映画のせかい

私が最近見た映画 ※ネタバレあり

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ザ・エージェント #21

2004-09-02 | さ行の映画
ハッピーエンドな痛快ストーリーであるが、決して大金持ちになるわけではない。一時のSOHOブームから週末起業ブームの現在、何が成功か、何が人生の目的か、もしこれから独立しようと思っている方は是非一度観て欲しい映画である。

エージェントとはスポーツ選手の代理人のこと。契約更改などのマネジメントを代行するのがお仕事。よく日本人プレーヤーが大リーグに行くときに、サッチーの息子団○村氏の名前を目にするが、彼もエージェントだ。さも暗躍しているかのように紙面を飾るのであまり良い印象はないが、トムクルーズ演ずる主人公ジェニーも、金を吊り上げるだけのエージェントに嫌気が差し、エージェント会社を辞める。どうやら実在の会社がモデルらしい。

選手の体調や生活を大事にし、元の会社より激安で新会社を始めるジェニーだったが、彼についてきたのはシングルマザーのドロシー一人だけ。クライアントも世間の荒波は厳しく、残ったのは自己の世界に没頭するフットボーラー、ロッドのみであった。一時は自棄をおこすが、ドロシーとの信頼、ロッドとの仕事を超えた友情を得て、自分の進む道を確信していく。

レニー・ゼルウィガー演じる素朴な女性が良かった。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 東京フィスト #20 | トップ | 時をかける少女 #22 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは~ (Ray)
2005-01-22 18:15:28
実在の映画だったんですか!

人気がある人は目玉になる、というのを間の当たりに見た感じでした。

人生の縮図のような。

苦悩しながらも、誠意の人が勝ってよかったです(笑)



この映画は、私がレニーちゃんに初めて会った映画なんです。

上手な女優さんですね。



コソコソ話

トム・クルーズは、私にとっては、どの映画も

「トム・クルーズ」で・・・(汗)

意味、分かって頂けますでしょうか。
Unknown (映画のせかいマスター)
2005-01-24 08:05:28
失礼しました。実在の会社を揶揄的にモデルにしたというだけで、本当にあったストーリーかどうかはわかりません。あってもおかしくなさそうですね。

「トム・クルーズ」のキャラは結局いつも変わらない、ってことで・・いいかしら。レニーちゃんは良かったです!

コメントを投稿

さ行の映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事