婚さんいらしやい!と一緒に歩んできた結婚生活とも云えるのね~!」「長い長い私達の結婚生活と同じ長さの番組なんだ~!」って、話しになったわけです。

アシスタントの山瀬さんも、11年になり、アシスタント在任最長記録とのことです。

長年続く番組をもたれるのは、二人の話術のうまさでしょう!!
司会者の二人の掛け合いから、人を楽しませる方法など、沢山を学びます。
新婚さん達からも、新婚時代のフレッシュさを保つ大切さを、思い出させられます。

それにしても、『新婚さんいらしゃい』と『私達の結婚生活』は同じ誕生日です。
両者共、色あせることなく、いつまでもフレッシュに、誕生日を重ねたいものです
コメント   この記事についてブログを書く
« 『SALE』 | トップ | 『仲秋の満月』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

父の日。母の日。結婚記念日。」カテゴリの最新記事