実録深谷混声合唱団員~madamふかこの日々是合唱&ねこ(時にはごはん)

埼玉北西部にふんばる深谷混声合唱団のなんちゃってソプラノmadamふかこが合唱的的生活と日々の雑感をゆるっと綴ります。

ビューティフル・ネーム(ゴダイゴ:1979年)

2016-07-27 17:06:15 | ふかこの自分音楽史
ふかこですが。
今日はふかこがすきだった歌のお話を少し。

ビューティフル・ネームという歌がありました。
タケカワユキヒデさんをリードボーカルにした、
ゴダイゴというロックバンドのヒット曲。
タケカワユキヒデさんの書いた曲は、
モンキーマジック とか、ガンダーラ とか
銀河鉄道999 とか、
どれも明るくて品の良いメロディの曲ばかりでしたね。
特にこの ビューティフル・ネームという曲は、
国際児童年の協賛曲ということで、
楽しいつくりの曲になっていました。

サビの部分、

every child has a beautiful name,
a beautiful name, a beautiful name

すべての子どもたちには、美しい名前がある…と、
児童コーラスが歌い上げて、
キャッチーで耳に残る歌でした。
名前=人間の尊厳であり、希望と未来の象徴としてとらえたものでした。


同じころヒットした曲に、
ジョン・レノンがオノ・ヨーコとの間に生まれた息子ショーンのために歌った
「ビューティフル・ボーイ」という曲がありました。
当時5才の息子に人生のことを切々と語った、美しい曲ですが、
「ビューティフル」という言葉には、
プリティとかゴージャスとかとはちょっと違う、
何か神々しい感じが伴うのかもしれません。


今日、こんな歌を思い出したのは、
神奈川 で19人もの重い障がいを抱えた方々が
頭のスイッチがどうかしてしまったとしか思えない一人の男の手によって
その命を奪われるという事件のせいです。
事件はこれから解明されていくでしょうが、
ふかこの気持ちに深く突き刺さったものは、
被害者の名前が、一切報道されないことです。
遺族の事情を慮って、個々の名前は発表しないことにしたのだそうです。
こうした事件の被害者は、二度死ぬ、と言います。
最初は、事件によって。
二度目はマスコミの報道で世間にさらされることによって。


でも。

これでいいのかな。
「19人の被害者」というひとくくりの言葉でかたづけられて。
役立たずだから、家族や世間のお荷物だから殺してあげる。
犯人はそういう理屈で殺した。
でも、殺された人たちは、
どんなにねたきりでも、
どんなに重い障がいがあったとしても、
きっとそれぞれ色々な個性があり、
色々な感情があり、
それぞれ生きてきた人生というものがあったはず。
それは、彼らの名前と一緒に語られるべきなのではないか。
この犯人を弾劾するべきは、
かれらの一人ひとりの名前でなくてはいけないはず。

だから、ふかこは、その名前が知りたいと、切実に思う。
こんな事件だからこそ、思う。
あなたがたの名前が知りたい。その、美しい名前が。

だって、くやしいじゃない。











ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 七夕コンサートにコメントを... | トップ | ねこロール »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ふかこの自分音楽史」カテゴリの最新記事