実録深谷混声合唱団員~madamふかこの日々是合唱&ねこ(時にはごはん)

埼玉北西部にふんばる深谷混声合唱団のなんちゃってソプラノmadamふかこが合唱的的生活と日々の雑感をゆるっと綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

棒状のねこ様

2018-07-11 23:44:41 | うちのねこ様
で、ふかこですが。


災害のおきるたびに、ふと思ってしまうのです。

この、昨日と変わり果てた景色の中、
昨日までそこいらを闊歩していた、ご近所のねこ様たち、
庭に繋がれてそのねこ様たちにからかわれていたいぬ様たち、
皆、どうしていることでしょう。
あの泥海の中、どれだけたくさんの生き物たちが、
その命をなくしていったことでしょう。
自然のことだから、仕方のないことだけれど、
犬も猫も、そのほかの生き物たちもみんないてこその、
日々の佇まいというものだから、
物言わぬものたちのことだから、余計に
悲しく、おそろしく思えてしまうのです。


今日の平和を、ありがたく思おうね、ねねこちゃん……

?????

………棒状に溶けている……

ここは、ヘッドレストの上なのだ。


……で、夜は夜で、やはり棒状に……

ここはどこかというと、

ふかこの枕とベッドの宮の部分との間の隙間なのでした。

この穏やかな日々が、ずっとつづきますように……
コメント

大水害〜ハザードマップを見ておこう!

2018-07-11 17:14:05 | 日記
深谷混声合唱団の皆さん&そうでない皆様も、こんにちわ。
ふかこです。

猛暑の中、トマトの片付け仕事が立て続けにあって、
いささかしんどくなって、ブログも怠けがちになっている今日この頃、
先週末からの西日本一帯の大水害の凄まじさには、声も出ません。
被害を受けられた方々には、心よりお見舞いを申し上げます。


今回は家屋や田畑の被害はもちろんですが、
人的被害の大きかったことに驚かされました。
「歴史的な大雨になる」という情報は週末から度々報道されてていたし、
気象庁は最大限の警戒を発令していたにもかかわらず、
川の決壊や土砂崩れが深夜に発生したこともあって、
逃げ遅れた方が多く、
お年寄りや体の不自由な、いわゆる、弱者、と呼ばれる方々だけでなく、
若い方やお子さんも多数犠牲になられました。
もっと早く避難すれば助かった命です。
誠に残念でなりません。

色々原因は言われていますが、
どうも人間というのは、危機に接すると、
「まあ、自分はダイジョーブだよねえ」と思いたがるものらしく、
その結果、火事の時逃げ遅れたり、重大な病気を見逃したりしがちなのだとか。
そこに日本人独特の
「自分だけ逃げたら笑われる」とか、「よその人と同じ行動をとらなきゃ」
とかいう意識が働いて、逃げる時期を失した人が多かったようです。
それを断ち切ったのは、遠くに住む息子からのLINEだったり、
若い人からの声がけだったりしたようで、
こんな未曾有の災害の時には、年長者の経験が、むしろ妨げになることもあるのです。
ふかこも、還暦を過ぎた身です。
心してこういう時には若い人の言うことに従うことにいたしましょう。


さて、もう一つ驚いたのは、今回の被災地の多くが、
実は自治体に作成していたハザードマップの被害想定と
ぴったり重なっていたことです。
つまり、この大災害は、「想定内」の出来事であったということです。
ふかこの住む深谷市にもハザードマップというのはあって、
紙のものが配布されているし、
ググればでてくるよ☝️

深谷市は、利根川、荒川と大きな河川のほかに、
支流の小山川とか、それらを結ぶ小さな河川もたくさんあって、
特に市の東北部は今回甚大な被害の出た倉敷市と似た地理的条件があって、
最大5メートルの浸水が予想されているところもある。

ふかこの家のあたりは最大2メートルが想定されていて🤦‍♀️
これは1階部分が水没する深度のようです。


少し行けば5メートルの想定場所に足を踏み入れることになり、
実際、この地域にあるハウスは、何度も浸水の憂き目をみている。
一度は作業中に浸水してきたことがあって、
そもそも酷い雨でふかこは仕事したくなかったんだけれど、
ダーリンが、ダイジョーブっていうからさ。
その時はあっという間にハウスの前の小道が川のようになり😱😱😱怖かった。
ほんと、お水が出るときには、あっという間なんですよね。
ふかこはもう、怖くなってすぐ逃げてきたんだけれど、
床下浸水くらいの深さになって、雨もすごくて、
ダーリンはしばらく帰ってこられなくなっちゃって。
今考えると、あれは、かなり危険な状況だったって、今になって思います。
良い子は、ゼッタイまねしちゃいけないよっ🧐
あの時は小山川の水位もかなり上昇して、
もう少し上流ではいくらか溢水もあったと記憶していますが、
それも今考えると、ギリギリセーフだったわけで、
年寄りくらい、親戚の家にでも避難させておくべきだったと思います。

今度同じようなことがあったら、とにかくはやめに、
ねことクルマと、避難させるつもりです。
ハザードマップって、当たるんですよ❗️天気予報もね❗️


それでは、みなさん、
みてくださいよ、ハザードマップ🌋


コメント

あづいいいいいいい(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

2018-07-02 22:09:20 | 日記
ふかこですが。

合唱の練習のご報告をしなければと思いつつ


その前に…………


あっづいよおお🤯🤯🤯

な、なんなんだ、この暑さは💢

今日はとうとう、ウェザーニュースの当地の実況は、
こんなことに………


ま、マジっすか(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

まあ、これは気象庁の公式記録ではないので、何ですが。

猫も行き倒れるこの暑さ……


皆さま、ご自愛くださいませ。
コメント

埼玉県合唱祭見聞記2018

2018-06-20 08:55:50 | ミュージック
深谷混声合唱団のみなさん&そうでないみなさんも、
こんばんわ。
ふかこです。


6月17日は、埼玉県合唱祭でした。
ふかこのいるあたりは沈んでいるのですが、
実は埼玉県は、音楽大学もある南部を中心に合唱大国で、
埼玉県の合唱祭は毎年、6月の週末、
5日間にわたって行われています。

これは、今年のプログラムね。

それでもって、わが深谷混声合唱団は、
例年さくらめいと (熊谷文化創造館)での出演を希望して、
まあ、ことわられたことはありません。
今年は、第3部の出演で、午後5時集合、
出演は6時半頃だったでしょうか。
第3部は観客も少なくなってしまうし、食事会なども組みにくいので、
本当はもう少し早い時間帯が良いのですけれどね……


さて、この合唱祭では、上手な団体がたくさん出演するので、
例年ふかこたちは早めに会場に行って演奏を聴くことにしています。
この日も第2部の後半、午後3時半頃には会場に着き、
着席したその瞬間、
カシャカシャと照明器具が揺れる音がしてきて、
誰かが、地震❗️と叫んだ瞬間、
ふかこのケータイに緊急地震警報が入りました😱
大した揺れではありませんでしたが、
より震源に近い自宅のほうでは、突き上げるような感覚があったそうです。
翌日には大阪で大きな地震があって、驚きましたが、
それについては、また、のちほど……



さてさて、この合唱祭はとてもバラエティにとんでいて、
児童合唱団から、学生合唱団、シニア合唱団、
男声合唱、女声合唱、混声合唱、
数人規模の小さな合唱団から50人を超えるような大所帯の合唱団、
多声部の宗教曲をアカペラで軽々と歌いこなす玄人並みのチームもあれば、
昨日出来たばかりのような、初々しい合唱を聞かせてくれるコーラスグループ、
はてはミュージカルの部活まで、大変楽しいのです。
上手なチームは、たいがいシンプルな黒シャツに黒パンツだったりするので、
見当がつきます。
シニアチームは、ラメやスパンコールで光っとります
深混は地味目なので、ちょっと憧れます。



歌声を聴いて、文句なしにいいなあとおもうのは、
やはり中学生や高校生の演奏です。
毎回言ってますが、シミもしわもない声帯から、
まっすぐに響く素直な声の美しさよ❗️❗️
ふかこも、中学時代は、あんな声を出せていたんでしょうか……


それから、上手とか下手とかいうのではなく、
「正しい合唱」というか、「this is 合唱❗️」とでもいいたくなるような、
合唱団がいくつかありましてね。
たとえば、開智未来中学高校の合唱部。
まだできたての合唱部なのか、1ダースほどの少人数で、
なんと、スタンダード中のスタンダード、
滝廉太郎の「花」を聴かせてくれました。
今時の中学生の合唱部ときたら、ラテン語の多声部アカペラでも、
連続不協和音でも、なんでも歌いこなしてしまうのですが、
本当のところ、日本人で女学生で(変声前の男子2名発見!)合唱ったら、
もう、「花」ですよ。原点ですよ。……でしょう?
こちらの合唱部の歌には、そんな、由緒正しさがあって、
しかも楽しそうで、清潔で、ホント、おばさん、こういうの、大好き😘
もう1曲、「君といた海」の選曲も、とてもよかったです。


ほかに、印象に残ったところを、いくつか。

🎶エーデルワイス(鴻巣、女声)
言葉の表現が繊細で、生き生きしていて、真似したいと思いました。

🎶熊谷市立大里中学校音楽部(女声)
ここは、ミュージカルを見せてくれます。昨年もそうでしたね。
今年は、舞台の一番後ろにソロ、ピアノがあって、一番前に群舞という演出でしたが、
やはりソロは前に出て歌った方が良いですね。
こういう大きい会場で、マイク無しの時には、時間差も出ます。
ソリストの方、とても上手だったので、残念です。

🎶混声合唱団 獅子(所沢、混声)
I thank You God for most this amazing day ……というアカペラの曲ですが…
一体、何声で構成された曲なのでしょう。
ラスト、音が複雑に絡まりあう中に、ピンと倍音が響いてきて、感動しました。

🎶熊谷高校音楽部(男声)
一頃よりもはへってしまったのですが、それでも20人の男声合唱。
う〜〜ん、もっと響くのではないかなあ。
響かせられると思うよ。だって…………

🎶Chor Ursa Major(さいたま、男声)
こちらは、男声わずか8人❗️
でも、ホールを1つの楽器のように響かせて、
昭和の名曲「なごり雪」をしっとり聞かせてくれました。
どこかの音高か音大のOBの方でもあるのでしょうか。
こういう合唱団は、県北には望めないなあ。
もう一曲の、「こころようたえ」、
こちらも楽曲も歌唱もとてもよくて、感動しました。
ふかこ的には、今回は、こちらに金賞をさしあげたいとおもいます。


……などと、偉そうに書き連ねてしまいましたが、
わが深谷混声合唱団の演奏はどうだったのか……
アルトだけが2人もお休みでちょっとバランス悪かったかもしれません。
どこかの誰かのブログに
「バランスが悪い。リズムがばらけてる。もっと練習せい!」
などと、書かれているかもしれません。
はああああああ😔😔😔😔😔
コメント

6月15日の練習&明日は埼玉県合唱祭!

2018-06-16 22:18:28 | 合唱団


深谷混声合唱団のみなさん&そうでないみなさんも、
こんばんわ。
ふかこです。

ここ2、3日妙に寒くて、ダーリンとダーリン父は、
風邪をひいてしまいました。
お願いだ、ふかこにうつさないでくれえwwwwwww😣😣😣😣

……というわけで、
昨夜の練習のご報告です。

昨夜は埼玉県合唱祭の最後の練習。
上柴公民館多目的室にて、北川先生のタクトで歌いました。
北川先生がすこしおくれていらっしゃったので、
団員のTさんとふかこで発声練習をいたしました。
実を言うと、ふかこは最初練習場所を間違えて深谷公民館に行ってしまって、
10分ほど遅れてしまって、大変でした。

北川先生がいらっしゃって、早速「島よ」の練習にはいりました。
この、「島よ」ⅠとⅣは、とりあえず明日の合唱祭で一区切りとなり、
来週からは、市民音楽祭で歌う林光さんの 日本叙情歌集の練習が始まります。
まだまだ練習したいところは山のようにあって、
明日を歌い納めにするにはおしいようです。
難しいけれど、カッコよくて、わかりやすくて、
いつかどこかで全曲通して歌ってみたいなあ……と、
北川先生の最後のダメ出しすら楽しいと思えました。

あと10分ほどで練習が終わり、というころになって、
男声で一番若いテナーのI君が駆け込んできました。
ご夫婦で入団された、まだ30代の、だんな様の方です。
それじゃあ通しでもう一度歌わなくちゃね、と、
頑張って歌いました。
若い人が増え、明日はほぼフルメンバーの出演で、
明日の本番が楽しみです。

明日は第3部の出演で、集合は午後5時ですが、
お昼過ぎから出て行って、
第2部の後半あたりから聞いてみようと思っています。

それでは、また。
ごきげんよう。

コメント