mumble mumble

東京からマレーシアペナン島→また東京に戻りました

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Hawaii Day6

2018-01-22 | 旅行
6日目。
いよいよハワイラストデー(T ^ T)

今朝はワイキキビーチのマックで
朝ごはん。

ビーチが見える外席もあるし、行列もできていないので、なかなかよい。
隣のホテルが工事中で、この写真の景観としてはよくないが。
ちなみにこの工事中のホテルにトイレを借りに行ったけど、お洒落で素敵なホテルだった。工事完了はいつだろう。楽しみ。

9:00に車を借りて、今日はノースショアまで行ってみる。
ドールプランテーションに寄ろうかとも思ったけど、子供たちは海で泳ぎたがっているので、スルーする。
北の海が見えて来た!
まずはハレイワの街を目指す。
ハレイワは、小さなお店が点在。

走っていると、ホームセンターを発見。
ダンナお気に入りのACE。
これは寄るしかないということで、寄る。

女性陣は向かいにある雑貨屋を物色。
何気なく寄ったこの店が思いのほかよくて、ピアスやオーナメント、コーヒーなどをウキウキに購入。

では海に向かおう。
お目当てはここ。
タイドプール&シャークスコーブ。
冬場は波が高くて、シュノーケリングできないかもしれないと半分諦めていたけど、
とってもいいところでした。
タイドプールというだけあって、潮だまりになっていて、透明度も高いので8歳の娘も相当楽しめた。
私が足を入れてみたらこんな透明度。

お魚もたくさんいたそうだ。
岩場だと覚悟していたのに、思いのほか砂のビーチあり。
ただ、時々高い波が来ると、上の写真のように岩場の向こう側から入ってくる。やはり冬場は注意が必要かもしれない。

よーく遊んだ後はお腹が空く。
ハレイワまで戻って、名物のガーリックシュリンプを目指す。
ガイドブックに載っていたGiovanni's Aloha Shrimpに到着。
長蛇の列!しかも全然進まない。
この人数待つ自信は全くないので、潔くシュリンプを諦めて、私はクレープ屋へ。
なんてかわいい店構え😍
メニューを見てみると、かわいいだけではなく、グルテンフリーやベジタリアンにも対応している。
私が頼んだのはガレット。
チーズにトマト、アボカド。ほうれん草もトッピングしてくれる。
美味しい。

息子たちはハンバーガーがいいと言うので、
こちらのこだわりハンバーガー屋へ。肉や焼き方へのこだわりを感じさせる。美味しい。
かぶりつく息子。
ダンナはホットドッグ。
飲み物を買うのを忘れた。
お洒落な店が見えたので、行ってみる。
スムージーやフラッペが人気のようだけど、私はレモネードにする。
誘惑に負けて、名物アサイーボウルも注文する。
紙皿だけど、かわいい😍
大満足なハレイワを後にして、お次は東のカイルアへ向かう。
ちなみに、私たちは昼過ぎに南下して帰ったけど、北上する反対車線はものすごい渋滞。ノースショアに行くなら、朝から行くべし。知らずに朝から行ったけど、よかったー。


山やトンネルを抜けて
カイルアへ。
天国のビーチ、ラニカイビーチに向
かう。
駐車場はないので、路駐する。
邸宅を拝見しながら住宅街を歩き、ビーチへ。

子供たちはタイドプールで泳ぎ過ぎて、泳ぐのはもういいらしい。
穴を掘ったり
棒で線を描いたりして遊んだ。
夕方だったので、海風が寒かったが、
綺麗な海だった。

カイルアの街へ行ってみる。
名所のように目立つ店。
カラパワイマーケット。
早速入ってみる。
なんでも売ってる。
レトロな店内。レジはこんな感じ。
店構えが絵になるので、写真を撮りまくる。

夕飯はお目当てのメキシカン、カクタス。
予約でうまっている感じだったが、早い時間だったので入れてもらえた。
明るく綺麗な店内。
テラス席もある。
タコスを2種類。

これはマグロのステーキ。
周りのカレーがこれまた美味。
ペナンのフィッシュヘッドカレーを思い出す味。
美味しい店です!

早めにワイキキに戻ったので、最後の夜だし、買い残しのないようにワイキキの街へ出る。
ホテルの裏に気になるエリアがあったので行ってみる。
入り口にはこんな土産屋と人形。
アメリカンアンティークショップを覗いてみたり。

そんなことをしているうちに、エリア入り口に人だかりができている。
何だろう?と近づいてみると、スプレーアート実演中だった。
スプレーで何層もインクを重ね、フォークやヘラで削って線を描いていく。
ハワイの美しい景色をスプレーだけで描くのだ。
子供たちも興味深々で、小一時間ほど見学。芸術魂が疼くようです。笑
息子的には、今回のハワイ旅行で楽しかったことベスト3に入る体験だったそうだ。

最後の夜、満喫して、明日日本に帰ります…。
コメント