マリアテレジアの独り言

日々の生活の中で見つける・・
  小さな感動をつづります。

『仲秋の満月』

2008-09-16 21:00:00 | 父の日。母の日。結婚記念日。
昨日の雨で、一日遅れの、『仲秋の満月』を愛でながら、月見饅頭を作って食べました。

秋の到来を告げる、『仲秋の満月』を愛でる日々は、平和そのものです。
満月を楽しみ月見饅頭を食べて、夕食後、私達夫婦は友人の勧めてくれたビデオをみました。

『ホテル・ルワンダ(Hotel Rwanda)』です。
1994年に起こった、ルワンダ内戦についての映画でした。 
ルワンダ国内に住む、少数派のツチ族と多数派のフツ族の抗争です。
フツ族過激派が、ツチ族やフツ族の穏健派の120万人以上虐殺する、内戦の実情を、自分の働いていたホテルに1200人以上をかくまうというホテルマンの実話を中心に画き、観る私達に訴えます。
イギリス・イタリア・南アフリカ共和国の合作でした。

その世界は、今晩の月を愛でる私達の平和の世界とは対極の、争いの世界です。
秩序ある世界と、無統制の世界の、対極です。
一国の中で、民族同士の争いが起こる・・・一民族で成り立つ日本人には到底理解出来ない、多民族国家が抱く問題でもあるのでしょう。

私達夫婦は、1994年のルワンダ内戦を、テレビや新聞で見たのを、よく覚えています。
でも、ビデオを観た後しばらくは、言葉がありませんでした。
いまだに、紛争の続く国々、内戦のある国々、貧困に苦しむ国々、がたくさんあることについて、話しをしました。
そして、それらに対して何もアクションを起こさない自分達のふがいなさを、話し合いました。
苦しむ人々を決して忘れないこと。 苦しむ人々の苦しみは、決して理解出来きれないこと。 それでも、少しでも、苦しみを理解しようとすること。・・・それだけは、忘れないでいましょうねと、話しました。

月を愛で、家族と共に暮らせ、ささやかな平和を楽しめる日々・・・の保証のある日本に住んでいることは、本当に幸せです。
幸せと感謝を決して忘れることなく、世界の平和のために何か出来ることを考え続けていきたいものです。

写真は、隣町のマンションにかかる満月を眺めながら、撮りました。



コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 『新婚さんいらしゃい』 | トップ | 『まむしのテリトリー』 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (一世)
2008-09-20 04:15:59
こんばんわ。
とても素敵な仲秋の満月の写真!!!
日本の自然を愛で、哀愁にしたる習慣・慣習は私たち日本人の心を和ませる大切なものですよね。平和であれることは何よりも幸せなことですよね。感謝せねば・・・。

映画、ご覧になったんですね。この映画を観たとき、犬養道子氏の「人間の大地」を読んだ時と同じ感情が湧き上がってきたのを思い出します。衝撃、憤り、感謝が複雑に入り混じったものでした。戦後の日本というう恵まれ、平和な国で生まれ育った私には到底、想定できない壮絶な世界。けれど、だからこそ「自分にできることを何かしなければ」と使命いを感じたことを思い出します。それは、今も同じです。
Financial TimesでDarfurに関する記事を読み、Front Lineで"Never Again"のプログラムを観たとき、北京オリンピックに疑問を持ちました。政治とスポーツは別問題と思っていた自分の愚かさに気付かされた瞬間でした。

私は、一人の人間として、誰かが搾取され、虫けらのように扱われているのを自分とこととして考えなければいけないと確信しています。それがたとえ、地球の裏側であっても、近所のおばさんであったとしても…。それを見過ごしているのは、加害者と同じだと思います。だからこそ、私は女優のMia Farrowの活動に賛同できました。北京オリンピックにより多額の紙幣が飛び交い、ビジネスが生まれ、中国に国益をもたらすことに私は賛同できませんでした。現実にその過程において、着々と中国はSudanとのビジネスを樹立し、国際社会という国連の場で、拒否権を行使し続けた政治姿勢は、人の命の命よりも金という悲しい現実を見せつけました。
この石油にまつわるビジネス、実は日本も一枚かんでいるのです。Sudanから得た石油の一部(ほとんどが)は中国を経由(たぶん書類上)し日本に輸出されているからです。全く悲しい限りです。
お金は大切なものです。けれど、他の人を搾取し、そしてその命を奪ってまでも大切なものだろうかと思います。
国際社会に生きる一個人として、人権を擁護して行きたいものです。
まだ、UNHCRで働くことをあきらめていません。今まで培ってきた経験と知識が大きな国際舞台で発揮できる日が来るよう精進していきます。

この場を借りて、お母さん、美紀姉ちゃん、いつも優しく、素敵な世界を私に見せてくださいってありがとうございます。お二人のような素敵で力強い日本女性と親しくさせていただけて本当に私は、幸せです。私の、大きな心の支えとなっています。心から感謝しています。

お体大切にね。お会いできる日を楽しみにしてます。
UNHCR (maria_theresia)
2008-09-22 21:12:18
一世さん!こんばんは。
国際連合難民高等弁務官事務所で働く気持ちをお持ちなのは、娘から聞いておりました。

一世さんの経験と知識と思いが、必ず発揮出来る日が来ます。
強い希望を持っていて下さい。
その日のために、私も祈り応援します。

日本には、UNHCRの日本・大韓民国地域事務所がありますよね。
事務所は国際連合大学構内で、私の卒業校の目の前にある建物なので、親しみがあります。
今度機会のあるときに、のぞいて、入所祈願のつばを付けてきますね。
(娘が大学入学試験の時に、私の母が合格を祈って、その大学につば付けに行きました。そして合格でした!!)

私は、犬養道子氏の「人間の大地」を途中で挫折しています。 頑張って、読み終わります。

一世さんも、お体大切にね。では叉ね。
ありがとうございます。 (一世)
2008-09-23 05:45:22
ママ、こんばんわ。
心温まる、メッセージありがとうございました。

私の夢への道は遠く、険しいものだけれども、諦めたら終わってしまうので、突き進むのみです。

実は、東京事務所の法務部でインターンの募集をしているので、挑戦してみようと思います。ママの入所祈願にあずかれるよう。とびっきりのApplication form
を用意しますね。

いつも、いつも本当にありがとうございます。遠く離れているけれども、ママの優しは私の心のオアシスです。

ママ、お体大切に。おやすみなさい。
Unknown (maria_theresia)
2008-09-23 11:34:01
一世さん!
すご~い!! チャンス到来ですね!

昨夜、UNHCRの日本・大韓民国地域事務所、のことを考えていました。
一世さんにピッタリの職場だわってね。
その時に、一世さんも同じことを考えていたんですね!
これって、すご~くないですか!?

とびっきりのApplication formを作って下さい!
応援しています! 祈っています!
(近々、東京に行くことがないので、つば付けは、後程ね。でも必ずいつか実行します。)

頑張って~! フレ~!フレ~!

コメントを投稿

父の日。母の日。結婚記念日。」カテゴリの最新記事