映画のせかい

私が最近見た映画 ※ネタバレあり

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

完全犯罪クラブ #257

2005-03-16 | か行の映画
2002年 アメリカ 120分

サンドラブロック主演。1924年にアメリカで実際に起きた“レオポルド&ローブ事件”をモチーフにした作品。退屈なエリート高校生が仕組んだ捜査の裏をかく完全犯罪。無作為に面識のない女を選び、2人で入れ替わりつつもアリバイを実証するが・・・。

思惑通りに捜査をかく乱することに成功するが、土壇場で覆す捜査官キャシー(サンドラブロック)、やがて2人は仲間割れの兆しが。二転三転する真相の行方は。

ミステリーとしては意外と面白かった。サンドラブロックの役どころが掴みづらくはあったが、結局高校生らと交わることを通して、自らのトラウマに気付くってやつ。自らプロデュースしたという難しい役柄を涼しげな(冷たい、ともいうのだろうか)表情でこなしていく。この人も、いろんな役柄ができる人だと思うが、ミステリーは似合ってるんじゃない?特に今回のような捜査斑で一人だけ狙いが違う役割(しかもそれが大正解)なんて、頼れそうで良かった。後輩捜査官をぐいぐい引っ張っていく(アレは別として、いや含めて、かな。)のもなかなか。彼女の共演する男性は顔が濃い人が多いけど選んでるんかな?
コメント   この記事についてブログを書く
« 太陽を盗んだ男 #256 | トップ | スピード #258 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

か行の映画」カテゴリの最新記事