☆まんまる保育園 まんまるっこだより☆

☆社会福祉法人藤雪会 まんまる保育園のようすをご覧ください☆

★まんまるフェスティバル2020★

2020-10-08 | 保育園の様子

新型コロナウイルスの影響で、どのように開催するか悩んだまんまるフェスティバルですが、

感染予防対策を行いながら、規模を縮小しての開催となりました。

来場者全員の検温、アルコール消毒、観覧席の人数制限、クラスごとの完全入れ替え…

会場は、子ども達が慣れ親しんでいる大好きな園庭で。

お天気にも恵まれた当日元気いっぱいの子ども達の様子をお伝えします

 

おひさま組の部

★プログラム1番。徒競走『はしりだせ!おひさま組』

お名前を言ってからスタート!

はじめてのカーブのあるトラックも、上手に走れていましたよ♪

 

★プログラム2番。サーキット競技『めざせ!ポケモンマスター』

けんけんぱ、鉄棒、平均台…最後にポーズで決めます★

お父さん、お母さんの前で張り切ってカッコいい姿を見せてくれました

そしてご褒美は…

ピカピカの金メダル!

幼児クラスになってから初めてのフェスティバル。誰も泣かずに楽しんで参加出来ました。

満足そうな笑顔がキラキラしていますね

 

ほし組の部

★プログラム1番、パラバルーン『ふくらめ!ほし組の夢☆』

実は、5日前のリハーサルではまだ完成していませんでした。さて、本番は…

この姿!メリーゴーランドや帽子などの技もバッチリ決まりました!

この時初めて全員参加が実現しました!

ほし組全員の息の合った最高の演技、感動しました

 

★プログラム2番『まんまる相撲~秋場所~』

まんまるフェスティバル初の大相撲!練習の取り組みでは、負けて悔し泣きする子が続出だったとか

さて、ほし組秋場所の千秋楽です!

見合って見合って~…はっけよーい、のこった!

4歳児とはいえ、迫力のある取り組みでした!

力強い取り組みに、観覧席からも「おお~っ!」と歓声が上がっていました。

負けても誰も泣くことなく、満足した表情でした

そして、ご褒美の金メダル

やりきったほし組の子ども達!みんなよく頑張りました

 

そら組の部

ついに最後のフェスティバルとなったそら組です。

演目は自分たちのやりたいことを発表し合い、みんなで話し合って決めました。

子ども達が一丸となって作り上げた大切なもの、お父さん、お母さんに披露します。

 

★プログラム1番『入場・宣誓』

今年は、そら組全員で揃っての宣誓です。

★プログラム2番『みんな輝け!そらりんぴっく2020』

サーキット形式で、それぞれが得意なことを披露します。

サッカー、キャッチボール、チア、空手などなど…鉄棒では、豚の丸焼き、前回り…逆上がり!

長縄が得意な子は、なんと150回という新記録も出しました!!

 

★プログラム3番『全部見せます!まんまる障害物競争!』

いつも遊んでいる園庭ならではの障害物や、今まで保育園でやってきたことがたくさん盛り込まれています。

夏祭りごっこで作ったお店やお化けトンネルも大活躍最後は3人揃ってロケット!決まりました

 

★そして最後のプログラム…『ソーラン節』

最高にかっこよく、思い切り踊れていました!息の合った演舞、本当に素敵でした

そんなそら組の子どもたちの姿、見ている人に感動を与えていました。

 

こんな時期ですが、力強く、明るく、精いっぱい生きている子ども達の姿に、保護者の皆さんも私たち職員も、たくさん力をもらっています。

これからも子ども達の笑顔を守れるよう、力を尽くしていきたいと思っています。

 

保護者の皆さま

感染拡大予防にご理解ご協力いただき、本当にありがとうございました。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 夏まつり2020 幼児 | トップ | ★ そら組(5歳児) 秋の遠足 ★ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

保育園の様子」カテゴリの最新記事