気ままに

大船での気ままな生活日誌

大谷翔平4号 幸せの青い鳥、夕富士、夕月、定家蔓

2018-04-28 22:05:19 | Weblog

こんばんわ。

大谷翔平が今日は打者として、ヤンキースの豪速球投手セベリーノと対決するというので楽しみにしていた。生中継で見たかったが、なにせこの上天気、ついふらふらと外出。試合経過はスマホでチェックということになった。二度目のチェックで、いきなり、5番大谷、先制4号ソロ!そのときは、くりはま花の国でポピーを見終えた頃。ところが、二度目の打席で走塁中に軽いけがをしたようで、ぼくが金沢文庫にいるときのチェック、三打席目は代打を送られていた。明日は、絶対、生中継を見るつもりの田中将大投手との対決。怪我のために出場は微妙になっているらしい。めったにないチャンス。なんとか夢の対決を見せてほしいものだ。

球団発表によると、1カ月での4本塁打、25奪三振達成は、1971年9月のファージー・ジェンキンス以来、47年ぶり。史上4人目。ベーブ・ルースも達成していない記録。 明日も本塁打なら史上初!

帰宅後、うちの玄関先に幸せの青い鳥。イソヒヨドリ?

夕富士

夕月 明後日4月30日が満月


逗子市役所にからみつく定家蔓

それでは、おやすみなさい。

いい夢を。



くりはま花の国にて。詳しくは明朝に。

コメント

こいのぼりなう展

2018-04-28 08:07:18 | Weblog

おはようございます。

GWもはじまり、鯉のぼりの季節となりました。むかしはご近所で鯉のぼりをよくみかけましたが、最近はなかなか見られなくなりました。先日、国立新美術館で”印象派展”を見に行ったとき、二階で、こいのぼりが300匹も泳いでいるというので覗いてきました。見事なものでしたよ。

会場に入ると、白い鯉が前面に、奥に色とりどりの鯉が!

よくみると、鯉の頭と尾がない胴体だけ。単純化されている。それもそのはず、これはアートの鯉。織物を材料にするテキスタイルデザイナーの須藤玲子がデザインした鯉なのだ。こいのぼりなう展。日本の伝統行事に着想を得たこのインスタレーションは、フランスの展示デザイナーのアドリアン・ガルデールとのコラボ。2008年にワシントンD.Cで、2014年にパリのギメ東洋美術館で発表したとのこと。今回のはライゾマティクスの活動で知られる齋藤精一も加わっての新バージョンとのこと。

では、写真撮影自由の会場。どうぞ、ご覧ください。

椅子にうづくまり、鯉を見上げる、天井には淡い光が舞い、神秘的な音が聞こえてくる。”異境”にいるような感じ。

さまざまな織物でつくられている。



とても素晴らしいインスタレーションでした。無料ですので、ご近所の方はどうぞ。

それでは、みなさん、今日も一日、GWの混雑にも負けず、お元気で!

コメント