映画のせかい

私が最近見た映画 ※ネタバレあり

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

俺たちに明日はない #276

2005-03-31 | あ行の映画
1967年 アメリカ 105分 Bonnie and Clyde

ハッピーエンドでは終わらない、この作品の成功でハリウッド映画にセンセーションを巻き起こし、アメリカン・ニューシネマと呼ばれ、『卒業』(67)や『イージー・ライダー』(69)「真夜中のカーボーイ」「タクシー・ドライバー」などの自由で過激な映画が続々と発表されることになったわけだが、それ程までにラストシーンは圧巻だ。もしこれから見ようとしている方で結末を知らない方は何の情報も入れずに見て欲しい。流石にこれほどの名画であるとあちこちに結末に触れる文章が溢れているだろうから、しっかし情報を遮断してくださいね。すなわちここも読んではいけない(笑)

で、この映画、実際にあった話だというんだけど、テキサス州ダラスで二人は出会い、ボニー23歳、クライド25歳。ボニーはおしゃれで元優等生で詩を愛する人妻だった。なぜクライドに付いて行ったのかわからないが、映画の中でもそこは“ノリ”で描かれてる。でもそのまますっかり二人の世界に引き込まれていってしまう。C・W・モス(マイケル・J・ポラード)や、クライドの兄夫婦バック(ジーン・ハックマン)とブランチ(エステル・パーソンズ)も合流し、ギャング団の名前をつける。新聞に出てる自分たちの記事を見て、英雄気取りでだんだんとエスカレートしていく。銀行強盗団でろくなもんじゃないんだけど、伝説となりうる儚さ、脆さを持ち合わせていて、不思議な魅力に溢れてる。


アカデミー賞助演女優賞を取ったクライドの兄の嫁。なにもしないで分け前よこせとか、捕まった後べらべら喋っちゃう憎たらしさが良かった。最後に乗っていた車は今でもラスベガス近郊のホテルに保存されているようだ。時空を超えて愛される大泥棒たちである。
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« アイ・アム・サム #275 | トップ | JFK #277 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Samurai-kyousuke)
2005-03-31 22:13:26
最初、子供の頃に見たのですが、肉体的に結ばれない二人の苦悩が理解出来ませんでした。

大人になって見た時はボニーのセクスィーさに引き込まれましたねー。あの唇のアップにはKO負けでした。
Unknown (映画のせかいマスター)
2005-04-01 08:49:09
コメントありがとうございます。

クライドのアレがアレだったのは、アレでしたねー。最後にになったみたいでしたが。

ストーリーに関係あるのかな??と思って観ていましたが、史実に沿ったという以上の理由があったんでしょうか?ちょっと変わった展開でした。

Unknown (Ray)
2005-04-03 01:02:25
カッコよかった映画の一つです。

たしか、ボニーが詩を読むシーンがありましたね。

この映画の主人公は、絶対ボニーです!

(マスターさんのレスのクライドのアレが最後のは笑ってしまいました 爆笑)
Unknown (映画のせかいマスター)
2005-04-03 18:32:17
どうも!作詞して新聞に投書してましたねー。当人たちには人生最大のドラマでしょうから、この映画みたいにお洒落にまとまるといいですよね。ことの善悪は別として・・。RayさんアレネタもOKですか?(笑)
はい! (Ray)
2005-04-03 19:03:25
悪くても、カッコよかったら、映画になり物語になるんですよね。

中途半端が一番いけません(笑)

やはり、最後のシーンも本当だったんでしょうか。



私はアレネタも何でもありですよ!!!(笑)

アレネタを自分のブログにUPしようと思ってた事もある位です(汗)
アレネタ (映画のせかいマスター)
2005-04-04 19:14:41
アレネタアップですか~。アクセスアップしそうですね。Rayさんが語るのを読んでみたい気はします。が、ネットストーカーみたいな人にはくれぐれもお気をつけて

では!

コメントを投稿

あ行の映画」カテゴリの最新記事