あの日、あの道で

大道芸の記憶(最近は少なめ)と日々の散歩やら想いやら勝手気ままな呟き

山本光洋 2018.7.14と7.27

2018-07-30 11:30:53 | 舞台
山本光洋ソロライブ お蔵出し《7月場所》
東京ノーヴイ・レパートリーシアターにて、3日間開催されました。

光洋さんが動くと身体の隅々に何かが生まれて、可笑しかったり微笑んだり圧倒されたり。
これまでの訓練のタマモノなのか、天性の役者なのか。
いろんな情景が見えて、幸福感に満たされるのは何故なのでしょうか。

道化師びりさんは初めてちゃんと見ました。
クラウンと言えどいろんなタイプがいらっしゃるのだなぁと改めて。
光洋さんがリクエストしたとしたら、歌のうまさが重要課題だったのでしょうか。
とてもうまくてびっくりでした。

続いて、子どもと舞台芸術 大博覧会in TOKYO「パフォーマンスの森」国立オリンピック記念青少年総合センターにて、
KOYOマイムライブ2~かかしになるために~
8作品約1時間の舞台でした。
広い教室に正面と左右に半円形に折り畳み椅子が並べられ、椅子の前にはお子様用にじゅうたんが貼られていました。
金曜日の夕方ゆえにかなりの大人と子どものみ。
子どもは自由にしゃべったり近付いたりでたまにハラハラしましたが、ボランティアだと思われる学生の係員を一緒に座らせて、光洋さんの手のままにというか経験値でとても楽しい公演になりました。
反応やら歓声が新鮮だといつもと違った会場の空気が現れるので、この日はなんだか初心に戻るかのように楽しみました。

 

一、ネズミ
二、ハエ、ニワトリ
三、ピーちゃん宇宙へ
四、ピアニスト
五、山本四十郎
六、コードで歌う
七、記念撮影
八、チャーリー山本

順番が前後して居たり、違ったかもしれませんが。
今回初めて見たコードは歌う。
なんてすごい発想!コードだけでこんなにも広がるなんて。感動。
そして、記念撮影。
人の一生を扱うストーリーはよくあれど、そしてどれにも泣かされるけれど、こちらはもう。
光洋さんのラストのさり気ない動きが私にはたまらなく刺さりました。
...たった一人で、これぞというシンプルな木枠だけを効果的に使って、子どもから老人まで演じ切って、
なんてすごい役者さんなんだろう。パントマイムで見えないものまで見せつけられて心情に入り込む。
役者以上です。

行き帰り参宮橋を横切りながら、またゆっくり歩きたいなぁと思いました...



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 山本光洋 2018.7.22 | トップ | 森田智博 2018.7.29 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿