博多湾つれづれ紀行 益田啓一郎のブログ

博多湾に面した福岡市を拠点に、仕事にプライベートに活動する日々を綴ります。趣味の吉田初三郎話や郷土の旬ネタも満載!

2018年12月に閉店した博多駅前4丁目の喫茶店「アビーロード」

2019年01月01日 19時25分06秒 | 福博まちの記憶

2018年12月22日で閉店した博多駅前4丁目の喫茶店「アビーロード」は、仲良し姉妹で経営するビートルズの曲オンリーがBGMのお店でした。

お店の常連だったご主人が、ビートルズ・マニアだった前オーナーから「お店譲るけど、やってみない?」と店をまるごと譲られて17年続けたそうで、テーブル席の一角はビートルズの聖地「キャバーンクラブ」をイメージしたかのようなレンガ組みの風情ある空間になっていました。このお店、今では珍しいマッチが最後まで置いてあったのも特筆。

12月に入ってから告知が出て、可能な限り立ち寄りお話を伺いました。

界隈の喫茶店は最近次々と閉店、私は前身の喫茶「スカイ」さんの頃も時々立ち寄っていたことを思い出します。

店名が「アビーロード」になったのがちょうど私が独立した2000年頃、そのせいか他のお店以上にショック&残念な思いが募ります。

最終日も伺い、最後の食事&珈琲タイム。土曜日ということもあって、常連さんが集まり和やかな雰囲気…。

後継テナントは大家さんの方針で、どうやら普通の事務所になるようです。居抜きで後継喫茶を期待してましたが残念。17年間お疲れ様でした。


LOVE FM 76.1MHz 新番組「JAL九州歴史ロマン街道」出演中!

ふくおか喫茶店文化史(1)マッチラベルと広告

新刊Vol,21「にしてつ電車の四季」Vol.22「西鉄8000形」フォトブックシリーズ全22冊

にしてつWebミュージアム(企画構成を担当)

アーカイブ画像ライブラリー(アンティーク絵葉書に観る懐かしの風景・町並みアーカイブス)

KBC「栄光の西鉄ライオンズ」DVD紹介の特設ページ(企画構成・台本・監修を担当)


人気ブログランキングへ

「伝説の西鉄ライオンズ」筆者の直販サイト

北島寛「街角の記憶~昭和30年代の福岡・博多」

美しき九州~「大正広重」吉田初三郎の世界

※掲載している文章・写真画像の無断転載・使用はご遠慮ください。

ジャンル:
文化
この記事についてブログを書く
« 福岡ビル地下の老舗喫茶店「E... | トップ | ハートがカワイイ?福岡市の... »
最近の画像もっと見る

福博まちの記憶」カテゴリの最新記事