映画のせかい

私が最近見た映画 ※ネタバレあり

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

バニラ・スカイ #50

2004-10-07 | は行映画
2001年 アメリカ 136分

監督: キャメロン・クロウ
出演: トム・クルーズ/ペネロペ・クルス/キャメロン・ディアス

これもまた複雑でいろんな解釈ができる映画である。
夢がキーワードでどこまでが夢でどこまでが現実かよくわからない。夢から覚めるその都度、「オープン・ユア・アイズ」という声で起きるのであるが、このフレーズが、この作品の元となった1997年のスペイン映画の題名(「オープン・ユア・アイズ」)である。ペネロペ・クルスのみが同じキャスティングとなった二つの作品、ストーリーは同じだが、二つとも見比べてみる必要がありそうだ。本作ではトム・クルーズとペネロペ・クルスの会話の中でモネの絵の空の色を「バニラ・スカイ」と表現していることからタイトルを取っている。

デイヴィッド(トム・クルーズ)は、親友がパーティーに連れてきたガールフレンドのソフィア(ペネロペ・クルス)に一目ぼれする。デイヴィッドとベッドを共にするジュリー(キャメロン・ディアス)はそれに気付き、車でデイヴィッドと共に無理心中を謀る。顔が醜く変形してしまったデイヴィッドはそれまでの華やかな人生が一転する。

友達や恋人を無下にすると手痛いしっぺ返しを食いますよ華やかなうちはいいけれどそれだけですかという教訓に感じられないこともないけれど、この作品ではそれ以上のなにか、がある。人生はすべて夢なのか?今私たちが見ているのは現実?上手く言い表せないので、再度見てみたいと思っている。

音楽や衣装にも凝っている。嫉妬に狂った女性役をキャメロン・ディアスが好演、一歩間違えば女優のイメージを壊しかねない役柄をよくぞ演じたと思う。
御法度発言だが、トムクルーズが自己で醜い男になった顔が専属弁護士役の人にそっくりだった(爆)

キャメロンクロウ監督 エージェント・・トムクルーズ主演
トムクルーズ主演 ミッションインポッシブル マイノリティレポート

人気blogランキングエントリー中
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« バイオハザード #49 | トップ | スパイダー #51 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは~ (Ray)
2005-02-02 22:51:24
私は先に「オープン・ユア・アイズ」を観て、この映画を観たのですが、この作品の方が豪華でした。

リメイク、ハリウッド作品、トム・クルーズとなれば当たり前なんでしょうけどね。(笑)

私は、現実なのか夢なのか、最後まで混乱してましたが「オープン・・・」の方がラストも混乱させたままで終わってました(汗)



確かにキャメロン・ディアスには驚きました!

あの薄い瞳の色が、なんとも言えない雰囲気をかもし出してましたよね。



私的には、「オープン・ユア・アイズ」の方のベネロペ・クルスが素朴で美しく、良かったです。
Unknown (映画のせかいマスター)
2005-02-03 08:11:28
「オープン・ユア・アイズ」を先に見られたんですね。この映画は両方見ないとはっきりわからないと聞いたことがあるのですが、気になる作品です。



キャメロン・ディアスの幅広さは凄いですね。コメディからサスペンスまでなんでもこなしちゃう。日本で言えば・・・うーん、誰だろう?思い浮かびません。



次見るときは2本一緒に見たいっす!

コメントを投稿

は行映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事