映画のせかい

私が最近見た映画 ※ネタバレあり

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

吸血鬼の接吻 #24

2004-09-05 | か行の映画
1964年イギリス原題Kiss of the Vampire

ハネムーンの途中でガス欠になった夫婦は急遽近くのホテルに宿泊するが、そこがワケアリ風なホテル。ワケアリ風な男が望遠鏡でその様子をチェックしていて、ワケアリ風な城に招待する。そこで待っていたのは吸血鬼一族、妻を拉致してしまう。夫は偶然ホテルに泊まっていた吸血鬼ふうの男(こいつが一番怖いけど正義のミカタだ)と妻を取り戻すために戦う決意をする。

40年前の作品だからこんなもんかもしれないが、アクションシーンはとっても控えめで、っという間に妻を取り返してしまう。満月の夜、十字架、ガーリック、太陽、魔方陣、コウモリの攻撃で吸血鬼城も陥落してしまうのだ。これだけ弱点があって、しかもそのやり方はしっかりに書いてある。ここまで来ると悪魔というより社会的弱者であり、現代だったら保護すべき対象となりそうだ。

で、いかにも吸血鬼な男がなぜホテルに潜伏していたかというと、娘が吸血鬼になってしまい自ら娘の息の根を止めた経緯があり(ここはしっかり冒頭で伏線として張られている)娘を城に拉致されたホテルのオーナーを仲間にしたかったが、弱気なオーナーに失望し主人公のような男を待っていたのである。本を主人公に持たせて読みながら魔方陣を作る姿がステキだ。

吸血鬼一派には何人も男のシンパがいるのだが、娘や妻とか女ばかりさらうから問題になるわけで男女いっぺんにさらえば問題ないのかもしれないが、そこはツッコミ入れてはならない。

・・・とすっかり茶化して書いてしまったが、1900年ごろの話という設定で、「こちらには馬車で?」「車」「若いのにリッチマンだ」という会話があったり、パーティーでは仮面舞踏会が行われたり、古き良き時代を感じさせてgoodだ。シンプルにじっくりと展開していくのも今のような急展開じゃなく落ち着いて見ることが出来ていいと思う。古典はまた新たな発見があるものである。

付)ドラキュラシリーズ
「吸血鬼ドラキュラ」'58 ※
「吸血鬼ドラキュラの花嫁 」'60
「吸血鬼の接吻」'64
「凶人ドラキュラ」'65 ※
「帰って来たドラキュラ」'69※
「ドラキュラ血の味」'70※
「血のエクソシズム/ドラキュラの復活」'70※
「ドラキュラ'72」'72※
「新ドラキュラ/悪魔の儀式」'72※
「ドラゴンvs7人の吸血鬼」'73

※クリストファー・リー出演作
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« コラテラル・ダメージ #23 | トップ | モンテ・クリスト伯 #25 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
吸血鬼だ! (ぽこ)
2004-09-05 07:35:35
おはようございます。

出てきましたね吸血鬼もの。昔っからいっぱい観てきた吸血鬼ものですがやっぱりドラキュラ役者と言えばクリストファーリーでしたね。怖かったです。

この「吸血鬼の接吻」は観たことがないと思うのですがその写真は目にしたことがあります。一度観てみたいものです。

弱点が魔法陣っていうのは初めて聞きました。それにコウモリの攻撃っていったい(笑)。



追伸:花嫁はリーの作品でした?

このハマープロの最後のドラキュラ作品がドラゴン対7人の吸血鬼というちょっとぶっ飛びしそうなタイトルで、私のBlogにも入れてます。でも好きなんですよ(笑)。
おっと失敬 (manamana629)
2004-09-05 08:18:11
いやあ、実は吸血鬼モノを見るとは自分でも思っていなかったんですが、ぽこさんの8月の最初のほうのblogに影響されまして・・・。

>花嫁はリーの作品でした?

え~っと、ちょっと手を入れて書き直してますので、ちょいとお待ちください。
あ。 (ぽこ)
2004-09-05 08:31:32
リストが出来上がりましたね(笑)。なんだかすみません。

どうしましょ、コメント消します?ローカルにあるので、もう一度投稿しなおしますけど。今度見て消えてたら再投稿しますね。
ちょっと手直し (manamana629)
2004-09-05 08:34:54
しました。最初のは見なかったことに・・(笑)

あまり知らないのにちょっと調べて書いちゃぼろが出ますね(汗)

魔方陣は吸血鬼みたいな正義漢が自分の部屋に書いてその中に入って角笛やナイフなどを置き、呪文を唱えるとコウモリ隊が出動して吸血鬼をやっつけました。倒れる女性吸血鬼はなぜかセクシーショット満載でしたよ(笑)



ドラゴン対7人の吸血鬼は今話題のヴァンヘルシング教授が出るようですね。でもなぜ中国?^^

コメント書いているうちに (manamana629)
2004-09-05 08:36:49
次のコメントが(笑)面白いからこのままでいいですよ~。他の人には何のことかわからないでしょうけど、せっかくだし。
あはは。 (ぽこ)
2004-09-05 08:54:25
じゃ、せっかくなのでこのままということで(笑)。

ふむふむ、魔法陣、そういう使い方でしたか。でも吸血鬼がコウモリ隊にやられるなんて…なんという。



教授は中国へ吸血鬼伝説を調べに来ていたようです。TVで観たもので訳はヘルゼンだったのですよ。発音のせいなのかな。ヘルシング教授だとは思いますが。

吸血鬼はリーではありませんが、教授はピーターカッシングですから一応ヘルシング役者ですね。

コメントを投稿

か行の映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事