映画のせかい

私が最近見た映画 ※ネタバレあり

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

海底二万哩 #222

2005-02-17 | か行の映画
1954年 アメリカ 127分

舞台は19世紀半ば。船が沈没する事件が相次いだ。アロナクス教授(ポール・ルーカス)と助手コンセイユ(ピータ・ローレ)、そして銛(もり)打ちの名手ネッド(カーク・ダグラス)は、調査のため調査船に乗り込んだ。3ヶ月の調査の末、異常は見当たらず、調査は中断しようとしたその時、何ものかが船に激突し沈没してしまう。3人は漂流後、運よく潜水艦に乗り込むが、この潜水艦こそ船を沈没させる怪物の正体だった。

・・・
さぞかし悪い船長なのかと思いきや、戦争を憎み平和を愛するネモ船長は、愛すべきキャラクターである。ある島で囚人として強制労働していた彼は、法の及ばない海の底でやっと自由を手に入れたのである。金銀財宝を潜水艦のオモリだとして目もくれず、海の幸を食しながら生きていく姿は、まさに自由を手に入れた男である。

さて、この映画1954年の作品であるが、カラーだし、特撮は凄いし、感心することしきりだ。1954年と言えば日本では世紀の大怪獣ゴジラが誕生した年であるが、オキシゲンデストロイヤーを封印するために心中した山根博士の姿と、ノーチラス号の動力の秘密を悪用されるのを防ぐために爆破するネモ船長の姿がダブって見えてしまった。奇しくも同じ年の名作で、2人の科学者が大発明と共に去っていったわけである。

人食い人種や巨大イカとの戦いは興味深いシーンである。ディズニーシーのノーチラス号には船長の残した日誌は発掘されているのだろうか?
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 情婦 #221 | トップ | バルカン超特急 #223 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
同時期に観るとは! (ぽこ)
2005-02-17 07:51:06
トラックバックありがとうございました。

ゴジラと同じ1954年と古い映画でしたが、どうしてどうしてしっかりカラーでバリバリ特撮していて、それがまた楽しい作品でしたね。

巨大イカとの戦いはホントに凄かったです。
Unknown (映画のせかいマスター)
2005-02-17 08:10:44
7ヶ月目にして初の同時同作品UPになりましたね。UPしたあと巡回してびっくりしました。

子供向け作品と思って見ましたが、全然OKでしたね。

ネモ船長は死んだとばかり思っていましたが・・・。
Unknown (samurai-kyousuke)
2005-02-17 22:49:44
ノーチラス号の内装は豪華絢爛ですねー。

潜水艦内部にバイブオルガンとは凄い発想です。

ちなみに「リーグ・オブ・レジェンド」のノーチラス号はいまいちでした。
Unknown (映画のせかいマスター)
2005-02-18 07:58:56
いつもコメントありがとうございます。今度TDSに行ったら絶対チェックしようと思います。ただし予定が無いのが残念!
Unknown (奈緒子と次郎)
2005-02-18 16:18:55
この映画すごく好きです。ジュール・ヴェルヌの著書も大好きで19世紀に未来を夢見たヴェルヌにロマンを感じます。映画『80日間世界一周('56)』も大好きなんです!

TDSのノーチラス号は酔っちゃいました…(◎o◎)
Unknown (映画のせかいマスター)
2005-02-18 18:26:30
どうも!奈緒子と次郎さん。コメントありがとうございました。古き良き時代、いいですねー。H・G・ウェルズといい、19世紀の作家は素晴らしい作品を残していますね。『80日間世界一周』もチェックしなけりゃ!その前に80DAYSかな。では!

コメントを投稿

か行の映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事