僕のflexibleフレキシブルな日々

付き合って4年、カナダで同性婚をし家庭的なお嫁さんになってくれるはずが…

GO!北海道!!その2

2009-06-29 | ちょいとお出かけ
北海道2日目の朝

雨は降っていないもののドンヨリとした天気

しっかりと睡眠を取り、元気に起床!!………のはずだったんですが…
ええ、早朝から胃腸の調子が悪くて目が覚めてしまいました
僕は決して胃腸が丈夫な方ではなく、すぐにお腹も壊すし胃も痛くなるほうなんです
ここのとこ暴飲暴食の生活から節制した食生活を送っていたのに急に沢山食べて胃腸がビックリしたんでしょうか
ちなみ同じ物を同じ量食べてる妻は全く何の問題も無し ええ、むしろ「お腹空いた~!!」と朝から元気です

旅行じゃなければ、このまま1日じっと寝ていたいところですが、そうもいきません 

妻 「真ちゃん大丈夫??」
僕 「…………大丈夫じゃない
妻 「ほんやね~しんどうそうやね さぁ!じゃあ出発しよか
僕 「お お前!! ワシが腹痛いって言うとるのに
妻 「ごめんごめん はい、じゃあ痛いの痛いの飛んでけー! はい!OK! じゃあ行こっか
僕 「…………OKって…… 全然OKじゃないんやけど……
妻 「(←全く聞いちゃいねぇ)」 

キリキリ痛む胃と、時折やってくる腹痛で何度もトイレに駆け込みながら、優しい妻に支えられ、まずは「さっぽろ羊が丘展望台」へやって参りました 
   

「少年よ!大志を抱け!」でお馴染みのクラーク博士の像がある所です

遠くに札幌ドームが望めて、広い芝生に羊たち う~ん北海道の風景です 羊がウロウロするすぐ側で「名物ジンギスカン!」と書かれたお店から良い匂いが漂ってきます ………この羊を食うんでしょうかね

そりゃここに来たらこのポーズで撮らねばね


「良かったらシャッター押しますよ~ その代わり僕のカメラでも撮ってポストカードにしてお売りしてますので良かったら買って下さいね~」と言う観光地ならではのお兄さんが声をかけてきました。
当然、そんなもん別にいらんやろと思ってると

妻 「じゃあ、シャッター押してください!で、ポストカードもお願いしまーす」と言う妻の声が聞こえてきました
僕 「えぇっ!!! いやいや、いらんやろ~ シャッター押してもらうんはええけど、僕らが写ったポストカードなんているか!!?? いらんやろー!!!
妻 「思い出やん お
僕 「思い出って そんなん写真で十分やん それに(小声で)こんなしょーもないポストカードに千円もするで いらんやろ
妻 「あら、真ちゃんケチやね~ 思い出はプライスレスよ!

ええ、千円の飛行機代は出すの渋るくせに、何故かこんなしょーもないポストカードには千円払える妻 未だ妻のアウトラインが読めない僕です

胃腸の調子はまだまだ最悪ですが、何とか天気ももってくれそうだし、札幌から車で1時間の余市という場所へ車をかっ飛ばして行きました
ちょっと余談ですが、北海道の高速道路はどこも車幅が広くてひたすら真っ直ぐ伸びる道が多くてとても走りやすい! こちらでよく見かけるオービス(速度違反自動取り締まり装置)はあまり見かけませんが、とにかく覆面パトカーが多い!!あちこちで取り締まりをしておりました

話は戻りますが、なぜ余市のほうへ行くかと言いますと、今回の旅行で妻が絶対外せない物としてあげたのが 
「バフンうにのうに丼を食べる!」でございました
6月から8月の間解禁になる「バフンウニ」は希少価値が高くて、なかなか取れない貴重なお品。特に北海道の積丹で取れるバフンウニは絶品らしいのです!
その解禁時期の6月に取れたての美味しい新鮮なバフンウニが絶対食べたい!!という妻の強い希望で調べてたどり着いたのがコチラ↓

柿崎商店
 

1階は鮮魚店で2階が食堂になっていますが、新鮮で安くて美味しい海鮮が食べれるお店として地元の人の間では有名で、お昼時には行列が出来るほどらしいのです
もちろん積丹産のとれたての美味しいバフンウニもあります!

行列が出来る昼前に到着し、まだまだ胃腸は本調子ではないですが、せっかくなんで僕は「いくら丼」を、妻はもちろん「バフンウニ丼」を頂きました

 
 


最高!!!ウマイ!!(昇天)

ウニ!!!最高です!!! 甘いのなんのって!! 口の中に入れた瞬間とけてなくなります!! そしてイクラ!! これもプリプリで甘くて美味い!!!!
ちなみにイクラ丼はこれで800円 バフンウニ丼はウニの大盛りで2900円です!
ウニ丼ちょっとお高いように思えますが、札幌で食べたら倍はしますし、関西や関東で同じものを食べようものなら恐ろしい値段です
 
あぁ!!なんでこんな時に限ってあんまり食えないねん! 
これで胃腸の調子が良ければ他にもバンバン食う事間違いなしです!
この他にもイカの刺身(生きてるのさばいてくれる)ホッケなどが安くて食べられます しかも美味い!! あぁ!!この店の近くに住んでたら週に3日は通うわ

美味しく頂いた後は1階の鮮魚売り場で、今が旬の時鮭や毛かにを買って、家族や友人に送りました ここも新鮮で安い!! 北海道へ行かれる方がいらっしゃいましたら、ここはマスト!!絶対お勧めです!

すっかりテンションが上がった僕たちが次に向かいましたのが 「小樽」でございます
ええ、スイーツ大好きな妻がここを通り過ぎて行くわけがございません

さー天気もええし、行くでー!! と車を走らせ小樽に近づくと急に雲行きが怪しくなり始めました
ええ、今から小樽を歩いて回ろうっちゅう時に……まさかね…… と思いつつ、車を駐車場に止めたとたん…… 
はい。 雨が降り始めました

ええ、またもやこんな所でも怪人雨女の威力を発揮する妻 
どんだけ雨降らせる力持ってるねんとほんまつくづく思います

小樽オルゴール堂


しかし、札幌や小樽の観光地に行く度に思ったんですが、ひょっとすると日本人より中国人や韓国人の観光客のほうが多いのでは??と思うほど、ホテルや街でたくさん見かけました。
僕らが泊まったホテルの駐車場のおっちゃんも「半分くらいは中国や韓国のお客さん」と言うてました 小樽で売ってる商品にも「MADE IN JAPAN」とわざわざデッカク表示してるのが多かったですしね

さて、怪人雨女が小樽を歩けば、さらに雨も強まりだしましたが、そんな事はおかまいなしの妻はあっちでスイーツ食べ、こっちでスイーツ食べを満喫しまくりです

そんな中、妻が一番気に入ったのがコチラ↓
  

六花亭の「雪やこんこ まじりっけなしのソフト」です
ええ、もう夢中で食べておりました 僕もちょっとだけ食べましたが濃厚でウマかった~!

その後、ル・タオで今夜のお土産のケーキを買ったり 北一硝子の中にあるランプだけのカフェでお茶したり あれやこれやとおねだりされたりで胃腸も体もサイフもフラフラになり始めた僕
北一ホールのカフェ 幻想的な感じで良いですよ


でっかいど~おっぱいど~にして欲しかったなー


メルヘン街道から小樽運河まで歩いたし、さてボチボチRUIさんファミリーと待ち合わせの札幌へと帰るか!と思った時
「どうですかー! 旧小樽運河まで行ったりウォール街を巡ったりしませんか? 歩いたら通常1時間かかる所を30分でご案内しますよ!!色々案内もするんで乗りませんか!

と、人力車のお兄ちゃんが声をかけてきました
 
「いや、もう時間無いしええわ」と断る僕の声に被せるように妻が後ろから
「えっ!?旧運河って何?どんなコース?」と乗り出してきよりました
お兄ちゃん 「おっ!さすが奥様、お目が高い!こちらのコースはですね…」
ここぞとばかりに妻に話を向け、意気揚々と説明し始めましたが、まさかさすがに妻もこれには乗らんやろ~と僕は知らん顔してると
妻 「真ちゃん!乗ろうよ!!
僕 「えっ!!?? 乗る!!?? マジで? そんなん別にいらんやん」
妻 「せっかくやし、思い出よ!お
僕 「もう十分思い出あるやん 時間も無いし、それにいくらするねん?」
妻 「二人で8000円
僕 「はっ! はっせんえんーー!! 高っ! お前、飛行機の千円は出せんけど、これに8千円はええんか!!??
妻 「うん、ええよ

ええ……やっぱり妻の正解、不正解は分かりません 
僕だけが「いや、でもな~」と渋っていましたが、人力車のお兄ちゃんも妻も出発する気マンマンなんで仕方なく乗ることに

雨はだいぶん小雨になってはいたものの、雨の中乗る人力車って…何ぼ屋根ある言うてもな…… と乗り気じゃないままの乗車でしたが、乗ってみると確かに楽しい!
知らなかった運河の話や小樽の話、はたまたお土産情報や色んな話を聞きながらで、思いのほか楽しい時間でした

小雨降る小樽運河


人力車を引きながら終始喋る人力車の兄ちゃん 撮影スポットでは撮影もしてくれます
  

思いのほか楽しかったのは良かったんですが、RUIさん達との約束の時間までもうすぐです!!

慌てて、駐車場へ戻り高速をかっ飛ばして札幌へと向かいました

レンタカーを返却して、約束の時間から遅れること数分… 

ついにRUIさんファミリーと念願のご対面です!!

RUIさんファミリーは先月カナダのHDWでご結婚されたばかり
RUIさん、SARAさんとはえみさんの結婚式やHDW親睦会でご一緒して以来、何度かメールでやり取りさせてもらってるお付き合い 手を振りながらやってきたお二人はそりゃもう幸せオーラでまくりでした
そして、今回何より楽しみだったのがRUIさんとSARAさんのお子様 サスケくん、メイちゃんに会える事です 

ええ、もうこれお世辞抜きで本当の事を書きますが、会った瞬間から 「何て素直で良い子たちなんやー!!」と分かるほど、本当に素直で優しい良い子供たちでした

今もそうですが、毎日のようにぴょんと 「どうやったらあんなに良い子供に育つんやろ?」と本当に心から思うほど素晴らしい子供達でした! 
お子さんはSARAさんの実子ですが、ずっとRUIさんファミリーと一緒に過ごしてて感じた事は 「とにかくRUIさんと子供達との信頼関係が強い」という事です。
親子って本当に血縁じゃないんやなと物凄く実感させてもらいました。
僕らも将来的に子供を…と考えていますが、やっぱり不安や心配の方が大きいですが、今回一緒に過ごして僕も妻もそんな不安が少し消え、大きな勇気をもらえた気がします
「愛が家族を作る」HDWの言葉ですが、まさにそうやなとRUIさんファミリーを見て思いました 本当に素晴らしいご家族です!

おっと、話は戻りますが

ご対面の後は、RUIさんの車に乗って僕らが食べたい!と言ってた美味しいジンギスカンを食べれるお店へ連れて行って頂きました

 

何じゃこれ!!ウマすぎや!!!(再び昇天)

ラムの臭みなど全く無く、めちゃめちゃ美味い!!! ラム肉に対するイメージがガラリと変わりました! 
しかし、今日はまだ胃腸が本調子ではないので、ビールも控えめに食べる量も控えめにしておきました くそーーーーーーーっ!!!! ワシのアホーーーーーー!!!ボケーーーー!!!

ええ、ほんま虚弱な胃腸を持つ自分を恨みます

美味しいジンギスカンを頂き、RUIさんファミリー宅へ移動
RUIさん達はもうすぐ引越しを控えてて、荷物の整理も大変だというのに厚かましくもご自宅へと泊めて頂いちゃいました

みんなでワイワイ楽しく喋り、子供たちが寝た後は大人の色んな濃い話の時間があったり…

そんなこんなで楽しい2日目の北海道の夜も更けていきました
ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
« GO!北海道!! その1 | トップ | GO!北海道!!その3 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お帰りなさ~い (直)
2009-06-29 11:11:37
それにしても、ぴょんさんの雨を呼ぶ力、すごいっすね!!

北海道、やっぱいいですね。
旨いもんもたくさんあるし・・・。
いくら丼の安さにびっくりしました。
あと、おっぱい看板にも(笑)(←やっぱり喰いついてしまいました笑)
自分も真さんの「でっかいど~おっぱいど~」に一票入れさせていただきます
ただいま~ (真)
2009-06-29 16:28:55
北海道良いですよ!

ぜひぜひ、そらさんとグルメツアーにおでかけください!!
あっ!でも直さんの地元も美味いものいっぱいで羨ましいですぜ

絶対「でっかいど~おっぱいど~」の方が良いですよね 一応、これを飾ってた店の人に言うてみたら「考えてみます」とフツーに返されました ぴょんに言うたら「何、気持ち悪いこのオヤジ!」って思われたに決まってるやん」とこれまたフツーに冷めた目で返されました 正直者のオッサンは嫌われるっちゅう事を改めて学んだ気がします
Unknown (もも(ちい))
2009-07-02 20:35:55
コメントは全部読んでから!って思ってたけど

我慢できない~~!!

うに丼といくら丼?
何それ!? 凄すぎです!!!

それ食べるためだけに行きたい!!

おまけに六花亭のソフト!!

ある意味 今回の真さんのブログ・・・

拷問ですからぁ!!

お友達ご家族と会われたんですね。
旅の一番の楽しみでもありますよね♪。


拷問です・・・ (もも(ちい))
2009-07-02 20:38:55
うに丼・・・・

いくら丼・・・・

六花亭のソフト・・・・

あ、あまりな・・・画像に

死にそうです・・・。

私には拷問です。

北海道行きたい!!

ガハハ!! (真)
2009-07-03 00:21:09
もも さん

リアルすぎるももさんの悶絶ぶりがビシビシ伝わるコメントありがとうございます
美味そうでしょ~ 
ええ、ええ、それが……めちゃめちゃ美味いんです!!!!(←更に嫌がらせか
ぜひぜひももさんも機会があれば行って下さい! 食べに行っちゃってください!! 
ももさん大好きのスイーツも豊富ですよ~ 
まぁ僕も、ももさんのブログ見て美味そうな画像によく悶絶してますから、たまにはお返しです

コメントを投稿

ちょいとお出かけ」カテゴリの最新記事