マンボウ写真館

MTBやウインドサーフィンと季節の花などの写真を気楽にUP

6/24 風張峠>甲武トンネル>和田峠

2017年06月25日 | Rord bike

本日のコースと走行データー

風張峠スタート地点で休まずに上る元気な2人。

撮影後後を追い最初のコーナーで休んでいる赤シャツをパス。

キノコセンター前の激坂とパノラマ

いつもの見晴らしの良い休憩地点で白シャツに追いつく、仲間の赤シャツを見かけなかったか?と聞いてきたので最初のコーナーでパスしてきたと伝える。なんでも赤シャツの彼は,、激坂の風張峠が初めてとの事、元気な英国人のヒルクライマーでした。約束通りブログに写真をUP。会話中トノが何度も出てくるので What's トノ? many tunnel ~oume kaido 初めてトンネルのことだと分かった。

kings englishの発音なんだろうか? そういえば昔会社の同僚の息子がオーストラリア留学してwaterが現地で全然伝わらなかったそうで、日本語のワラと言ったらはじめて理解されたとの話を思い出した。

 

彼らは奥多摩湖へダウンヒルし青梅街道で帰るとのことで、風張峠で別れた。

その後、甲武トンネルを抜け景色がよくUpDawnの激しい道を走り和田峠経由で帰る。
本日の獲得標高 2101M(ルート・ラボ)

コメント

スマートフォン・ロードアプリ/GPSテスト

2017年06月20日 | Rord bike

スマートフォン・ロードバイクアプリのGPS表示が出鱈目なので和田峠で確かめてみました。

まずCatEye

次はRanstatic

最後はSTRAVA

 小学生のドリル例題程度ですが実地調査した結果です。各社早急に訂正をお願いしたいと思います。

 

追記:ルートラボの獲得標高も調べてみました。結局、今まで使用していた、ルートラボが一番正確だということが分かりました。
ロードバイク・アプリは各社まちまちで、より精度を高める様希望しておきます。

実はRuntasticを購入後、執拗に「評価5でコメントを」というメールが毎週届きまして、自分の性格上間違った評価は出来ませんので自分なりに調査し、一番必要としているユーザーの場で発表した次第です。一ユーザーでもあり、Mapが一番のRuntasticには是非要望した個所を早急に改善して頂けるよう希望します。

 

コメント

梅ケ谷峠>御岳渓谷>梅ノ木峠>入山峠>醍醐林道>和田峠

2017年06月17日 | Rord bike

本日はスマートフォン用の3つのロードアプリを同時進行して試してみました。
最初にCatEyeのMapと詳細

 

 


次はSTRAVAの詳細画面


 

最後にRuntastic
 

 

 色々あり過ぎて、excel表にまとめてみました。(自己流で得点評価しています。)

結果:Runtasticは唯一の購入済みアプリ、是非ともデフォルトで自動停止機能を入れて欲しい。基本的データーが他のアプリと比較し見劣りがするので5評価以外は使えない。CatEyeは必要な基本データーが正確。STRAVAは迷路の様な構成で出口が分からずいつも迷っていますが、面白いプログラムでこれから長く楽しめそうです。現状ではそれぞれ長所短所があり適当に使い分けていくのがベターかな。
有線サイコンはロードバイクでは振動で接触不良の為か途中表示不良になりデーターが抜ける。(予備のケーブルセットに交換したが同じ)問題の発生しないMTBで使う予定。

追記:登坂高度がそれぞれまちまちで、CatEyeとRuntasticでは2倍の差があり驚きです。今迄使用していたルートラボの登坂高度を欄外で追記して置きます。ユーザーがどれを信じてよいのか、早急の対策をお願いします。

コメント

風張峠>松姫峠>鶴峠>和田峠

2017年06月10日 | Rord bike

 

本日はスマートフォン用ロードバイク・アプリのテストで朝5時に起床。空気入れの修理等色々あり、6時前にスタート。CatEyeとRuntastic Road Bikeのアプリを同時起動。本日のコースはPC用ルートラボの画面下にCatEyeの高度チャート/Speedのグラフを加工して張り付けてみました。
本日のコース   本日の獲得標高 2931M


8:07 風張峠スタート

8:50 風張峠いつもの処で休憩。

10:56 松姫峠途中三頭山がよく見えるところで休憩。松姫峠はトンネルが出来てからは松姫峠で通行止めになっているのでほとんど車も通らないので快適にヒルクライムが楽しめます。

11:30 松姫峠到着

12時前だったので鶴峠>和田峠で帰ることにコースを変更。以前棡原>鶴峠はずーっと登りだったのでこれが正解で鶴峠からずーとダウンヒルが楽しめた。上ってくるヒルクライマー達を沢山見かけましたがお疲れ様ですと挨拶し快適にダウンヒル。
甲武トンネルからの道に出会い斜め右上の道に行ったところ間違って上野原に出てしまった。20号は車が多いので和田峠へヒルクライム開始。しかし疲れた。

スマートフォン用ロードバイクアプリの結果報告。
まずはRuntastic Road Bike ルート全体図 

  

松姫峠からなぜか停止から再スタートが出来ず(圏外の為か)、途中飲料補給で気づくまで記録が抜けた。

Cat eyeは正常表示 走行時間も正常

   

Runtasticの現在のバージョン(10/jun/2017)は獲得標高も大きくずれている。また停止時間がスキップされないため、走行時間も誤差が生じ、計算式からSpeed平均値にも影響し、データー的には疑問が。
その点CatEyeは日本製だけに最高速度も正確です。登坂高度は今一歩の改善余地が。
走行コースが自動作成されるので便利、横に長い場合は指で回転可能でPCや携帯でも見やすくなる。でもFacebookで地図をカラー表示で使用する場合、毎月のOptin費用がかかるのでがっかりです。
結局、今迄のサイコンとルートラボが手間がかかるけど正確で、一枚の画面表示で済むのでGOOD。

いつも走ってる陣馬高原下からの走行記録比較でもこれだけの差が生じます。
 

高度チャートはRuntasticの方が区間平均値表示の為、見やすいが正確さに欠ける。
その点、CatEyeの方が最高スピード等サンプリングデーターが豊富でよりリアルに表示され参考になる。

 

 信号等で停止時間がCatEyeは削除されているがRuntasticは追加機材をつけないと削除されない。
また心拍数も時計タイプのBluetooth経由で表示可能になるのだけど、表示しながら走ると、数時間でバッテリーがなくなるので
実用的でない。iPhone7は4CPUなので同時にプログラムを朝6時から使用開始、走行中は表示Stopし午後4時ごろまで使用し途中2時ごろ30%を切ったので補助バッテリーで充電しました。

CatEyeのサイコンデーター途中接触不良で14k位抜けてます。MTBでは問題なかったけど、ロードバイクは振動が激しく接触不良になる。もう一個あるサイコンケーブルに交換して治るか試してみる予定。
Time 5:49 Dst 108.48k  Av18.6 Max 58.7k

結果:今のところ自動作成されるRuntasticの全体図とCatEyeのTotal表と高度対速度表を併用するのがベターかも。
   今後はほかのサイコンアプリも使用して結果報告する予定です。

 

 

コメント

風張峠―甲武トンネルー和田峠

2017年05月21日 | Rord bike

 

ロードバイクを購入後、4回続けてお気に入りの風張峠へ来てしまった。初日は風張峠からの急な下りでいきなりパンク。耐パンク性能抜群のイタリア製のタイヤに交換後同じ道をダウンヒルして大丈夫なことを確認。

 

氷点下でもグリップ抜群ということでこんな状況でも大丈夫なんだろうか?

 

醍醐林道:入山峠から恩方へ抜ける途中(2月の景色)

風張峠先週:美女と野獣のヒルクライマーペアに遭遇、風張峠スタート地点より、間もなく体力低下の野獣をパス。風張峠急坂のキノコセンター前にて美女ヒルクライマーをパス。

いつもの見晴らしの良いここで休憩していると美女にパスされた。

休憩後、後を追うが、追いついたのが風張峠最高地点だった。

 

長年乗り馴れたMTBとロードバイクを比較すると、山を走る場合WサスのMTBの方が圧倒的に乗り易いですね。下り坂でも道路の凸凹を吸収してくれるしブレーキもアップグレードしてあるのでより高速で安心してダウンヒルが可能です。ロードバイクの長所は軽いので上りや長距離走で疲れない事ですね。今回は風張峠>人里>甲武トンネルの下りの路面の荒れた道路ではMTBの方が高速でダウンヒルが可能。

本日のコース 獲得標高 2101M

参照:日本山岳耐久ハセツネレース 71.5K

 



 

コメント (4)

MTB 風張林道ー月夜見ー小河内峠ー御前山ー大ダワ

2016年05月06日 | MTB

 

 

 

ハセツネコースに刺激され71.5k 尾根走が可能ならMTBも可能と挑戦してみたが大変だった。
月夜見第2駐車場から小河内峠までは転倒しながらもMTBは可能だったが小河内峠>御前山>大ダワはハイキングコースというよりも急な登山道で段差の大きな横木状の階段の連続でとてもMTBどころか担いで上げ下げの連続で大変。
小河内峠>間違えて陣馬尾根へ下るコースでも今日見たら登山道崩壊注意の張り紙があった。
奥多摩のハイキングコースを甘く見てた。一歩間違えば沢に転落の危険個所が何か所もあり夜間のハセツネトレイルランはかなりの危険があると実感。MTBで無事帰宅出来たのも昔、剱岳や槍穂高等の登山経験が生きた。
本日のコース   獲得標高 1777M

参考:ハセツネコース

八王子松江橋からの夕景  左奥から御前山1405M 大岳山1266M

 

コメント

5/30 MTB 和田峠ー醍醐山ー秋山ーリニア見学

2015年06月06日 | MTB

今回は奥多摩でなく久しぶりに秋山経由で都留市のリニア見学コース。かつて本栖湖へウインドサーフィンで良く通った道です。
和田峠から先が林道工事中で自転車や人も通れない様にバリケードされ、愕然。今さら大垂水峠へ回るのも無駄なので醍醐山経由で工事区間を迂回。登りは半分MTBをかつぎ、下りは細い急なつづら折れのハイキングコースでMTBに乗れたのは1/4もない状態で大変でした。幸い通行止めの林道直下に出て藤野へ、UP/down連続の秋山村経由で富士急禾生駅に出てリニア見学センターへ。時速504k 秒速140mで目の前を通過、一瞬だった。

戻って来たリニアをiphone6で撮影 撮影データー 1/1880 F2.23 拡大すると-270°に冷やしている為か水蒸気が見える。隣のおじさんは早過ぎて写らなかったとぼやいていた。

 
リニアカーの解説デモ
ループ1回転~らせん状3回転等凄いスピードで富士急のジェットコースターよりも凄かった。 

本日の走行コース 獲得標高:2050M

ちなみにPCで本日の走行コースを縮小表示するとリニアカーの予定コースが点線表示されます。iphoneでは表示不可の為画像コピーしておきます。

コメント (1)

MTB 神戸岩ーオオダワー鋸山ー風張峠

2015年05月10日 | MTB

 

本日は11時ごろスタート1時間半で神戸岩着 ここから鋸山林道経由で大ダワへ、ビールが最高においしかった。
 

天気が良かったし、歩いて10分との事で登ってみた。ここが結構な急登でおまけに山頂は木に囲まれて展望はなしでした。一緒に登って来たサイクリスト2人もがっかりでした。 

鋸山林道を下り奥多摩駅バイパスのトンネルの上を通過し青梅街道に出る。その後小河内ダム及びいつもの月夜見第一駐車場にて休憩。16時半ごろ到着。G/Wを過ぎたというのに八重桜が咲いていたので思わず撮影。

 17時過ぎにいつもの風張林道にて写真撮影。 

 急な坂道をダウンヒル、途中休憩なしで自宅へ18時半ごろ着
今週もお気に入りの風張峠へ来てしまった。今日は逆コースで走ってみました。標高1000mの都民の森までは沢山のロードが行くのですが都民の森よりも高い奥多摩周遊道路の最高地点でしかも奥多摩の林道では一番急坂の風張林道を走る人は10%にも満たないという感じでしょうか。。会えば必ず挨拶をしてくれるし、みなかなりのベテランヒルクライマーと見受けられます。

本日の獲得標高:2124+200m

走行時間:5:40 距離:106.14K Av:18.7k 

コメント

MTB 風張峠ー7代の滝

2015年05月04日 | MTB

G/Wで混雑していたので車の少ない道をえらんでみた。桧原村役場のT字路を右に折れると車もぐんと少なくなり快適なヒルクライムの始まりです。バス終点の藤倉を通過し風張峠の下で丁度12時 約2時間弱で到着。15分ほど休憩し急な風張峠道を登る。45分ほどでいつもの見晴らしの良いところで休憩。13時過ぎ風張峠着、7代の滝へ向け急なダウンヒル。養 沢を登りつめ日の出山への登山口から先は一部未舗装になり、所々に石が落ちている林道が7代の滝手前まで続く。途中から車も通行止めになるがMTBなのでOK。ユニフォームが決まった4~5人のロードが登って来たが未舗装の前でUターンした模様。(ロードはタイヤが極細の為小石や排水路の格子状の蓋の間に挟まり簡単にパンクしてしまうので、実際八王子~小河内ダムまでのロードレースの前日に都民の森までヒルクライムしたら、すべての導水路の上にはパンクや安全対策のためゴムマットが敷いてあった。)林道終点から山道を10分程登ると沢の反対側に7代の滝がありました。御岳山の裏側をかなり登って来ましてすぐ上がロックガーデンで御岳山まで後800Mの道しるべがあった。帰りは快適なダウンヒル。

16:50自宅着

本日のコース 獲得標高:1813m  走行距離:91.56k 走行時間:4:57 Max 50k/h

コメント

善光寺御開帳・立山アルペンルート

2015年04月30日 | 旅行

   

   

昨年立山の雪の壁を見に行こうとなったのですが、予約が間に合わず今年に、おかげで善光寺の7年ぶりの御開帳と重なり天気も雲ひとつなく最高でした。阿弥陀ヶ原からは剣岳もばっちりみえました。
昔、縦走した後立山連峰の記憶がよみがえり気分も若返りました。
  

一週間後、剣岳からスキーで滑り降りたこんな凄い人も 
私のお気に入りブログNo1 私のブログ>ブックマーク>YASUHIROのMt.ワールド >YASUHIROの独り言 
すぐ削除されてしまうので>その時は2014-15山スキー47剱岳・大脱走ルンゼ(5.3)

      


写真はiphone6で撮影したのをサイズ変更してあり、動画はHDでUP。
自宅ではchromecastを使い大画面のTVで楽しんでます。善光寺の一枚だけコンデジで撮影。


 


 


 

 

コメント