gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

SOK 「社長じゃなくて不良」

2018-07-06 21:47:16 | 日記
4-1 黒武ころも(くろたけ ころも) 「社長じゃなくて不良」




そうなの。あなたのおかげよ、ゆうか。
ここ数年は大人の女性向けの服しか作ってこなかったんだけど、ゆうかを見ててひらめいたの。
ゆうかのハッキリした顔立ちに合うと思って、今回 衣装にアニマル柄をこっそり入れてみたでしょ。
とはいえ黒地に黒だったから、前の方で見てたお客さんしか分からなかったかもしれないけど。ままま、それは置いといて。
アニマルと小柄な女の子の組み合わせってアリだなって気づいたの!
小柄な女の子向けのデザイン画描いてるうちにね、
そういえば、キッズと大人の中間の年齢層って意外と攻めてるブランドが少なかったって思い出してね。
この際うちのブランドでローティーン向けのレーベルを立ち上げて参入してやろうと思ったの。


いやいやいや、ちょっと待って。
ゆうかは身長気にしすぎ。
別にモデルじゃないんだし、小柄っていうのも個性なんだから。
も~、ごめんって。
子どもっぽいとかそういうこと言ってるんじゃないんだってば。
今日もキレイよ~、ゆうか様!キレイ、キレイ。





あ、ところで ゆうかって、さっきまで かなでちゃんと一緒にいなかったっけ?
あら、そう?
もう帰っちゃったの!?かなでちゃん?

未成年だから?
は~、真面目なのね~。
あたしが10代の時は、オール当たり前だったけど。今の若い子はそういう感じなんだ。



不良?あたしのこと?
そうそう。今でもそう。
最近なんて、うちのスタッフたちから「社長」じゃなくて「不良」って呼ばれてるの。
くわえタバコで作業するときもあるし。
だから、うちの採用条件の中に「タバコ大丈夫な人」っていう項目を新たに追加しないといけないねって話してるとこ。

ええ?そりゃあ いっつも怒られてるに決まってるでしょ~。
「服に においがつきます」とか、「灰が落ちて穴でも空いたらどうするんですか!?」って。
そんな時は、あたしがデザインしたあたしの服なんだからいいのって押し切る!


心地いいんだよね。社長様、社長様って持ち上げられるよりも しょうがない人って言われてるくらいが。
確かに、今の固定メンバーに定着するまでは それなりに苦労もしたよ。
立ち上げてすぐのメンバーなんて、何か勘違いしてる変わった人ばっかりだったし。
まぁ、タバコはまだ分かるとしてさ、ど~~~でもいいこと こだわる人っているじゃない?

世の中 上も下もないのにさ、〝社長は社長らしくあれ、専務は専務らしくあれ〟みたいな。
社長だったら もっと社長らしくしてください的なことを言ってくる人って、案外いるの。
そういう人ってさ、これまでは その真面目さを評価されてきたんだろうね。
残念ながら自分の目線からしか物事見てない人には、それ以上のことは任せられないんだよね、少なくともうちでは。
いつのまにか いなくなっちゃうな、そういう人は。

こう見えてね、あたし 外ではちゃんと社長してるんだから。
外でどんな顔してるのか、みんなが知らないだけ。




ゆうかは女優だから なんとなく分かるでしょ?
24時間365日 同じ自分でいるなんて、それこそ頭がおかしくなりそう。
社長の顔してるときもあるし、不良デザイナーのときもあるし、ただの女でいるときもあるし。
最近は「ころも基金」っていうの設立して、帰る家のない女の子の支援してるの。意外でしょ?
そうやって色んな顔を持ってると自分も楽しいし。


子どもの頃から着せ替え遊びが好きだったから、今でも服が好きだし、色んな自分に変身できるのも大好き。
今のあたしからは想像できないかもしれないけど、子どもの頃はすごく貧しかったの。
親は暴れて暴力ふるうし、食べ物も満足に食べられないし。
着せ替え遊びっていっても、お人形なんて買ってもらえないから、自分で描いた絵を切り抜いてお人形に見立てるっていう昔ながらのやつね。
そう。ペラペラの。このご時世に3Dじゃないってね。ハハハ。信じられないでしょ。

すごくマイナスに見えるでしょうけど、ゼロから服を作り出すっていうイマジネーションの力は、絶対にそこで養われてるから。
「その発想はどこから生まれるんですか?」なんて聞かれることも多いけど、
そりゃあ、親に与えられた 市販のお人形さんで遊んでた子達と一緒にされても困りますよって話でさ。
ブランドのイメージにも関わるから、貧乏だったことはまだ公に言わないようにしてるけど。
今の会社をもっと大きく育てて、あたしが おばあちゃんになった頃、暴露本でも出そうかしら。
それ、実現したら なかなか面白いと思わない?



「ころも基金」も、不満足な生い立ちがなかったら設立してなかったかもね。
そういう家庭に育った子ってさ、それ以外の家を知らないわけよ。
親を見ながら「自分が大きくなったら、絶対にこんな大人にはならない!」って頭では思うのに、ベースになるものが不満足な家だから。
なぜか大人になったら殴る男つかまえて、なぜか気が付いたら自分も子ども殴ってるみたいなことが起こるわけ。
そういう負の連鎖を断ち切るきっかけになれたらいいなと思って。

社会の1番小さい単位が家族でしょ。愛情があって成り立ってるものであってほしいし。
世の中どんどん複雑になってて、色んな生き方があってもいい。
まずは家族よりもさらに小さい、自分との関係を良好に築ける自立した女の子を育てるのを目標にしてるの。
やっぱり自分を信じて自分を愛せる子は、1人でも最強。誰かといても最強でしょ。
それに、自分を大切にしてくれない男なんかに流されないと思うの。


自分の価値を自分で決められる女だらけになった方が、結局 世の中のためになるんじゃないかな。
「欲しいものが手に入らなくて苦しい苦しい」って口では言うくせに、
簡単に手に入ってしまうと 行き先を見失ってもっと苦しむのが男っていう生き物でしょ。


ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
« SOK 「そもそも無駄じゃん、... | トップ | SOK 「坊やはママゴトしに帰... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事