映画のせかい

私が最近見た映画 ※ネタバレあり

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

地球ゴージャスVol.7クラウディア #17

2004-08-29 | か行の映画
岸谷五朗と寺脇康文が1994春に結成した舞台活動をメインとする企画ユニット(HP)
今回で7作目となるクラウディアは、前編にサザンオールスターズの曲を使ったミュージカルである。オープニングから「女呼んでブギ」と「ええじゃないか」のコラボ曲から始まる。
 ヒロイン本田美奈子の恋人役が寺脇、なぜか父親役が岸谷。二人は幼馴染だが、現在は敵対するグループの主要人物となっている。そうそう、時は未来、戦うことを止めなかった人類は滅びるが、残った人間たちは、愛がなく少しの争いを残した世界に生きていた。その世界を司るのは、TRFのボーカルYU-KI!最後の選択をする弟役は金八先生の不良役だった風間俊介、という布陣だ。中でも私的にきらりと光っていたのは、剣豪でセクシーな衣装で渋い演技をしていたベルばらのオスカル、三咲レアだ。「Oh!クラウディア」と「逢いたくなったときに君はここにいない」の輪唱は特筆ものだった。

 随所に小ネタを挟んで笑いもあり、涙もあり。本田美奈子は唄い方はマリリンのままだが、当時から定評のあった歌唱力はよりグッドで、笑いの場面ではコミカルな演技を見せている。デビューから20年、彼女も自分の道をしっかりと歩んでいるようだ。

こういう作品を作る岸谷五朗の才能も再認識させられた。舞台という現場も映画と共に今後は要チェックである。おっと今回は映画じゃねーや、blogのタイトルwowowのせかいに変えなくちゃ(笑)
コメント   この記事についてブログを書く
« ターミネーター3 #16 | トップ | シェルタリング・スカイ #18 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

か行の映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事