咲いた万歩

さいたま市在住。 デジカメ片手に、四季折々の花木草を眺めつつ、 万歩ウォーキングで健康な日々。

桜区田島氷川公園の北を流れる鴻沼川

2019年01月13日 | 日記
2018年11月10日ブログで私はこのような道筋を綴った。
田島氷川社付近を明治13年の迅速測図で見る。ほぼ中央に氷川社が表示されており、近くを流れる鴻沼川が青で描かれている。
迅速測図のこの道(赤)は現在地図(ヤフー)のこの道と概ね重なるのではないかと思う。
迅速測図に描かれた鴻沼川を青でペイントする。氷川社は鴻沼川の右岸にある。
現在は鴻沼川の左岸に氷川社がある。

昭和23年の空中写真で氷川社付近を見る。
鴻沼川を青で示す
現在のこの地図に鴻沼川旧流路を描くとこのようになると思う。
昭和23年の空中写真に現在の流路を描くとこのようになると思う。
田島氷川公園は旧鴻沼川が改修(直線化)されたことによって出来たスペースに造られたものだと思う。

田島氷川公園のこの池は鴻沼川の旧流路をイメージしたものだと思う。
2018年11月10日ブログで池に架かる橋を見た。一般の橋と赤い橋(神橋)が架かっている。
神社側から見ると参道の延長線上にあるのは赤い橋のようである。
昭和23年の空中写真には参道の延長線上に鴻沼川旧流路に架かる橋が見える。

2018年11月10日ブログで私は鴻沼川に架かる青い橋を渡った。
橋の上で下流を見た。

この橋を現在の地図茶色で示す。
昭和23年空中写真にそこを示すとこのあたり(茶色)だと思う。
改修前の鴻沼川はこの橋の西を南から北へ流れていた。
現在の地図に改修前の鴻沼川の流路(田島氷川公園の下流)を描くとこのよう(青)になると思う。
2018年11月10日ブログで歩いた鴻沼緑道は改修前の鴻沼川の跡だと思う。

昭和41年改44年修の地図で田島氷川公園付近の鴻沼川(青)を見る。
鴻沼川は改修されている。
昭和36年の空中写真を見ると鴻沼川の流路は蛇行している。
次に昭和39年5月の空中写真を見る。
田島氷川公園の北から下流方面は新流路が開削されている。
蛇行した流路が直線的な流路に改修された時期は昭和40年頃だと思われる。

昭和39年空中写真を縮小して西を見ると工場のような建物(赤丸)が見える。
昭和36年空中写真のこのあたり(赤丸)だと思う。
昭和55年の地図に浜野繊維と表示されているところがそこだと思う。
『散歩』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 西区指扇領辻~宝来~指扇駅北口 | トップ | 大宮駅西口近くの北方面を歩... »

コメントを投稿