まんだかずのお風呂でまったり(´▽`A)~♪

ocncafeから引っ越してきましたmandakazuです。

Gallery Suchi 塩谷 亮 ―日常にある脈動―にいってきました3。(^_^)/

2022-08-05 05:00:00 | 日記
中央区日本橋茅場町2-17-13 第二井上ビル2階の
Gallery Suchi(ギャラリー須知)で、
7月16日(土) ~ 7月30日(土) の期間に開催された
塩谷 亮 ―日常にある脈動― に来ているmandakazuです。


〇夏宵:油彩、板



こちらも116.7×72.7㎝と大型の作品です。

〇ダリアの解剖図:鉛筆、紙

会場には作者の塩谷 亮氏もいらしゃっていて、
お客に作品解説などをされていました。


〇立石霧景:油彩、板

こちらは一昨日紹介しましたが、横が91㎝とかなり長い作品です。

〇KANON -15years old-:油彩、板

塩谷 亮氏はすらりと背が高く、30歳代ぐらいのお若い方かな?
と、第一印象は思ったのですが、実際は47歳でした。



少女の後ろの背景もしっかり描き込まれていますね。




これで、Gallery Suchi 塩谷 亮 ―日常にある脈動―はおしまいです。

カメラ:SONY Cyber-shot DSC-RX100M6
コメント (4)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
goo blogユーザーが出品しています
他の出品作品をマルシェルで見る
« Gallery Suchi 塩谷 亮 ―日常... | トップ | 兜町・茅場町まちかど展示館... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (oyajisann)
2022-08-05 09:00:34
おはようございます。
写真でなく絵画。
いきなり作品の女性が語りかけて来ても違和感ない。
(それはそれで怖い。笑)
どういう指先してるんだろうと思ってしまいます。
作品完成にどれぐらいの日数要するだろうと余計な事まで詮索したくなります。
8月もよろしくお願いします。
暑くとも心HAPPYにお過ごしください。
画材 (まみこ)
2022-08-05 13:12:39
こんにちは。

画材も進歩しているんでしょうね。
それにしても、何で描いたのか全く分かりません。
油絵の筆で、ここまで滑らかなタッチは無理だと思うんですけど、新製品ができたのでしょうか。
油絵の具の凹凸感も、全くないですよね。
使っている画材を見てみたいです。
うーん、感想としては、微妙です。
最後の写真も、絵ですか?
こんばんわ。( ´ⅴ`)ノ (mandakazu)
2022-08-05 18:44:24
oyajisannさん、こんばんわ。

「写真のような画」
まさにおっしゃるとおりです。
作品としては没個性となりそうですが、
ここからどのように個性を出していくのかが
興味ありますね。

mandakazuなら、一生かかっても
一作品すら仕上がらないことだと思います。
こんばんわ。( ´ⅴ`)ノ (mandakazu)
2022-08-05 18:48:59
まみこさん、こんばんわ。

mandakazuが近くで見た限りでは
筆を使っている感じはありましたので
特殊な画材を使ってはいないと思います。


油絵の具の凹凸感は実はあります。
画に接近しないとわかりませんが。

へー-、何回か写実主義の作家さんを
ご紹介いたしましたが、やはり好みって
出るものなんですね。

最後のはこちらのギャラリーのロビーです。

コメントを投稿