たのしい万葉集 天飛ぶや鳥にもがもや都まで・・・

2019-11-16 16:35:40 | 総合インデックス
こんにちは。
街路樹も色づいてきて、すっかり秋らしくなってきました。
紅葉狩りに出かけてみたいですね。
ただ、インフルエンザが流行っているようなので気をつけましょう。
ワクチンは早めに。

[ 生き物を詠んだ歌 ] の [ 鳥を詠んだ歌 ]の[ 鳥(なんの鳥か不明) ]を更新しました。

4058: 天飛ぶや鳥にもがもや都まで送りまをして飛び帰るもの
大宰師(だざいのそち)だった大伴旅人(おおとものたびと)が任期を終えて奈良の都へ帰るときの宴席で山上憶良(やまのうえのおくら)が詠んだ四首の歌のうちのひとつです。


今週も たのしい万葉集 をよろしくお願いいたします。

//きょう
コメント   この記事についてブログを書く
« たのしい万葉集 橘のとをの... | トップ | たのしい万葉集 海原に霞た... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

総合インデックス」カテゴリの最新記事