映画のせかい

私が最近見た映画 ※ネタバレあり

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

スティング #231

2005-02-24 | さ行の映画
1973年 アメリカ 130分 アカデミー賞

誰もが耳にしたことがあるだろう軽快な音楽「エンターテイナー」で始まるこの映画、ちょっと重めの音楽にしたらまた違った印象になっただろうが、やっぱりあの名曲あっての名作だなあと改めて思った。

舞台は1930年代のシカゴ。シカゴといえば数々のギャング映画が作られたが、ここでもやっぱり豪快にやってくれてる。「明日に向って撃て!」の名コンビ、ロバート・レッドフォードとポール・ニューマンが復讐に大仕掛けで挑む。

列車の中でのポーカー勝負も凄かったけど、WINSをまるごと作って架空の競馬中継し、観客はみんなサクラなんて、ダイナミックな設定!情報をラジオに頼っていた当時ならではで、勿論今じゃ無理な話だけれども、そこがまた古きよき時代の風景と共に心地よい風を運んでくるんだよねー。

騙される方のロネガン役のロバート・ショウも大迫力、そりゃー、アルカポネほどじゃないだろうが、見事な悪役っぷりアーンド騙されっぷり!情報屋の社長役の人のすっ呆けもよかった。そして何より ロバート・レッドフォードはカッコいい(ミーハー的)し、ポール・ニューマンも格好良い(玄人的)!こーゆー人たちが闊歩する街角って、毎日退屈しないんだろうなあ。・・・でも住んでみたくないけど。それにしても、まさかあの人たちまでそうだったなんて・・・。ラストは騙されましたよ。心地よい悔しさをどうぞ。

コメント (6)   この記事についてブログを書く
« アカデミー賞 | トップ | クレイマー、クレイマー #232 »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
詐欺師 (ぽこ)
2005-02-24 18:36:54
この映画は面白かったですね。

あの手この手の詐欺もいいですが、ラストの大芝居、あれだけの規模でされると(笑)。

古きよき時代の作品でした。
Unknown (映画のせかいマスター)
2005-02-24 19:52:03
どうも~!コメントありがとうございます。

この頃のシカゴを描いた映画は多いですね。「アンタッチャブル」もこの頃でしょう。エリオット・ネスは、Pニューマンを調査しなかったのでしょか(笑)一度はやってみたい手口ですよね。

今度やりませんか?
Unknown (keicyuke)
2005-02-25 09:04:31
確かに本作のR・レッドフォードはかっこいいですね。最近はシワが目立つけど…。

ポール・ニューマンも渋カッコいい!なんだかイケ面レッドフォード、渋いニューマンの共演ということで幅広いファン層を持っていった作品のように思えます。

私もラストは見事に騙されました。でも爽快!
Unknown (映画のせかいマスター)
2005-02-25 18:54:33
ポール・ニューマン、幅広い作品に出ていますが、この作品も良かったです。特急の中のポーカー勝負、酔った振りして相手の名前をわざと間違え、最後に相手のイカサマをイカサマで返すという芸当が爽快です。BGMは1万円生活を思い出してしまう

ではでは、今後ともよろしくお願いします。
カッコ良かったですよね~ (izumi)
2005-03-06 08:04:28
これ、面白かったし、カッコ良かったですね。

ロバート・レッドフォードは若くてカッコ良くて、ポール・ニューマンは渋くてカッコ良かったぁ。

殺された仲間の為にみんなが集まって大博打!凄いですよね。
Unknown (映画のせかいマスター)
2005-03-06 11:16:01
izumiさんコメントありがとうございます。

そうそう、これいい映画でしたね。最初のうちは??って思ったときもありましたが、だんだん加速していきクライマックスはもう夢中!って感じでした。では!

コメントを投稿

さ行の映画」カテゴリの最新記事