マリアテレジアの独り言

日々の生活の中で見つける・・
  小さな感動をつづります。

GW八日目・・・『大阪大司教区 再宣教150周年の巡礼』・・・12教会巡礼満願。 

2019-05-04 12:30:00 | 休日(GW。夏休み。冬休み。休暇。)

5月4日。土曜日。雲一つない快晴。 10日間の『GW第八日目』

   
    今日は『大阪大司教区・再宣教150周年の巡礼の旅』の五日目。        
             全行程:3教会18163歩(電車と徒歩)。7時間(12時半~19時半)。

 
今日は、昨日の車での巡礼に引き続き、徒歩でめぐる巡礼です。


第一訪問教会。

       『カトリック大阪梅田教会』     
    
                        感動しながら入堂する夫。

  
    大阪駅から徒歩すぐ、大阪の真っ只中に立つ教会でした。
2011年。5教会が統合されて、『大阪梅田教会』と新たに、再建されました。
              ”さすがの、大阪都構想の先駆けだね!”と笑う夫。

    

 聖堂に入って、祭壇の背景はビル・ジャングル、その奇抜さに感動した。
                   

     祭壇前に、”ビル・ジャングルの宣教にこぎ出そう!” と・・・
  イエスへの愛にあふれた、躍動感に満ち溢れた、『使徒達』が大集合。 
 

    ”これぞ! 『再宣教150周年』の熱い思いの大阪教区の教会!”

      

          『再宣教巡礼帳』を掲げて・・・
       私も、使徒たちのように!” と熱情にあふれて、
      『イエスの栄冠・いばらの冠』使徒たちと天使と共に、記念撮影

 


『巡礼』とは、
基本的に、ラテン語の「peregrinus ペレグリーヌス」を語源としており、 
    その基本的な意味は「通過者」とか「異邦人」です。

 

   私も、『巡礼の旅』で、
   我が身の「通過者」とか「異邦人」を、しみじみと味わっています。
私は、まだまだ、信仰の「通過者」「異邦人」であり、『信仰の道』途上にある者です。

 
 

第二の訪問教会。            
          
          『カトリック阿倍野教会』
  

    

     教会入り口を入り・・・
       聖堂入口の上を見上げると、空高くに、『マリア像』。
       阿倍野教会の守護聖人の『被昇天の聖母』です。
   
   
      
         祭壇の真後にある『御聖櫃』

           『再宣教巡礼帳』を掲げて・・・  
     畏れ多くも、
       『御聖櫃』『御復活のろうそく』と共に、記念撮影

  
                                ここでも、私たち二人だけ。

     1946年。(昭和21年) 仮聖堂を得て、教会が始まりました。
       現在は、『ノアの箱舟』をかたどった教会で、
      スリッパに履き替える、静かな雰囲気の教会でした。

 

     今年の長い10日間のGWをどのように過ごすか?
          平成から令和への元年となった、
           記念すべきGWであり、
       『GWの目標』を設定した私たち夫婦でした。
    
    目標①:決して無駄に過ごすのはよそう。
    目標②:これからの人生の『指針』となるような、有意義な10日間にしよう。

       
  大阪大司教区・再宣教150周年の巡礼の旅』以外に、私たち夫婦にはない。
   俗空間を脱して『聖空間』に入る。 『信仰』を更に確実なものとする。

                    ・・・と、決めた私たちでした。


夫は、黙々と、準備を始めました。

   『巡礼指定16教会』の場所を、地図上に『しるし』をつける。
   車で訪問する教会、徒歩で訪問する教会、を分ける。
   『巡礼指定16教会』の中から、訪問義務:12教会を決定し、『アクセス』をプリントアウトする。
   後は・・・”まかせなさい!” ”俺についてこい!” 
ということになりました。

 

  『巡礼準備作業』が、確かに、
       夫の『信仰心』を、燃え立たせていきました。
       夫婦の信仰を、整えていきました。
               
    『神の計らいは限りなく、生涯わたしはその中に生きる。』詩編90章1-4節 
                     ・・・と、実感する私でした。


    

第三の訪問教会。   
本日最後の訪問教会です。

   『大阪大司教区・再宣教150周年の巡礼の旅』、満願の教会となりました。
   『巡礼指定3教区:大阪、兵庫、和歌山』を回った、総仕上げの訪問です。
   
   

       『カトリック玉造教会』     
 
        『大阪カテドラル聖マリア大聖堂』 

   大阪大司教区(大阪府・兵庫県・和歌山県)のカテドラル:『司教座聖堂』です。
    大きな大聖堂・・・
      入り口を入ると、真正面に、
        巨大な『聖母子』が、目に飛び込んでくる。

      『聖母子』が、私を抱き寄せるような、感覚になる。

     バチカン大聖堂の『ペテロの司教座』を、真正面に、見た時の、
        ”あぁ!天国のイメージ!” と思った感覚、
            と同じようで、思い出した。


   夫と二人で。
      誰もいない、静寂の大聖堂の前から3番目の席に、座った。

    最後となる、『巡礼指定の3つの祈り』を、ゆっくりと、唱えました。

     『再宣教150周年の祈り』 『主の祈り』 『信仰宣言』  

             神に感謝! 私の目から涙が出た。  


   
         『再宣教巡礼帳』を掲げて・・・
            『聖母子』と共に、記念撮影

 

     『わたしたちは、キリストと共に死んだのなら、
         キリストと共に生きることにもなると信じています。』  
  
  『復活の布をかぶった十字架』          ローマ人の信徒への手紙 6章8節

        祭壇にたたずむ『十字架上のキリスト』を眺めながら・・・
          『巡礼の満願』に、心からの感謝を述べました。

 

  大聖堂から、席を変えて。

 

   『聖櫃』の安置された小聖堂で・・・  『聖体訪問』
  

   ”神様、『大阪大司教区 再宣教150周年の巡礼』を、無事に、終えることができました。”
              ”ありがとうございました!”   

   
       『巡礼旅』で、
       私たち夫婦は、共に、聖空間に入り、ひたすら歩きました。

   しかし、
   その『旅路』は、夫婦だけでなく、イエスと共に、『三人旅』でした。

 

          イエスと共に歩き続けた私たちは、
       再び、 もとの日常空間・俗空間に復帰いたします。

          復帰する信仰者としての私たちは、
       巡礼中に神に清くされ、もとの私たちとは別人です。
                          神に感謝!

 

皆様!

     私たちの巡礼におつきあい下さいまして ありがとうございました。
          感謝申し上げます。 お元気で!

コメント   この記事についてブログを書く
« GW七日目・・・『再宣教150... | トップ | GW最終日・・・『ステーキに... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

休日(GW。夏休み。冬休み。休暇。)」カテゴリの最新記事