マーブリングファインアーツのブログ

マーブリングの製作物や作品の紹介と解説、時にはスタッフのこぼれ話などを書いていきます。www.marbling.net

パシフィック・リムその後

2013年08月22日 | マネージャーのつぶやき
タイムリーな話題なので、続けて投稿です!

パシフィックリムのその後をお伝えします。
情報ソースはBox Office MojoLA VIZです。

2.5週前の週末に$45.3 ミリオン(45.3億円)でオープニングを迎えた中国では
この週末だけで、更に$14.6ミリオン(14.6億円)を売上げ、
総額$100ミリオン(100億円)を上回りました。

パシフィックリムは既に米国外で$286ミリオン(286億円)を売上げ、
次の1~2週の間に$300ミリオン(300億円)を超える見込みです。

ワーナーブラザーズのサイファイ担当者は、続編を夢見るギーク少年達に日々、期待を高めることに成功しているようです。

また、映画作品の分類枠毎の歴代高額興行収入として、
クリーチャー部門においては8位、サイボーグ・アンドロイド・ロボットでは11位を記録しています。

以下は、先週末段階での総興行収益に関しての詳細です。

<米国内>
米国内興行収入計:$98,389,608(約98億円)
ウィークエンド:$37,285,325(約37億円)
館数: 3,275館
全体に占めるウィークエンドの割合:38%

<米国内外>
世界興行収入計: $384,389,608(約384億円)
米国外興行収入計: $286,000,000(286億円)
米国外収益の割合: 74.4%
米国内収益の割合: 25.6%

特撮、がんばれ!

*$1=100円換算

マネージャー岩崎
コメント

『わくわく特撮ランド 特撮展』 開催中! ~内引きミニチュアセットについて~

2013年08月16日 | 新着情報
調布市文化会館たづくりで開催中の『わくわく特撮ランド 特撮展』も残り2日となりました!
まだご覧になってない方はぜひお越しください!

展示にちなんで立て続けのブログ更新となります。

前回はマーブリングが携わった「帝都物語」のミニチュアについて書きましたが、
今回はもう一つの展示物である「内引きミニチュアセット」について触れていこうと思います。

内引きミニチュアセットとは、
部屋の内部から外の情景を撮影するために使用されるミニチュアセットで、
窓の外を巨大な怪獣が歩くシーンなどの撮影に使用され、人間の目線から臨場感ある特撮シーンを撮ることができます。

例えば怪獣がビルを破壊するシーンを撮影する際に、手でビルをたたき壊しているカットの間に
部屋の窓から怪獣の手が突き破ってきて中の壁や柱が崩れていくというカットを挟むことで、
怪獣の破壊する様と人間の目線から見た迫りくる怪獣の手という臨場感を演出することができます。

その際も通常の壊れ用のビルの素材と同じように壁や柱などは石膏で作られ、
意図した壊れ方になるようカメラに写らない柱の裏側や壁の裏側に刻みをいれています。
壊れてほしい部分には石膏を使い、壊れにくい部分はベニヤを使うなどの使いわけもなされています。
通常ミニチュアの窓にはアクリルを使用しますが、このような壊れがはっきりと写ってしまうカットにおいては、
アメガラスを使用しています。アクリルの窓は破壊しても砕けずにそのまま窓枠と一緒に飛んでいってしまいますが、
アメガラスは刻みをいれなくても粉々になってくれるので、壊れをはっきりと見せたい場合には最適な手法となります。

近年では「ウルトラマンサーガ(2012)」でオフィスの内引きが使用されました。
冒頭ではダイナの登場シーンにて、町の中に現れたダイナがゆっくりと歩いてくる様子をオフィスのブラインド越しに映すカットで使用され、
終盤のサーガとゼットンの町の中での戦闘シーンでは、ゼットンが飛行し割れているビルの窓から風が吹き込みオフィスの机や椅子が
吹き飛ぶというシーンで使われています。
実はこの二つの内引きは、同じセットを机や椅子の色や部屋のレイアウト変え、
通常の窓ガラスと割れた窓ガラスの両方を用意し(こちらの窓ガラスはアクリルを使用)はめ替えることで全く別の部屋に見せています。
実は今回の展示で使用されているオフィスの内引きは、このウルトラマンサーガにて使用されたものをアレンジして展示しています。


今回の展示では、そんな内引きセットを使った撮影ステージが設けられています。
セットの中の部屋飾りも撮影に映えるよう細かく作り込んでいますので、
よりミニチュア特撮の臨場感を体験できるようになっております。


展示期間も残りわずかとなりました。
皆様のご来場お待ちしております!

 
<『わくわく特撮ランド 特撮展』内引きミニチュアセットより>

広報 井上
http://www.marbling.net
コメント   トラックバック (1)

調布市文化会館たづくり『わくわく特撮ランド 特撮展』開催中!  ~『帝都物語』とマーブリング~

2013年08月12日 | 新着情報
今月3日から始まりました『わくわく特撮ランド 特撮展』、18日まで、「調布市文化会館たづくり」にて開催中です!
http://www.city.chofu.tokyo.jp/www/contents/1375357573755/index.html

会場にはウルトラマン、ゴジラ、ガメラから宇宙戦艦ヤマトまで幅広い世代に向けた展示品が並ぶ中、
『帝都物語(1988)』の展示スペースも設けられています。この作品にも特撮技術がふんだんに使用されており、
ミニチュアの力が最大限に発揮された作品の一つです。
作中で使用されたミニチュアの多くは当時弊社で製作を担当しており、非常に関わりの深い作品となりました。

多くの特撮シーンが登場しますが、その中でも印象的なものとしてはまず冒頭の丘のシーンがあります。
鳥居のある丘の上での勝新太郎演じる渋沢栄一と陰陽師の背景に広がる街並みですが、
あれは等身大の丘のセットの向こうに実際にミニチュアセットを組んで撮影されています。
手前から約1/20、1/30、1/50スケールのミニチュアをレイアウトしていき、
丘の淵で縁を切ることで丘の下に暗雲に包まれた東京の町が地平の彼方まで拡がっているように見せています。
使用したミニチュアの数は100軒以上にものぼり、奥の方はベニヤで箱だけ組み、
屋根だけディティールを作りこんで数を稼いでいます。
丘のセットと合わせると18間×12間(約32m×21m)もの奥行きがあり、
当時「東洋一」と言われた東宝の第9スタジオが半分以上が埋まったそうです。
震災後の東京の街並は、そのミニチュアセットをそのまま使用し、
低い建物のみをはずし高い建物はそのままにして石膏ガラを巻くことで、
位置関係を正確に保ったまま荒廃した街並みを表現しています。

その他にも、12階建ての凌雲閣の頭部が地震で崩れるシーンも、
5~6mものミニチュアを少量の火薬と引っ張りにより壊し、当時の実際の地震による壊れ方を忠実に再現しています。

今回弊社は『帝都物語』展示スペースにある「渋沢邸パノラマ 再現ジオラマ」を製作させて頂きました。
本編で登場するこのジオラマも、当時弊社のデザイナーでウルトラマンティガやゼアスなどを手掛けた松原裕志、
平成ゴジラシリーズなどを手掛けた大澤哲三、後に数々の特撮作品を手掛けた二人が担当しており、
大映スタジオにて撮影が行われました。
シンプルな白模型に見えますが、カメラに写る部分は作り込みがなされ、
映像で観たときの模型のバランスが取られています。
渋沢邸での会合の際にパーツ毎に分割されて移動するシーンでは、黒バックにレールを敷き、
人力で引っ張って動かす仕掛けが施されていました。

作中には他にも様々な特撮が行われていますが、ぜひもう一度本編を観た後に展示をご覧頂けたらと思います!

 
<わくわく特撮ランド 特撮展 『帝都物語』展示スペース>


展示の中ではその他にも、エントランスロビーの「ガメラセット」、
展示室奥の「内引きミニチュア撮影ステージ」も担当させて頂きました。
そちらもまたブログにて紹介させて頂きます!

展示はまだまだ開催中です!
期間内には特撮に関する講演や上映会なども催されておりますので、
この機会をぜひお見逃しなく!


広報 井上
http://www.marbling.net/
コメント   トラックバック (1)