たのしい万葉集 大君の遠の朝廷と思へれど・・・

2020-01-04 15:01:13 | 総合インデックス
あけましておめでとうございます。
比較的暖かいお正月を迎えました。
6日は二十四節気の小寒(しょうかん)で、これから益々寒くなりますね。

[ 万葉集ミニ辞典 ] の [ 遣新羅使(けんしらぎし) ]を更新しました。


3668: 大君の遠の朝廷と思へれど日長くしあれば恋ひにけるかも
天平8年(西暦736年)に新羅(しらぎ)に遣わされた人たち(遣新羅使(けんしらぎし))が
韓亭(からとまり:現在の福岡県福岡市西区唐泊あたり)に停泊したときに詠んだ歌6首のひとつです。


今年も たのしい万葉集 をよろしくお願いいたします。

//きょう
コメント   この記事についてブログを書く
« たのしい万葉集 月数めばい... | トップ | たのしい万葉集 うち靡く春... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

総合インデックス」カテゴリの最新記事