たのしい万葉集 時待ちて降れるしぐれの雨やみぬ・・・

2019-10-26 18:40:35 | 総合インデックス
こんにちは。
水害のニュースに接する度に、水の恐ろしさと有難さを思い知らされます。
被害に遭われた方々が一日も早く元の生活に戻られることを祈ります。

[ 自然を詠んだ歌 ] の [ 雨(あめ) ]を更新しました。

1551: 時待ちて降れるしぐれの雨やみぬ明けむ朝か山のもみたむ
市原王(いちはらのおおきみ)が詠んだ、雨と黄葉の歌です。


今週も たのしい万葉集 をよろしくお願いいたします。

//きょう
コメント   この記事についてブログを書く
« たのしい万葉集 黄葉を詠ん... | トップ | たのしい万葉集 婦負の野の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

総合インデックス」カテゴリの最新記事