博多湾つれづれ紀行 益田啓一郎のブログ

博多湾に面した福岡市を拠点に、仕事にプライベートに活動する日々を綴ります。趣味の吉田初三郎話や郷土の旬ネタも満載!

「九州鉄道発祥地」記念碑、移設された場所は初代駅の外?

2018年08月25日 23時40分16秒 | 福博まちの記憶

少しだけ気になることを1つ。きれいに整備された出来町公園ですが、「九州鉄道発祥地」記念碑は現在のJR博多駅に近い公園南端に移設されてます。

手持ちの昭和5年の「博多駅」空撮写真に、碑がある場所を赤い丸で入れてみました。手前(写真下)が現在の博多駅に近い南側です。

Googleマップをみると記念碑の場所は整備前のまま。以前の位置なら問題なかったと思うのですが、土地区画整理事業の報告書をはじめ、古い博多部の地図などをみればみるほど、現在碑がある場所は「旧博多駅の構内=発祥地」とは言えない場所だったりします。上の写真を解説すると、構内というより、貨物持ち込みの出入り口だった場所です。

上の図は「博多駅65年史」掲載の開設当初の配置図。鉄道施設の大半は北側に集中。開設当時、駅の南側は藩政時代からの「房州堀」が遺っていたそうです(明治末に埋め立て道路化)。出来町公園を観察していただければ分かりますが、南北わずか100mほどの幅に1.5〜2mもの高低差があり、南側が堀跡&湿地帯だということも理解できます。

上の図では現在碑がある場所は、転車台の右下ということになるのでしょうか。いずれにしても、なぜこんな端っこに移設したのか謎です。まさか、現在の博多駅に近い方が良いだろうとか?

上の図は「博多駅地区区画整理史」に掲載の街路図です。昭和38年、区画整理後の道路がオレンジ色で示され、その下にみえる公園南側の道路も拡幅しまっすぐに付け替えられていることがわかります。碑を移した場所は、ひいき目にみても旧構内と旧道路の境目ですね。

個人的には、初代博多駅の1番線レール起点があった場所こそ、記念碑を建てる場所に相応しいと思うのは私だけでしょうか…。起点のあった場所は隣接するビルの一角だと思われ、となるとそれに近い公園北側が移設場所としては妥当だったかも。入念に練られた結果で移設されたんなら納得です(私の理解不足であることを願います)が、何も考えてなかったのであれば残念です。

とりあえず、観光拠点施設が整備されるそうですので「九州鉄道発祥地」碑も今まで以上に脚光をあびることでしょうし、その際「発祥地のそば」の碑というのも案内人ネタとしては重宝するかも(笑)。

 

ふくおか喫茶店文化史(1)マッチラベルと広告

新刊Vol,21「にしてつ電車の四季」Vol.22「西鉄8000形」フォトブックシリーズ全22冊

にしてつWebミュージアム(企画構成を担当)

アーカイブ画像ライブラリー(アンティーク絵葉書に観る懐かしの風景・町並みアーカイブス)

KBC「栄光の西鉄ライオンズ」DVD紹介の特設ページ(企画構成・台本・監修を担当)


人気ブログランキングへ

「伝説の西鉄ライオンズ」筆者の直販サイト

北島寛「街角の記憶~昭和30年代の福岡・博多」

美しき九州~「大正広重」吉田初三郎の世界

※掲載している文章・写真画像の無断転載・使用はご遠慮ください。

ジャンル:
文化
この記事についてブログを書く
« 「懐かしの遊園地展」パネル... | トップ | 郷里の偉人・小今井潤治翁を... »
最近の画像もっと見る

福博まちの記憶」カテゴリの最新記事