たのしい万葉集 たらちねの母がそのなる桑すらに・・・

2021-05-01 09:57:54 | 総合インデックス
こんにちは。

5月1日は八十八夜です。
昔から八十八夜に摘まれた新茶は体に良いといわれています。
(緑茶はカテキン、テアニン、ミネラルなどの効能が知られていますね)
日本にお茶がもたらされたのは平安初期らしいのですが、もう少し早ければ、
万葉集にもお茶を詠んだ歌が載っていたかもしれませんね。

万葉集の草花 Flowers桑(くわ) Kuwa(Mulberry) を更新しました。


1357: たらちねの母がそのなる桑すらに願へば衣に着るといふものを
桑を詠んではいますが、作者の叶わぬ願いを込めた歌ですね。

今週も 「たのしい万葉集」 をよろしくお願いいたします。


//きょう
コメント   この記事についてブログを書く
« たのしい万葉集 橡の衣は人... | トップ | たのしい万葉集 早来ても見... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

総合インデックス」カテゴリの最新記事