映画のせかい

私が最近見た映画 ※ネタバレあり

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アイ・ロボット #35

2004-09-22 | あ行の映画
2004/09/18公開
ジャンル : アクション
製作年 : 2004年
製作国 : アメリカ
配給 : 20世紀フォックス映画

以上データは
goo映画参照

【ロボット工学三原則】
1.ロボットは人間に危害を加えてはならない。また、その危険を看過する事によって、人間に危害を及ぼしてはならない。
2.ロボットは人間から与えられた命令に服従しなければならない。但し、あたえられた命令が、第1条に反する場合は、この限りではない。
3.ロボットは、前提第1条および第2条に反する恐れの無い限り、自己を守らなければならない。

この三原則を守りつつロボットが人間に危害を与えることがあるのだろうか。観に行く前にじっくり推理して欲しい。ありえない?そう、2035年の人類もすでに生活の一部となったロボットに絶大な信頼を寄せていた。人々の話題は新型ロボットNS-5の発売である。そんな中、ロボット工学の第一人者、ラニング博士が謎の死を遂げる。自動プログラムで現場に呼ばれたロボット嫌いのスプーナー刑事(ウィル・スミス)はロボットの仕業と疑うが、彼に賛同するものはいない。

新型ロボットNS-5は毎朝プログラムをダウンロードして更新できるスーパーロボットだ。NS-5のホームページがあったりもする。旧型のNS-4が妙に安っぽく見えてしまう。顔の表情をリアルに再現しているためか、ウィルスミスとの対峙シーンそしてその後の友情も十分に感情移入できるものとなっている。逆に倉庫の約1万体のロボットは恐怖で、彼らが○○する後半は凄いアクションの連続!圧倒されること間違いなし!
ウィルスミスのロボット嫌いの理由もうまくリンクし(しかし博士に認められるほどの有名人なのだろうか疑問^^;)緊迫感とスピード感の調和が良い。

SF小説家、アイザック・アシモフの「われはロボット」を元に、近未来の生活もリアル、ロボット心理学者カルヴィン博士(ブリジット・モイナハン)も良かった。映画館向けの一作である。
コメント (9)   この記事についてブログを書く
« (Topics)盛岡映画館通り | トップ | 八つ墓村 #36 »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
トラックバックありがとうございました。 (ぽこ)
2004-11-02 19:59:50
やっと観ましたよ(笑)。

顔が妙にリアルなだけあって微妙な表情に目がはなせないですね。ただそれらが停止して大勢がいるシーンはその反動があってかかなり怖いものになりました。

演出がいい映画でした。
パン屑ナビ (manamana629)
2004-11-03 20:20:43
あの数は凄まじかったっすね。ところでここでコメントするのも失礼なんですが、パン屑ナビとは??
パン屑ナビ (ぽこ)
2004-11-04 23:17:59
TOP>ページ1>ページ2>商品



っていう感じで今自分がどこにいるのか一目で判るナビのことです。ここでTOPを押すと一番最初に戻るリンクになります。パン屑をリンクするごとに1つずつ置いていくって感じでそう名づけられたようです。
あれがそうでしたか (manamana629)
2004-11-05 13:39:06
そうでしたか。いつも見ていると思いますが、名前があるとは知りませんでした。しょうもない質問に答えていただきありがとうございました。
Unknown (Unknown)
2004-12-07 15:12:13
Unknown (INTRO編集部)
2005-02-11 20:33:32
トラックバックの件でお手数をおかけして申し訳ありません。

改めてping送信させていただきました。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします!
Unknown (映画のせかいマスター)
2005-02-11 21:01:44
INTRO編集部さん。よくある?ことなので気にしないでください^^こちらこそお手数をおかけしました。プロの脚本家陣の方々が書かれているんですよね。なんか強縮しますが、今後ともよろしくお願いします。
Unknown (奈緒子と次郎)
2006-07-03 08:43:33
アクションがすごかったですね!

ロボットの反乱って、かなりリアルになってきてますよね(*_*)

だいぶロボットの活躍が現実化しそうになっているし、

本当になってしまいそうな気もして怖いです。

Unknown (映画のせかいマスター)
2006-07-05 08:06:29
奈緒子と次郎さん、コメントありがとうございます。希少なコメントなので、1日数個ずつ返信しますねー。そちらにもコメントできるよう頑張ります。



さて、もう2年も前の作品ですね。映画館で見たので画面いっぱいのアクション、特にカーアクションが凄かったです。ロボットもそうですが、ネットも自動化されててそのうち反乱されそうな予感・・・??

コメントを投稿

あ行の映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事