映画のせかい

私が最近見た映画 ※ネタバレあり

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アパートの鍵貸します #55

2004-10-13 | あ行の映画
1960年 アメリカ 125分

社員数万人の大きな保険会社。出世するのは並大抵のことではない。その中で順調に出世コースを歩む男がいた。ジャックレモン扮するバクスターである。彼は自分のアパートを4人の上司の情事に貸すことでその見返りをしっかりと得ていたのだ。急な要求にも応じ、スケジュールをやりくり、酒が無いつまみが無い、・・・ちょっとつらい。そんなある日部長に呼ばれ、裏で何をやってるんだと追求される。正直に話すバクスターに部長は言う。俺も貸してくれと。

不条理な状況をユーモアで受け止めて前向きな主人公の姿に、その後何人のジャックレモンもどきが出現したことであろう。映画やTVドラマ、演劇のシーンでは彼のような人物が今でも跋扈している。サラリーマンはこうでなければならないという「形」を作ったのは実はこの作品なのかもしれない。

実は恋愛映画。社内恋愛がまかり通っているこの会社で、純愛を続ける主人公。最後はどこで終わってもおかしくないような展開だったが、ハッピーエンドで終わるのが今日まで人気が続いている理由だと思った。とってもハートフル!絶対「好き」になれる映画です。

ビリー・ワイルダー監督作品一覧へ
人気blogランキングエントリー中

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« アイスエイジ #54 | トップ | 怪人二十面相 #56 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ビリー・ワイルダー (micchii)
2005-01-10 22:34:56
映画のせかいマスターさん、コメントありがとうございます!

こちらも何本か感想読ませていただきましたが、『深夜の告白』があるあたり渋いですね!

緊張感がたまりませんでしたし、バーバラ・スタンウィック怖過ぎ!(笑)

ビリー・ワイルダーはまだ観てない作品の方が多いですが、『アパートの鍵貸します』以外では、『情婦』『お熱いのがお好き』『第十七捕虜収容所』あたりがお気に入りです。でも、『麗しのサブリナ』や『昼下がりの情事』もいいしなー、と書き出したら、ほんとに傑作・名作ばかりですよね。

ではまた♪
Unknown (映画のせかいマスター)
2005-01-11 12:17:20
コメントありがとうございました。私もビリー・ワイルダーはこれから見ようというものばかりで、まだまだ見始めたらきりがないんですけど、面白そうなのばっかですね。お勧め頂いた分は早くみたーい!です。

TBは大歓迎です。こちらからも飛ばしますので今後ともどうぞよろしくお願いします。
マティーニのオリーブ (まいじょ)
2006-08-31 20:13:22
クリスマス・イブなのに、恋人もいない、家にも帰れない。しかたなく、バーでマティーニを何杯も飲み干し、オリーブを並べる。行きずりの女との気のないダンス。

そんな大都会の孤独をあらわす場面がとても印象的でした。
Unknown (映画のせかいマスター)
2006-09-01 20:53:59
まいじょさん、コメントありがとうございます。

力が入った記事ですね。いつの時代も大都会の孤独は共感します。うちは大都会じゃないですけど、大都会のような孤独感?結構好きなんです。あまり淋しすぎると物悲しいですが、この映画は良かったですね!

コメントを投稿

あ行の映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事