マリアテレジアの独り言

日々の生活の中で見つける・・
  小さな感動をつづります。

カンボジア巡礼8日目・ミッション終了・・・そして 『平和。喜び。一致。』

2018-08-08 07:20:00 | 旅行。海外旅行。

8月7日.火曜日。
21時10分:カンボジア・プノンペン発、ベトナム・ホーチミンで日本・福岡行きに乗り継ぎ、8日7時20分に無事帰国。

         無事、ミッションが終了しました。

 

    カンボジアの司教様がギターを弾いて歌って、イエズス会の司祭様も歌って、
        我れらがボス・カンガス神父様に感謝の意を現されました。
               イエズス会の特長は明るい。


    『ルイス・カンガス神父 司祭60周年・ダイヤモンド記念年 祝賀』 
 
    スペイン人のカンガス氏には『サッカーボール』が用意されました。
            イエズス会の特長はなんといっても明るい。

     18年間、休む年なく、『カンボジア・スタディー・ツア―』を続け・・・
     若い青年たちにカンボジアを見せる見せたいカンガス神父様です。

 若い人たちが『広い世界』を見て・・・何かを学んでほしい。深く心に何かを感じてほしい。
         カンガス神父様の願いです。
 若者の特長は心が柔らかい。スポンジのように何かを吸い取ったようです。すばらしい。

神父様は、若者が、既成概念にとらわれるのではなく・・・・
    何事も、自分の目で見て、『自分の考え』を持ってほしいのではないでしょうか?

       
   ミッションとしては・・・

『バッタンバン友の会』の会員の皆様から頂いた貴重な『カンボジア支援金』の報告を致しました。
  
        今年のミッション終了は、来年のミッションの始まりでもあるようです。


8日。7時20分。福岡空港到着。

神父様の最後の挨拶。
『神様、あなたは、平和、喜び、一致を与えて下さいます。
世界に、それらをお与えください。おそろしい戦争の結果を引き受けながら、平和と喜びと一致の将来を願います。』
                                      原爆投下の8月を思っての御挨拶でした。

      無事に帰宅。
     
     
         ゴルゴンゾーラ・ブルーチーズとイタリア・ワイン。
               野球を観ながら一杯。
       夫と二人の穏やかな日常に戻りました。感謝!感謝!


皆様!
御訪問に感謝申し上げます。
『2018年度カンボジア・スタディー・ツア―』にお付き合い下さり、ありがとうございました。
青年たちとの8日間は、合計54899歩。一日平均6862歩。意外と少ない。でも体重は2kg増でした お元気で!

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« カンボジア巡礼四日目・バッ... | トップ | 日常の有難さと喜び。 そし... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おかえりなさい! (ara60kame)
2018-08-11 09:16:54
マリア様
カンボジアからの素晴らしいレポート、毎日感動して読みました。ありがとうございます!
お疲れの出ませんように。
ただいま! (マリア)
2018-08-15 21:05:55
kame様 
いつも、お優しく、嬉しいコメントをお送りくださりありがとう!感謝しています。
すぐにお返事をと思いながらも・・・あまりの感動を整理できないでいる状態で、お返事が書けませんでした。ごめんなさいね。
イエズス会が作った16程の教育施設の多くを訪問したのですが、『ゴミの町』の中に作った施設訪問は特別でした。若い日本の女性二人が実際の運営をしており、その活動のすばらしさに頭が下がりました。 『ゴミの町』に、ハリウッドの俳優たちが作った『賃貸アパート』が沢山あり、それにも感動しました。安い賃貸料金を払う喜びを知るために、『仕事』をする能力を育てる日本の女性でした。
衣食住が足りてて当たり前の日本のすごさを、再確認しました。
残暑厳しい折柄、ご自愛くださいね。 では又。

コメントを投稿

旅行。海外旅行。」カテゴリの最新記事