くたばれ!! HAWKS
南海時代からのホークスコレクションを紹介。
 




南海ファンになるキッカケになったのが、この'73年型深緑のユニフォーム。実際に見たのは、'73年初観戦の太平洋クラブライオンズ戦と阪急ブレーブスとのプレーオフ第2戦の二試合だけでしたが、それはそれは印象深いユニフォームでした。そして'74年、ホークス子供の会に入会し、喜び勇んで見に行ったのが4月7日の開幕第2戦・第3戦の近鉄バファローズとのダブルヘッダー。大阪球場の薄暗い階段を上がってグランドを見渡すと・・・・あれ?・・・どこのチーム?
楽しみにしていた深緑のユニフォームがいないじゃありませんか。練習している選手をよ~くみると胸には確かにホークスの文字が・・・。しかし、どうみてもカッコの悪いユニフォームに変わっていたのです。

明るいグリーンの帽子に黄色のアンダーシャツ。
しかもヘルメットは深緑って・・・バランス悪すぎ・・・。

確か試合が始まってもしばらくの間、なんでこのユニフォーム!?
と繰り返しつぶやいていたことを思い出します。
試合の中身は全然覚えていませんが、野村監督がホーム上のクロスプレーかデッドボールかなにかで負傷退場したことだけ記憶に残っています。
開幕第1戦に登板し、上がりで観戦していた江本投手を見つけ、サインが欲しいけれど恥ずかしくてなかなか声をかけられず、やっとの思いでもらったのが、このサインです。

結局このユニフォーム、誰がみても不評だったらしく、すぐになくなりました。かわりにシーズン途中から'73年型深緑のマイナーチェンジバージョンと明るいグリーンでアンダーシャツまで統一されたユニフォームの2パターンに変わったのです。
子供心にめちゃめちゃカッコ悪いと思ったユニフォームでしたが、その後南海ホークスを語る時に、ほとんど全く登場しないことを考えると、実は結構貴重なもの見ていたんだなぁと実感します。

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )



« 南海ホークス... 門田博光 実使... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (ミドリ)
2008-08-06 08:28:59
黄色いアンダーシャツはカッコ悪いですねえ。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。