映画のせかい

私が最近見た映画 ※ネタバレあり

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

泥棒成金 #129

2004-12-14 | た行映画
1955年 アメリカ 106分

主演のグレイスケリーはヒッチコック作品には良く出てる女優さん、ヒッチコックが発掘したと言っても良いかも。生涯出演作12本。人気絶頂期の1956年モナコ国王と結婚し、銀幕から姿を消したのだが、そのきっかけとなったのはこの映画。撮影地リビエラで、モナコのレーニエ王子と出会い、本物の超金持ちになったわけだ。ヒッチコックは彼の映画の理想のヒロインと考えていた女優を失うことになってしまった。当時モンテカルロのカジノはギリシアの海運王オナシスの支配下に置かれ、モナコの収入はわずかなものだった。モナコ王にとっては映画スターとの結婚は、モナコの収益を増やす意味でも大きな意味があったようだ。

さてこの映画、引退したはずのキャットと呼ばれた泥棒、ケイリー・グラントの手口を真似た宝石泥棒が出没、警察に事情聴取されるKグラントが逃走し、自分で犯人を捕まえるというストーリー。グレイスケリーは「可愛い顔して意外とやる」役を演じている。やっぱり似合ってるかも。

人気絶頂期に結婚、引退した彼女は、82年に54歳という若さで自動車事故で死亡。本作の撮影で爆走したハイウェイでのことだった。最近ではダイアナ妃と比べて語られることも多い。
昔ジッタリンジンのプレゼントという唄に「あなたが私にくれたもの、グレイスケリーの映画の券」ってのがあったなあ。

goo映画・泥棒成金
コメント   この記事についてブログを書く
« ジェームズ・キャメロン | トップ | ヒッチコック監督 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

た行映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事