マリとダックスの寺務所日誌 

今の社会の問題から映画ドラマのはなしまで、いろいろな話題について、はなします。

10連休恐怖!と思っていたら・・・

2019年05月06日 15時13分51秒 | 日記
10連休か~(-_-;ウーン コマッタナ~

人手不足で タメイキガ~C= (-。- ) フゥー

4月中に とりあえずの 買い物は済ませて・・・

お詣りにだけ出かけるように 予定しましたが 代わりの留守番探しに苦戦


土曜日曜祝日休みの人の考えが中心の社会ってイヤだわ 

特に最近3連休が増えた 祝日はずらしたら意味ないし 5月6日みたいに 日曜日が祝日だったら月曜日休みという法則も意味がわからない

元号だって本当は 1月1日から新元号の方がわかりやすい

元号が変わるから 10日間休みというのも 意味不明


お寺のように365日定休日がないところでも スタッフは欲しいんです


近所のハローワークは全くダメ

失業率なんて数字追っかけている暇あったら 仕事を探しにきた人に 働くように指導するべきです


40才から64才までのひきこもり 無職の人が100万人以上いるらしい 

高学歴ニートという言葉もあるらしい  

40才過ぎて 親に扶養してもらっている人も多いらしい 

扶養控除の申請に子供の年齢制限はないのが不思議????

ぬけぬけと恥ずかしげもなく 40才過ぎの子供の扶養控除の申請できる親って呆れるわ

親が悪い
うちの子は心の病で働けないとかないわ

病と戦いながら働いて税金を納めている人がおおぜいいます

 
「ちゃんと働けば必ずいつか報われる日がくる 報われなければ働き方が悪いか働かせる者が悪いんだ
そんなとこはとっとと逃げだしゃいいんだ だが一番悪いのは 人が何とかしてくれると思って生きることだ
人は人をあてにする者を助けたりはせん 逆に自分の力を信じて働いていればきっと誰かが助けてくれるもんだ」


NHK「なつぞら」の草刈正雄さんが演じる柴田泰樹さんのセリフ じ~~んとしたわ
本当にそのとおり
ただ人の力をあてにして ダメだったら逃げればいいわ~の人は1年位で転々とするし すぐ兆候が見られるから 信用できないのが バレバレ~

自分の代わりに寺務所を任せられる尼僧を育てようと思ったこともありましたが諦めました
札幌に尼僧はムリでした

お坊さんの社会も変わりました
お寺のお坊さんだけじゃない 
葬儀会社のお坊さん 霊園のお坊さん ペット霊園のお坊さん 派遣会社のお坊さん いろいろです

先日菩提寺がなくて葬儀を執り行ったかたがそれなりの位の戒名がついているから訊くと 葬儀会社の代金にお坊さんが含まれていたようす
祭壇に位牌(戒名)お坊さん付・・・呆れすぎて笑っちゃう(-゛-メ)ヒクヒク ハハハ

10連休のりきったことで 心が定まった気がしました

留守番は探さない いなくても仕方ない
鍵をかけて電話は転送

でも 本心はお嫁さん欲しいわ!!m(._.)m おねがい!!


穏やかな日々を






いつもありがとうございます
また来てくださいね
コメント   この記事についてブログを書く
« 「令和」和やかな時代に! | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事