gooブログはじめました!

真野寺の行事や季節の花等についてお知らせします。

花だより(4月29日)

2019-04-29 10:40:19 | 日記

 

伝説の花、「フタリシズカ」(静御前の霊とその霊にとりつかれた菜摘女が舞を舞う姿にこのはなを見立てて名付けたといわれています。)が白い花穂を咲かせました。

 

ツツジは、七分~八分咲くらいになりました。新緑の黄緑i色の中にピンク、オレンジ、白、赤のツツジや春の花々が境内を彩ります。

 

【真っ赤なツツジ】

 

【白いツツジ】

【オオムラサキ】

【オレンジのツツジ】

 

【祈祷所とツツジ】

 

【鐘楼堂とツツジ】

 

【春の花々】

コテマリ

 

バラ

 

クリスマスローズ

 

パンジー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フタリシズカ

 

コメント

春の花々(4月23日)

2019-04-23 15:43:50 | 日記

境内の木々は、柔らかい新緑の葉に被われ、春の花々が咲き始める季節になりました。ヤエザクラ、イチハツ、濃い紫のスミレ、シャスターデージー、シャガ、シラン等。200 ~300株ほどのツツジも色とりどりの花を咲かせはじめました。5月の連休には、見ごろになることでしょう。

【ピンクの八重桜】

 

【八重桜と観音堂】

 

 

【薄ピンクの八重桜】

 

 

【新四国八十八ヶ所霊場の八重桜】

 

 

【ツツジと観音堂】

 

 

 【観音堂裏山のツツジ】
 
 
 

【春の花々】

 

イチハツ

シャガ

 

シャスターデージー

 

 

スミレ

 

この他、エビネ、クリスマスローズ、パンジー等次々と花を咲かせています。フタリシズカは、あと1週間ほどで白い花を咲かせることでしょう。

 

コメント

桜だより(4月8日)

2019-04-07 19:19:28 | 日記

祈祷所庭のソメイヨシノは、風がふくと、桜吹雪が舞っていました。庭は、花びらが落ちてピンク色になりました。境内を囲む山々の桜は、かなり散ってしまいましたが、祈祷所の山門の下を六地蔵に向かって歩いていくと、早くもヤエザクラが開花し、阿弥陀如来のそばのイチハツがもう花を咲かせていました。

【祈祷所庭のソメイヨシノ】

 

 

【樹齢135年ほどのソメイヨシノの大木】

 

 

【上の畑のソメイヨシノ】

 

 

【祈祷所山門の下のヤエザクラ】

 

 

【阿弥陀如来の近くのイチハツの花】

 

真野寺桜祭り

3月下旬~4月上旬

*甘茶無料サービス

3月30日頃~4月8日まで

*護摩祈祷

4月6日(土)11時より

商売繁盛、家内安全、身体健全、厄難消除、病気平癒、海上安全、大漁満足、所願成就等

宝槌、柳守り等も授与しております。

*灌仏会(花まつり)

4月8日(月)9時より

 

花祭りとは、お釈迦様の生誕をお祝いする仏教行事です。花御堂の中に幼仏像がお祀りしてあります。花御堂とは、釈迦が生まれたところルンピニ園の花園を表しています。甘茶は、釈迦が生まれた直後に周囲を見渡し七歩歩いて右手で天をさし、左手を大地に向けて「天上天下唯我独尊」と言った時、天竜が天から下って甘い露を注いだという説話が元になっています。「天上天下唯我独尊」は、人間一人一人が宇宙にただ一つしかない命をいただいている尊い存在だという意味です。4月8日が命について考える良い機会になるよう願っています。参拝者の皆様も、「ナムシャカニブツ」と称えながら、誕生仏に甘茶をかけて合掌し、お釈迦様の誕生をお祝いしましょう。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

桜だより(4月4日)

2019-04-04 13:29:29 | 日記

 

祈祷所庭のソメイヨシノがほぼ満開になりました。境内を囲む山々では、ソメイヨシノが満開です。花びらがひらりひらりと風に舞いながら静かに落ちていきます。

【祈祷所庭のソメイヨシノ】

 

 

【祈祷所から見たソメイヨシノ】

 

 

 【奥の駐車場のアブラナとソメイヨシノ】

 

 

【奥の駐車場のソメイヨシノ】

 

 

【新四国八十八か所霊場から見た鐘楼堂】

 

【新四国八十八か所霊場から見た観音堂】

 

【展望台から見たソメイヨシノ】

 

  

 

 

真野寺桜祭り

3月下旬~4月上旬

*甘茶無料サービス

3月30日頃~4月8日まで

*護摩祈祷

4月6日(土)11時より

商売繁盛、家内安全、身体健全、厄難消除、病気平癒、海上安全、大漁満足、所願成就等

宝槌、柳守り等も授与しております。

*灌仏会(花まつり)

4月8日(月)9時より

 

花祭りとは、お釈迦様の生誕をお祝いする仏教行事です。花御堂の中に幼仏像がお祀りしてあります。花御堂とは、釈迦が生まれたところルンピニ園の花園を表しています。甘茶は、釈迦が生まれた直後に周囲を見渡し七歩歩いて右手で天をさし、左手を大地に向けて「天上天下唯我独尊」と言った時、天竜が天から下って甘い露を注いだという説話が元になっています。「天上天下唯我独尊」は、人間一人一人が宇宙にただ一つしかない命をいただいている尊い存在だという意味です。4月8日が命について考える良い機会になるよう願っています。参拝者の皆様も、「ナムシャカニブツ」と称えながら、誕生仏に甘茶をかけて合掌し、お釈迦様の誕生をお祝いしましょう。 

 

 

コメント

桜だより(3月30日)

2019-03-30 14:19:33 | 日記

祈祷所の樹齢140年ほどのソメイヨシノは、三分咲ほどです。境内を囲む山々の桜(ソメイヨシノ)は、五分咲ほどになりました。観音堂の庭のヤマザクラ、エドヒガンは散り始めています。

 

【 祈祷所門前のソメイヨシノと椿(南蛮紅)  】

 

 

【祈祷所から見た桜】

 

 

【奥の駐車場のアブラナと桜】

 

 

【新四国88か所お砂踏み霊場から見た桜】

 

 

 

【展望フロアから見たソメイヨシノ】

 

 

【散り始めた観音堂庭のヤマザクラ】

 

真野寺桜祭り

3月下旬~4月上旬

*甘茶無料サービス

3月30日頃~4月8日まで

*護摩祈祷

4月6日(土)11時より

商売繁盛、家内安全、身体健全、厄難消除、病気平癒、海上安全、大漁満足、所願成就等

宝槌、柳守り等も授与しております。

*灌仏会(花まつり)

4月8日(月)9時より

 

花祭りとは、お釈迦様の生誕をお祝いする仏教行事です。花御堂の中に幼仏像がお祀りしてあります。花御堂とは、釈迦が生まれたところルンピニ園の花園を表しています。甘茶は、釈迦が生まれた直後に周囲を見渡し七歩歩いて右手で天をさし、左手を大地に向けて「天上天下唯我独尊」と言った時、天竜が天から下って甘い露を注いだという説話が元になっています。「天上天下唯我独尊」は、人間一人一人が宇宙にただ一つしかない命をいただいている尊い存在だという意味です。4月8日が命について考える良い機会になるよう願っています。参拝者の皆様も、「ナムシャカニブツ」と称えながら、誕生仏に甘茶をかけて合掌し、お釈迦様の誕生をお祝いしましょう。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

コメント