気ままに

大船での気ままな生活日誌

深川八幡祭 二の宮御輿渡御

2018-08-13 06:23:09 | Weblog

おはようございます。

昨日、8月12日、深川八幡祭りに行ってきた。神田祭、山王祭と並び、”江戸三大祭り”の一つといわれている、富岡八幡宮の例大祭。でも、本祭りは3年に一度で、今年は御本社祭り、来年は蔭祭りとなる。4年前の本祭りに行っているので、それに比べると、規模は小さくなるが、二の宮御輿の渡御、そして水掛けも見られたので余はまんぞくじゃ。

12時50分頃に永代橋から下りてくる神輿を見ようと、それに合わせて出掛けた。地下鉄の門前仲町駅を降り、まず富岡八幡宮にご挨拶。

ここは相撲発祥の地で横綱力士碑などがある。

稀勢の里の名も刻まれている。がんばれ稀勢の里。秋場所祭りは、全勝優勝だ!

神輿蔵には、総量4・5トンの日本一の本社神輿が。重すぎて渡御できないらしい。神輿風日傘も面白い。

鳳凰の目には4カラットのダイヤモンドが!



では、永代橋まで歩きましょう。途中で神輿の引き継ぎをする町内の人々が待機している。



永代橋に到着。しばらくすると、いよいよ先陣が現れる!

二の宮御輿が登場だ!歓声が上がる、

橋を渡りきる。

目の前を通り過ぎて行く。

次の町内とのバトンタッチが近づく。差し。

そして、中継点で神輿を下す。ご苦労様でした。

5分もすると、つぎの受け持ち町内の人々が集合。

さあ、勝どき挙げて、出発だ!

いきなり差し。

このあとは人混みにまみれ、怪我しないように、水をかけられないように(汗)

子供たちも水かけをしたようだ。この祭は”水かけ祭”の異名がある。本祭りのときはすごいですよ。

最後尾は神官やおえらいさんの列。

曲がり角がやってきた。葛西橋方面へ曲がり、また永代通りに戻ってくる。

この角に水かけ隊がいた。ホースで水掛け!

水掛けも見られたし、ぼくの、今年の深川祭はここで終了。良かった!お神輿は気分が晴れ晴れする。月末は浅草サンバ、原宿よさこい、高円寺阿波踊りとお祭りが目白押し。

それでは、みなさん、今日も一日、お元気で!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ふたつの写真展 世界報道写... | トップ | 岸辺のアルバム 盆の入り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事