博多湾つれづれ紀行 益田啓一郎のブログ

博多湾に面した福岡市を拠点に、仕事にプライベートに活動する日々を綴ります。趣味の吉田初三郎話や郷土の旬ネタも満載!

福岡ビル地下の老舗喫茶店「EST(エスト)」閉店

2019年01月01日 18時13分14秒 | 福博まちの記憶

年の瀬迫った12月27日の朝、西日本新聞さんから電話いただいてビックリ。福岡ビル地下の老舗喫茶店「EST(エスト)」さんが12月28日で急遽閉店(25日告知)との事でした。

・老舗喫茶店、半世紀超の歴史に幕 親子3代の利用客も 惜しむ声 福岡(西日本新聞社)

2019年3月末で福岡ビルは再開発で全館退店することは分かっているのですが、その前の週もESTさんで2度ランチ食べて告知がなかったので少し油断してました。

閉館までに「さよなら福岡ビル」で記念フォトブックを作成予定なので取材要。という訳で、この日は予定変更して急遽ランチを食べにESTさんへ。

この落ち着いた空間がお気に入りでよく通いました。食後のコーヒーも味わっていただきました。

ESTさんは福岡ビル開業時からの名店(1962年の開店時は西中洲のバー「みつばち」の姉妹店、昼は喫茶で夜はバーとなる「エスト・サントリー」)、経営者は次々変わったものの福岡ビル57年の歴史と共にあったお店でした。

上の写真は、1964年発行の観光ガイド本「博多の昼と夜」掲載の「エスト・サントリー」時代の写真。隣の「華」さんも経営は同じ方なので同時に閉店。この場所にかつてあった喫茶「門」は、西鉄ライオンズ初期のエースで監督も務めた川崎徳次さんがオーナーだったそうです。長い間、ほんとにお疲れ様でした。


LOVE FM 76.1MHz 新番組「JAL九州歴史ロマン街道」出演中!

ふくおか喫茶店文化史(1)マッチラベルと広告

新刊Vol,21「にしてつ電車の四季」Vol.22「西鉄8000形」フォトブックシリーズ全22冊

にしてつWebミュージアム(企画構成を担当)

アーカイブ画像ライブラリー(アンティーク絵葉書に観る懐かしの風景・町並みアーカイブス)

KBC「栄光の西鉄ライオンズ」DVD紹介の特設ページ(企画構成・台本・監修を担当)


人気ブログランキングへ

「伝説の西鉄ライオンズ」筆者の直販サイト

北島寛「街角の記憶~昭和30年代の福岡・博多」

美しき九州~「大正広重」吉田初三郎の世界

※掲載している文章・写真画像の無断転載・使用はご遠慮ください。

ジャンル:
文化
この記事についてブログを書く
« 西日本鉄道創立110周年記念誌... | トップ | 2018年12月に閉店した博多駅... »
最近の画像もっと見る

福博まちの記憶」カテゴリの最新記事