風の向くまま、気の向くまま

人生楽しく行こうじゃないか、山よりデッカイ獅子は出ん、何事にも挑戦するぞ!

街角の彫刻めぐり(その8)

2006-03-21 10:20:27 | 芸術・趣味・特技

作品名 : 吟遊詩人のセレナード
作   者 : 山本  信

カラータイルをモザイク風に貼り付けた作品で
カラフルで、見ていて楽しく、印象に残る作品です。

広辞苑によると、吟遊詩人とは「中世フランスの抒情詩人の一派で
各地を旅行し、自作の詩を吟誦・朗読をしたもの」とあります。

一方、この頃の日本は、鎌倉幕府の成立から19世紀半ばの江戸
幕府の滅亡の時期に当たりますが

この彫刻を見ていると、当時の西洋と東洋の文化の相違が分かる
ような気がします。

ジャンル:
芸術
コメント   この記事についてブログを書く
« 街角の彫刻めぐり(その7) | トップ | 街角の彫刻めぐり(その9) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

芸術・趣味・特技」カテゴリの最新記事