実録深谷混声合唱団員~madamふかこの日々是合唱&ねこ(時にはごはん)

埼玉北西部にふんばる深谷混声合唱団のなんちゃってソプラノmadamふかこが合唱的的生活と日々の雑感をゆるっと綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日野皓正さんの平手うち&映画「セッション」&ジャジーなねこ様

2017-09-08 14:21:06 | 日記
ふかこですが。

先週、
ジャズ・トランペッターの大御所、
日野皓正さんが
ステージ上で中学生ドラマーを平手打ちする様子が
投稿サイトにアップされたというので、
ちょっとした騒ぎになりましたね。


何でも、生意気盛りのこの男子は、
天才肌のドラマーで、
ふかこの得た週刊誌情報によると、
当日選曲のことでおもしろくないことがあったらしく、
そのうっぷんをはらすがごとく、
ドラムソロのパートで好き勝手に叩き続けたため、
日野氏が怒って、上記のような騒ぎになったということです。


ふかこは詳しくないですが、
聴いているとアドリブだらけに思えるジャズですが、
コードの進行やリズムのカウント、
アドリブの方法など
実は厳密な約束事があって、
これをしっかり勉強していないと、
ちゃんとしたプレイができないのだそうです。
ふかこは以前、ゴスペルのクラスに通っていたことがあるのですが、
その教室の先生のお姉さんがジャズをやっているそうで、
それはそれは規則が多く、
ゴスペルの先生は、
「あたしはああゆーの、面倒くさくってダメ🙅!
ゴスペルは自由でいいわあ〜〜〜。何でもありだもの
と、申されておりました……


だから、この少年ドラマーの行為は、本当に掟破りもいいところで、
ジャズの風上にもおけなかったわけで、
日野氏が教育的指導を行なったらしいのですが…

んん❓❓
あれっ、このシーン、
何だか 、「セッション」という映画のラストシーンに重なるぞ


「セッション」はデミアン・チャゼルが監督した、
ジャズの指導者と弟子の若者の、狂気と嫉妬に満ちた音楽映画。
本物の天才の出現を切望しつつも若い才能に嫉妬する屈折した指導者に、
チャンスを奪われ才能を潰され翻弄された主人公は、
ラストシーンで、
復讐のようにステージ上でドラムを叩き続けるのです。
映画ではそんな彼の演奏が
やがて共演するプレイヤーを巻き込み、
タクトを振る指導者のまっとうな情熱を呼び覚まし、
一つの音楽のうねりとなって観客の心に突き刺さる……
という感動の展開ですが、
現実の事件では
おしもおされぬその道の大御所が、
満員の観客の前で
まだお子様な少年をボコるという、
野暮な出来事に。
これがその辺のライブハウスでの出来事だったら、
「いやーミュージシャンが熱くなっちゃってさー」程度ですんだものが、
このステージがどこかの教育委員会主催の公の行事であったので、
大衆の面前での暴力を見過ごすわけにもいかず、
くだんの騒動となってしまいました。


後日、大御所に平手打ちされていた少年が父親と一緒にインタビューに応じて、
悪いのは調子に乗ってルール破りした自分の方、
日野先生は良い方、
自分のせいでこういう活動が終わってほしくない、などと、
弁明しておられましたが、
さて、真実はどこにあるのやら。
何しろ相手はその道の権威、
こちらは天才的とはいえ、駆け出し、
圧倒的な立場の差というものがあってのこと。
ふかこには知るべくもありません………



ただ、言えるのは、
彼らの演奏を聴くのを楽しみにして
当日 会場にいた人たちには、
後味の悪いステージになってしまいました。
初めてジャズの演奏に接したひともいたことでしょう。
お付き合いでやってきた人もいただろうけれど、
何ヶ月も前から、この日を楽しみにきていたひともいたでしょう。
この日このステージを見るために、
仕事や家事を調整し、
心を躍らせてこの会場にいた人たちは、
この見たくもない暴力シーンをみて、
悲しい気持ちになったことだけは、確かです。



トランペッターの、エリック・ミヤシロさんが、
こんなことを言っています。

「いつも、
自分の音楽を聴いてくれるひとたちが笑顔になってくれたらいいな、
と思って、演奏しています……」


大御所も、駆け出しのボーヤも、
この言葉を深く心に刻んで欲しいものです。
ボランティアの素人合唱団でも、
バリバリのプロでも、
およそ人様に音楽を聴いていただくものの、
基本の心構えではないでしょうか。


何が正解かはわかりませんが、
ジャズを愛するものの一人としては、
日野さんには少年のドラムに怯まず演奏を仕掛けていただいて、
少年がくたびれ果てて自らスティックを置いたところで、
笑顔で彼のの肩を抱きながら、
「こういう音楽が良いと思うのならば、一人で道を開拓しなさい。
僕は、二度と、君とは共演しない」
とでもささやけば、かっこよかったのかも……

え?
ふかこの方が怖い?
まあ、勝手な妄想ですから、
聞き流してくださいませね。
それでは、また。
今夜、上柴公民館多目的室にてお目にかかりましょう……

おまえは、ねむったいだけだろーが💢




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 9月1日の練習〜 休符で休まな... | トップ | 酔芙蓉の花が咲きました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事