井沢満ブログ

後進に伝えたい技術論もないわけではなく、「井沢満の脚本講座」をたまに、後はのんびりよしなしごとを綴って行きます。

大沢樹生くんとその「お子さん」のこと

2014-01-09 | 日記

思っていたより、世間の関心が高いらしく、大したこと書いているわけでもない
私のブログにも大勢アクセスがあるようだ。

樹生ちゃん側と喜多嶋さんがわと、双方のお話しを伺ったわけではないので、
その点では中立ではあり得ないので、極力控えめに私の知っている限りのことで、表に出していいことだけを書いているつもりなのだが・・・・。

温かなコメントばかりを頂戴して、微力だがエールを送った甲斐があった。感謝したい。中には鋭く真相を見ぬいた方もいらっしゃり、驚いた。
勘の良い方というのは、いらっしゃるものだ。

過去記事を見てみたら複数回書いてあるので、大した内容ではないのだが、
気にかかっていたのだろう。旧い順番に並べておく。

http://blog.goo.ne.jp/mannizawa/e/4580e17d9eac9688902df882c085dc2f

http://blog.goo.ne.jp/mannizawa/e/2d0ae197f9df6aff470a7b62e91b52fe

http://blog.goo.ne.jp/mannizawa/e/c69f62ab55323b1a48daec32ef325c69

http://blog.goo.ne.jp/mannizawa/e/07bbc94ab58c3970cb1f37d94befa126

これもご縁、なのだろうか。樹生ちゃんとは光GENJI時代からの付き合いで(それほど密というわけでもなく、つかず離れずだが、二人で小旅行に出かけたり、飲んだりしたことがある程度には親しい)、作品は鈴木京香ちゃん(と彼女もこう呼んでいたので、そのまま)のデビュー作となった朝のテレビ小説にレギュラーで出てもらったのと、あと「外科医有森冴子」の悪役(秀逸だった)で、出演してもらったことがある。

喜多嶋舞さんには「母たることは地獄のごとく」というエリザベスサンダースホームの澤田美喜さんを描いたドラマに出ていただいた。(ご本人には、お会いしたことがない)

喜多嶋さんのお母様でいらっしゃる内藤洋子さんは、世田谷の住宅街でお見かけしたことがある。まだお若い頃である。

「命」という最近のドラマ作品で賞を得て、その受賞式に出る道すがら、樹生とぱったり出くわしたのが、ついこの間のことで、その時は、まだ騒ぎは起こっていなかった。

マスクをした男が「マンさん!」と声をかけて来て、見たら男がマスクを取り、それが樹生だった。見た瞬間、おー、しばらく見ない間に良い表情の男になったなあ、と思い、色々つらいことを乗り越えて今の表情になったのだろうという意味のことを、その時のブログには書いたが、むろんこの時の私はDNA鑑定の事は知らなかったわけであるが、物書き的直感は当たっていたわけである。
その時のブログを読んだ彼から、お礼のメールが携帯に入っていた。
そういう律儀な温かいハートの男である。

時系列からして彼なりに、吹っ切れ始めていた時期だったのだと思う。
そのまま何事も無く進めばよかったのだが、週刊誌の気づくところになり
訪ねて来て、その時はとぼけてスルーしたものの、次に来た時は
「そこまで!?」と彼がたじろぐほど、詳細を週刊誌記者が調べあげていて、
だったら、推測で書かれるより自分で語ろうと、取材に応じたのが発端で、
ついに(不本意な)記者会見になったわけである。

彼から口を開いたわけではない。彼がおおやけに語ったそのことじたいを
批判する向きもあるようだが、話したくて話したわけではない。
彼が一点の真相に相手をかばって、口をつぐんでいるので、
誤解も仕方がないといえば仕方がないのだが、そこだけは
解って上げて欲しい。

それと喜多嶋さんが、16歳の子をマスコミが表に出して、と
憤りを示していらしたが、結局祖父を立会にその子がインタビューを
受けている事実を考えて欲しい。
私の中ではある状況が想定されるが、推測なのでこれも遠慮する。

だが、樹生ちゃんが取材を受けた中で一言、おじいちゃんの言葉として
「君も大変だね」と言われて、ああ、そういうことか、と述べた。
「そういうこと」の意味も一般には伝わっていないと思う。
事情を知っている私は、彼とともに、ああそういうことか、と思った。
お相手の姿勢という意味で。
ショックだね、こちらもあまりのことに驚いている、でもなく、娘が迷惑をかけて申し訳ない、でもなく「大変だね」と第三者のいい方。そして、時間を指定して、彼に電話をかけさせたというのにも、いささか実は驚いた。あちらの、おじいちゃん、
おばあちゃんもある真実は知らないのだろうし、樹生ちゃんも告げていないのかもしれない。

しかし、これは彼にとって、幸いだったと思うが、ナマで比較的長くそのまま
オンエアされたことだ。彼の表情の変化から、感情が高まり絶句する
くだり・・・・とカメラはそのまま映し出し、彼が語らない背後の真実まで
人は感じ取ったと思う。

ただ編集された分はどうやら彼に不利なようで、気の毒である。
ナマをずっと視ていたコメンテーターでさえ、「DNAも絶対じゃない」と
言う始末で、私は驚いたが同じ席にいた医師にたしなめられ、
「お子さんを第一に」などと、そらぞらしいコメントに逃げていたが、
お子様第一は、第三者に無責任に言われるまでもなく、樹生がそういうふうに育ててきたのであって、それが今回の結末になったその苦しみを、
コメンテーターたちの方たちは思いやりもしないようだ。
自らの身に起こったとして考えてみればいい。それほど、
あなた方は聖人君子か、と言いたい。人ごとならいくらでも、きれいなことは
言える。
父一人子一人の暮らしをしばらく続け、育て上げ、やっと子供が間もなく
自立という時に自分の子ではないと突きつけられたとして、そこに
苦しみはないだろうか。
血縁があろうとなかろうと、絆はあるのだ。

鑑定書を見るその瞬間まで、実子と信じこんでいたのだから。

まだまだ誤解に取り囲まれているのだろうが、真実をそれとなく
察している人々もいる。新たな話題が浮上するまで、しばらく
悩まされるだろうが、やがて静かになる。
しのいで欲しいと思う。

自らを悪者にして、相手をかばい抜いた徳は天に積まれ、それはやがて
返ってくると信じたい。普通だったらぶちまける。そして、さらに泥仕合が始まる。
口をつぐみ続けた彼は賢明でもあった。

彼にも新たな家庭があるし、赤ちゃんも
間もなく迎えるようだ。幸せを祈る。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (59)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 再び大沢樹生くんのこと | トップ | 心はずまぬ都知事選 »
最近の画像もっと見る

59 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あたたかく見守りたい (ナデシコ)
2014-01-09 03:46:58
先生と同じ気持ちです。
幼い子どもとの二人暮らし、仕事をしながら大変な思いもされたと想像します。
大沢さんの行動で、すべてわかることです。わたしもエールをおくります。
日々の生活のなかでは、子どもと真剣に向き合うほど衝突しますから、我が家では夫婦けんかもいまだにやりますし、本当に何もかもイヤになり投げ出したくなることもあります。でも、そうしないのはもっと工夫したら幸せになれるかも?と思い直すから。やはり、子どものことが可愛いくて離れたくないから。

大沢さんの愛情をうけて育った子どもさんが幸せになれますように。大沢さんも幸せになれますように。お祈りしています。

先生、今年もブログ楽しみにしています。
父子家庭 (愛)
2014-01-09 09:55:20
(スミマセン先程送信したのですが上手くいったかわからないのと、書き直しもしたので先程のコメントは削除希望ですm(__)m)


私は父子で育って来ましたので大沢さんがどれだけ大変かよくわかります

私が産まれてすぐ離婚したため周りから聞いたり見ていた範囲ですが…
父は私のために都合のよい職場に転職しました
しかし母子家庭のように手当てが充実しておらず経済的に苦しい思いも母子家庭以上にしてきました

最初の何年間は自分の家にずっと落ちつくことが出来ず、その先その先の預け先でストレスがかかり私がだんだん病弱になり
医者から家を1つにしないとこの子の病気は治りませんよと言われたとのことです
それからは父が忙しいときは叔母さんに面倒を見てもらいました

我が家は裁判で親権が父になりましたが
そうなった理由は大沢さんとよく似た感じで母親が育てられない環境にあったようです
二十歳になるまで母親は子供に会ってはいけないという条件もついてもいました
母も事情もあると思いますが離婚してから一度も逢いに来てくれたことはありません
小学生の頃、母親の姉さんが夫婦で一度訪ね出来ました…小さい頃に預け先として私は姉夫婦のところにもいたそうですが
その時も一度も顔をみせなかったそうです

子供が出来なかった姉夫婦が私を引き取りたいとの申し出があり
父が断固拒みで上に書いた裁判決まった経緯があると聞いています

私は母の記憶もないし周囲から愛情をもって育てられたので恨んでいませんし あまり思い出すこともないのですが
井沢さんの何故大沢さんが親権を持って育てていたかというコメントを見て自分と大沢家が似てるとこもあるなと思い書いてみました
擁護になるかな?(^_^;)
無責任 (こーまま)
2014-01-09 13:46:28
今日の報道…喜多嶋さんのお父上は本来なら
大沢氏に謝るべきでしょう 地位も立場もある方のコメントとは思えません 自分なら後先考えず暴れますよあんなに
我慢している大沢氏に
たいし すまないの
気持ちもないのが
アメリカナイズですか?同じ日本人として親と
して限り無く はずかしい もっと潔くして
親だって間違ったら
子供に謝るのが当たり前先生のような方がいらして少し溜飲がさがりました あとは大沢氏の奮起を祈るだけです
Unknown (ゆかこ)
2014-01-09 13:58:22
私事で恐縮ですが、私と弟は小学生の時に両親が離婚し父に男手一つで育ててもらいました。
調停で親権は父親ということになったということから、察することもできるはずなのですが、母方の親族や友人は父に関しての誹謗ともとれる話を周囲に吹き込みました。
その話を信じた人もいたでしょう。けれども父は私達に愚痴ることなく、私達を育て上げました。
生真面目で融通がきかないと、父方の親族が集まると言われる父ですが、私は大好きです。
分かる人には分かるものです。
大沢さんが父とかぶります。
言わない強さは、身近にいるもの程感じ取ってくれると思います。
大沢さんやそのご家族が健やかに幸せになることを願います。
大沢さんの幸せを祈ります。 (Unknown)
2014-01-09 14:17:01
小さい子供を育てていますが、イヤイヤされたり、分からない行動にイライラすることが多々あります。勿論子供に当たる訳はなく、耐えますがストレスはたまります。
耐えられるのは、自分の子供だからです。
普通の子育てでも大変なのに、障害があったり軽い?非行にも対応して子育てするのはどれだけ大変なことか…頭が下がります。

これから待望の赤ちゃんが産まれる時期に大変辛い思いをされていると思います。どうか大沢さんが幸せになれますように。
これから産まれる第一子の為にも、戸籍を訂正できますように。微力ながら祈らせて頂きたい
皆様 (井沢満)
2014-01-09 17:13:21
あたたかなお言葉に本当にホッとしています。
それほどテレビのコメンテーターに酷いのが
いるので・・・・・。
こちらにも、妙な書き込みがあるかな、と
覚悟していたのですが、一個もなし。

ありがたいです。

なんで離婚した時、通常は母方に親権が行き
育てるのに、大沢くん側がなんで父子家庭で
スタートしたかということ。

親権の移り先が母親ではなく、なぜ母方の祖父母
なのか、ということですね。

以下は想像でしかありませんが、お子さんの「虚言癖」は幼児期のトラウマ、心のよじれからではないかと思っています。よじれさせた原因が大沢くんにあれば、引き取って育てる状況にはならないでしょう・・・
これに関しては想像ですけどね・・・・。
再び来ました (愛)
2014-01-09 20:19:57
井沢さんこんばんは

離婚するちょい前ですが息子さんが4歳くらいだったかと思います

その頃に喜多嶋さんが徹子の部屋に出ているのをテレビで見ました

うろ覚えですが確かアメリカでは小さいうちから1人部屋で寝るらしく
2、3歳の頃から1人で寝させて、例え怖い夢を見て泣いてもそのうち泣き止むのでそのまま1人で寝かせる
レストランなど行儀よくしてほしい場所では
他の小さい子が遊んでいてその子たちと同じように走り周りそうな時は

もうお兄ちゃんでしょ? と言うと子どもが一緒に遊びたいのを
グッとこらえて我慢するのでよく使っているというようなことを言っていたのを覚えています

ちょっと厳しく育てすぎでは?と思いましたが
アメリカではそう育てると言われたらそうなのかなと他にも子育てのことを話されていたのですが
この2つの話がとても印象に残っています
深い愛情 (のんた)
2014-01-09 20:52:38
はじめまして。
今回の一件で、樹生くんのブログを
初めてみることもあり、
初投稿から、2010年9月末まで
読み進めてみて思ったのは、
時折出てくる息子さんの話題と
保護者会などの学校行事などにも
忙しいなか、都合をつけては
キチンと出席なさっていらっしゃってて
父親として全力で向き合って
子育てを頑張っていらしたのが
深く感じ取れました。

私は2児の母親をしていますので
解るのですが、学校行事や保護者会等
ほとんどが出席する保護者は母親です。

そんな中でも、樹生くんは再婚後も
それらを現在の奥様さやかさんに
押し付けたりせず、自分が出席してます。

どれほどの覚悟と愛情を持って
子育てしていらしたかが
これだけとってみても良く判ります。

子供を晒し者にしてだの売名行為だのと
偉そうに言いたい放題いう人も居て
非常に腹立たしい限りです。

さやかさんも我が子でもないのに
姉のように友のように母のように
接していらしたのだろうと思います。

それだけに、ファンでもないのに
悔しくてたまりません。

樹生くんご夫妻には、
絶対幸せになって欲しいです!

なんだか支離滅裂になってスミマセン。
どうか、井沢さんはこれからも
樹生くんご夫妻の味方で居て下さい。
宜しくお願いします。
言葉 (佐藤)
2014-01-09 22:27:41
数年前に大沢さんのおっしゃた言葉…
偉そうにするのと
堂々するのは
意味が違う…
忘れられません…
私もオーナーとして
同じようにしています
潔い姿忘れませんよ
立派です
堂々としていましょうね
Unknown (民草)
2014-01-09 23:29:50
テレビ・新聞・雑誌の醜さに虫唾が走ります。
女性で特に母親を一生懸命務めてきた人達は、どちらを評価するかと言えば、大沢氏でしょう。
兎に角、大沢家頑張れ!息子さん頑張れ!

真っ当な女性には喜多嶋家の行いを受け入れる事は出来ません。

なにやら、大沢氏が息子さんを手放した事を非難しているコメンテーターもいるようですが、無理矢理でゴリ押しの発言としか思えません。
親子関係の無い未成年者を親権なしに同居養育する事は出来ないのでは有りませんか?おそらく、DNA鑑定の結果が出た時点で、大沢氏の親権は消滅したのではないでしょうか。黙っていたら、秘匿したと罪に問われる事になったかもしれません。

私の周りで大沢氏を非難するような人は居ません。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事