実録深谷混声合唱団員~madamふかこの日々是合唱&ねこ(時にはごはん)

埼玉北西部にふんばる深谷混声合唱団のなんちゃってソプラノmadamふかこが合唱的的生活と日々の雑感をゆるっと綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「島よ」Ⅳを読み解こう!①

2017-11-30 23:18:44 | ミュージック
ふかこですが。


今日は木曜日。
あすはもう、次の練習日……って、マジっすか?
はやいなあ。はやすぎるよ、時間が過ぎてくのって。
いつからこんなに、はやくなっんだか……
このぶんじゃ、知らないうちに、
あれれれれ?????アタシ死んじゃってる❓…ってなことに
なってそうですが。


ま、それはともかく、
🎶島よ の第4曲の練習が、
明日あたりから本格的にできそうなので、
その前にちょっとしっかり楽譜を読み込んでおきますか


前も言ったと思うのですけれど、この 🎶島よ という曲は、
1つの長〜い詩を6つのパートに分けて作曲されています。
それぞれ独立した曲として演奏できますので、
10分程度の音楽祭では、全曲演奏されることはなく
何曲か抜粋して披露することになるのですが
最も耳にする機会が多いのが、この第4曲の部分です。
その前の3曲は、島の現実、というのか、
大洋にポツンと浮かんでどこにも行くことができず、
風雨にさらされるがままの現状に甘んじるほかない島の姿が語られています。

それに対して第4曲では、まったく違う太古の島の姿、
そしてその記憶を失うことなく日々を新たにする島の姿が語られます。

それでは、詞と曲をすこしずつみていきましょう。
曲は詞の内容から、間奏で4つのパートにわかれています。


第一パート、

左手のピアニシモの低音の連打で始まる前奏は、
地の底から響いてくる地鳴りのようであり、
南洋の島々に住む先住民族のまつりの太鼓のようでもあります。
装飾音を伴う右手の音が徐々に高くなり、期待を持って歌がはじまります。

🎶波の果て 陽が落ちるとき 赤々と身を染めて
島は思う 遠い昔 炎だったことを
熱く溶けた 叫びだったことを


つまり…

こんな夕暮れの一瞬、島の記憶にスイッチが入って、
実は自分は熱い炎から生まれたことを思い出すのね。

そして、メロディが変わって第2パート

🎶落日を身に浴びて 島は聞く
沸き立つ海の その底を揺るがす響き
島は聞く 忘れていた はるかな生命(いのち)
母なるマグマの一つの声を


今度は耳に残る記憶、聴覚の記憶がよみがえる。
マグマという具体な言葉が提示されて、
ああ、これは火山の噴火から出来上がった島なのだなということがわかります。


その、太古の火山活動の様子を描写する第3パートは、
さらに強烈です。

間奏は上昇するアルペジオ。吹き上げるマグマを彷彿とさせます。
スタカートは、火の粉を表しているのでしょうか。
その、炎のようなピアノに続く、男声の力強い雄叫びから、
このパートは始まります。
🎶
ああ 溢れ こみ上げ ほとばしるマグマ
焼けただれ 飛び散る溶岩
灰と煙と 煮えたぎる海
駆け登り 走り 空を引き裂き
限りなく 落ちて 落ちて 落ち続ける灼熱の雪崩


音が飛び散っているので難しく感じますが、
実はこのメロディ、ピッタリと詩に寄り添っています。
駆け上り、とあれば、メロディもかけのぼり、
走り、とあれば、メロディも細かく走る。
限りなく落ちて、からは、メロディも下降に転じ、
落ち続ける、のところでピアノの左手がどんどん低い音をひいていきます。
そして、灼熱の雪崩、からは、
ピアノもがらりとかわって、穏やかなアルペジオに転じ、
第4パートへと移行してゆくのです。
(この項つづく)




コメント

冬のお仕事……

2017-11-28 07:58:22 | うちのねこ様
ふかこですが。


冬場のねこ様のお仕事といえば、
家中で1番暖かい場所で、寝ることです。


昼の間は、ここだったり、

ここだったり、

ねねこちゃん、顔がじーさんになってる…


………
で、夜になると

こんなところ。
って、ここは、ふかこのおまたの間なの。重い


ちなみに、朝はというと…



彼らは何をしてるのか
エアコンの暖風シャワーを浴びているのでございました。
こうして、彼らの冬の1日が、今日も始まるのでした💖

コメント

11月24日の練習〜「島よ」練習開始!!!

2017-11-28 01:36:29 | 合唱団
深谷混声合唱団の皆さま&そうでないみなさまも、こんばんわ。
ふかこです。


ふかこはこのブログを書くのに、iPadにBluetoothのキーボードをくっつけて
書いているんですけれど、このキーボードが安物で…
色々記号がずれて入っているんで困りものです。
@を打つと「 で、「 を打つと 」と印字され、じゃあ、
@はどこを打てばいいんだよっ

……で、結局、「あっと」と打って変換しております
めんどくさ


…というわけで、先週24日の練習のご報告をいたしましょう。


いよいよ新曲、「島よ」の練習が始まりましたよ
楽譜の読めない方の多い我が深谷混声合唱団にとって、
譜読み・音取りの類は、毎回至難の技です。
毎日1時間、2時間と練習できる学生の部活ならば、
音名や階名で歌いながらいつの間にか楽譜を読めるようになっていたりするのですが、
週に一回の練習しかできない市民合唱団では
じっくり楽譜の読み方を覚える余裕がありません。
今時のポピュラーな曲ならば
パート別練習用のCDがあったり、YouTubeに投稿があったりして
それを聞いておぼえればよいのですが、
そういうものがないときには
最初にそれぞれのパートを先生にピアノで弾いていただき、
それを録音して自習する、という方法を取るのが、
ここ数年の深混の練習パターンになっているのですが、
これが、その、能率が良いとは言えなくってねえ。
もっといい方法がないものかと、
いつも役員一同の悩みの種です。


他の合唱団さんは、どうやっているのかな。


悩みつつも、とにかく練習開始。

結構…難曲

最初にふかこがリサーチした作詞作曲者、
詩の解釈などをざっと説明したあと、
今シーズン練習する予定のⅠ、Ⅱ、ⅣをYouTubeで聴いてもらいました。
それから、最初に挑むⅣを、少しずつ歌いつつの音取りとなりましたが、
この日は時間切れでソプラノパートの録音が間に合いませんでした…
残念。
うーん🤔
なんとかならんもんかのお〜〜


というわけで、本格的練習は、どうやら次回からになりそうです。
ソプラノはエネルギー全開で歌えそうで、むずかしいけれどたのしみです。
次回は7時からの自主練習で、クリスマスソングを歌いますよ。

ああ、もう12月になるのかあ。 そうかあ。はやいなあ。
コメント

合唱のメリット〜その1

2017-11-23 14:33:07 | 合唱団
……で、ふかこですが。


前の記事で合唱団員緊急募集をかけたのですが、
ここはもう一押し、
深混のような市民合唱団で歌うことのメリットを
いくつか挙げておきましょう。


メリット その1。
歌がうまくなる。 当たり前か。
でもね。
日本語って、他の言語に比べて、圧倒的に省エネにできてるの。
筋肉や骨をあまり使わない言語なんだそうです。
以前、「Bonesー骨は語る」というアメリカのTVドラマを見ていたら、
これは骨の研究者が犯罪捜査をする、というサスペンスのシリーズなんだけれど、
日本人が被害者になる回があって、白骨死体を前に主人公が言うには、
「日本語は筋肉やあごの骨を動かさず喋るので、
(ナントカ、という)あごの関節の一部が退化して動かなくなっているの。
だから、これは日本人。」
とかなんとか言うセリフがあった。
あごの関節が退化‼️するほど、ふかこたちって、普段もごもごしゃべってるのね。
韓国語も中国語も、舌や唇や口の中、すごく使うものね。
英語やドイツ語やイタリア語だって、
巻き舌したり、口を思い切りすぼめたり、
thの発音とか、ツバ飛ばすようにしゃべったり、口周りの筋肉、すごく使う。

そこいくと日本語って、ほんと平板。
若い人になると、上唇ほとんど使ってない。
口開けっ放しでしゃべってる人もいるほど。
これでは骨も退化するよね。
こういう人が歌うと、
前歯の上歯茎から声が出ているように感じるのは、そのせいでしょう。

だから、日本人がちゃんと歌を歌おうと思ったら、絶対に矯正しなきゃ、
ちゃんと響かせられないの。繊細な表現もできないの。
外国人なら、普段のおしゃべりで十分鍛えられる口周り。
もとから自然に備わっている響きでも、
日本人はちゃんと習わないと、響かせることができないの。

また、西洋人は宗教の関係で、赤ん坊の時から教会に通って、
賛美歌とかゴスペルとか、 まず耳👂がつくられるよね。
さらに聖歌隊とかで、日常の中で正しい発声法とハーモニー感覚を学んできている。
マイジェル・ジャクソンも、レディガガも、プレスリーも、
そこで基礎がしっかり築かれて、のちの音楽活動に繋がっているんです。
日本人にはそういう場がないので、改めてきちんと学ぶことをしないと、
基礎というものをもてない。

わが深谷混声合唱団の至宝、池田千穂先生は、
ボイス・トレーニングのプロフェッショナル。
あの手この手で、正しい発声法を教えてくださいます。
腹式呼吸を使い、口周りはリラックス、身体に共鳴させる、ベル・カントを、
先生自ら美しい声を使って、教えてくださいます
千穂先生の指導で、ふかこはこの10年で四音も音域が伸びました。
この素晴らしいボイストレーニングが、月2000円で受けられるとは‼️
その辺のスクールに行けば、グループレッスンでも5000円はかかるでしょう。
若い方で、バンドのボーカルなどやっている人が
発声の基礎をリーズナブルに勉強するのにオススメしたい裏ワザといえますね。……



コメント

深谷混声合唱団団員募集!!!ほんとに、ほんとに、きてほしいの……

2017-11-23 01:18:19 | 合唱団
ふかこですが。


次回の練習より、わが深谷混声合唱団は、昭和の合唱曲を代表する名曲、
「島よ」に挑戦いたします。

ところがっ。💢
足りないのよ、ひとがっ。
男声がキモになるこの曲なのに、
テノールが4人しかおらん😢😢😢
いや、実は5人いるのだが、いちばんの若手で、いちばんのボリュームの持ち主が
都合で春までお休み中。
バスも病欠1人。🤢🤢🤢
お願い、誰か助けてくださいまし🙏



…………ということで、
新曲に臨むこのとき、合唱団員大募集‼️………の、
お願いでございます


合唱なんぞ、キモい歌っちゃあ、一人カラオケがいちばん
とお思いの、通りすがりの皆様。
ふかことて、スマホのカラオケ採点アプリで
ひたすら内向きに点数競うのも、まんざらではない。
「糸」を半日歌い続けて、96点出た時には感激したわ。


でもね。


自分の声が他の誰かとかさなって、
それがまた、また他に誰かと重なって、
響きが響きを生みあっているのを感じられること。
その響きの中に、確かに自分がいると思えた時の感動は、
1人では絶対に得られないものです。
………一緒に歌ってみませんか?。


子育てや介護に忙しいあなた。
週に一度、2時間ばかり、自分をとりもどしてみませんか。
定年後の時間をもてあましているあなた。
ちょっと した挑戦をしてみませんか。
学生時代、コーラスにいそしんでいたあなた。
再び青春の輝きを取り戻してみませんか。
わが深谷混声合唱団は、そんなすべての方に音楽のある人生を提供いたします。


………というわけで、金曜日の夜、ふかこと一緒に歌ってくれるひと、
このゆびとまれっ☝️
見学のお申し込みは、深谷混声合唱団のホームページからお願い。
長く人生やっている方も、それほどでない方も、ほどほどの方も、
等しくお待ちしとります。

それぢゃあ、また。ふかこでした……




コメント