博多湾つれづれ紀行 益田啓一郎のブログ

博多湾に面した福岡市を拠点に、仕事にプライベートに活動する日々を綴ります。趣味の吉田初三郎話や郷土の旬ネタも満載!

のど飴ワンダーランド

2010年04月28日 22時14分52秒 | 福博まちの記憶
 今月初め、花粉症時期の末期で辛い日々が続いた。のど飴が底をつき、久々に近所の某100円ショップに車で出掛けた。ここで売っている大阪屋製菓の「大根しょうがのど飴」がお気に入りで、いつもこれを買いに行く。他のお店では見かけたことがない。

 のど飴のコーナーを覗くと、商品が以前より充実していた。冬のショウガブームを反映してか、しょうがのど飴が何種類も出ていた。ふとその横の棚を見ると醤油の飴がいくつも並んでいる。扇雀飴本舗の「ヒガシマルと扇雀飴の醤油のど飴~うすくち醤油にハーブ」、地元・筑豊製菓の「味わい物語 醤油飴」、それにしょうがのど飴を数種衝動買い!

 個人的にあめ玉にはこだわりがある。母の姉が嫁いだのが「宇佐玉」で知られる宇佐神宮そばにある中島製菓なので、小さい頃からあめ玉には不自由しなかった。飴はもらうもの的な感覚も持っていたが、ここのイチオシは今も昔と変わらぬ味の「ニッケ玉」だ。これが作りたてでなく少々糖分が上面に浮いてきた頃のニッケの味が好きである。福岡に住むようになってから、こちらのスーパーにも並んでいるので少々驚いた。

 福岡にいても、黒門飴などの飴屋さんや、綱場町の「ばんぎや」さんなどはいつも気になってお店に立ち寄る。ばんぎやさんの「献上 しょうが・ニッケ」は大好物。事務所で打ち合わせの際にお客さんに出すことも多い。ここ10年で、まちに古くからある小さな和菓子屋さんや饅頭屋さんは次々に閉店した。後継者不足や競合激化で小さなお店はどこも苦しい。昨今のデフレからの脱却には、安物買い一辺倒を少しでもセーブしなければならない。一軒でも多く、永くお店を続けてほしいなと思い、できるだけこういうお店に立ち寄るようにしている。

今日の写真は、昭和40年前後の西公園よりの光景。
昨年、ドラマ「わが家の歴史」ロケ前(ロケハン時)に、福岡らしい景観の中で高台から福博のまちの復興ぶりを見下ろす場所は?との問い合わせに提供した写真の1枚。当初は愛宕神社(愛宕山)からの想定だったようだが、西公園に変更していただけた。空襲のシーンとプロポーズのシーンに登場。

ツイッターのブログ
フォトブックシリーズ解説・通販
福岡市内線の思い出ブログ
写真集「西鉄ライオンズとその時代」
美しき九州「大正広重」吉田初三郎の世界 九州・初三郎研究会
アンティーク絵葉書に観る懐かしの風景・町並み
ギンギラ太陽's
冷泉のあゆみ1945~2007まちづくり戦後史
鳥瞰図絵師・前田虹映
オールド地図鳥瞰図コレクション・吉田初三郎ほか
ジャンル:
文化
この記事についてブログを書く
« 楽しみなドラマと北九州線の話 | トップ | 博多町家寄進高灯籠 »
最近の画像もっと見る

福博まちの記憶」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事