映画のせかい

私が最近見た映画 ※ネタバレあり

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

レインマン #238

2005-03-03 | ら行映画
1988年 アメリカ 134分 アカデミー賞

自動車のディーラーであるチャーリー(トム・クルーズ)は、毎日自転車操業で高級車を右から左に流して稼いでいる。父親の訃報を聞き故郷に戻るが、遺産はすべて初めて会う兄レイモンド(ダスティン・ホフマン)に渡るという。しかもレイは自閉症で入院生活を送っていた。チャーリーはレイを連れ出し、遺産を半分貰えるよう交渉する。レイは飛行機を嫌がり、渋々車で旅をするが、その途中レイの奇行が続く。

自閉症は年々増えていて、今では1000人に1人とも言われている。その特徴として人との関わり方が分からない、感じ方に一貫性がない、知的機能がかたよって発達するなどがある。本作のレイも、急に過敏な反応をしたり、ベッドの位置や見るTVに拘り、パンツはKマートで買わないといけないと言い張る。落ちたつま楊枝の数200本以上を一度に数えたり、5桁の掛け算を暗算で出来たりするが、パンの値段とおつりはわからない。

そんなレイに振り回されっぱなしのチャーリーも、きっかけは財産だったが、だんだんと兄弟の絆を深めていき、レイを理解するようになっていく。レイの記憶力を活かしてラスベガスでカードで大勝ちし、意気揚々と引き上げるが、チャーリーには遺産も渡されず、兄弟も離れてしまう。

なんと言ってもアカデミー賞主演男優賞を取ったダスティン・ホフマンに尽きるでしょう。何を考えているのかわからない、難しい役だと思うけど、まるで素で演じているかのようにも見えた。最初はチャーリーの暴行記録を取っていたほどだったのに、いつしか弟を信頼するようになっていく姿が伝わってくるものがあって、最後の「弟と一緒にいる」という台詞は感動でした。

タイトルのレインマンとはレイが「レイモンド」を言えなくて「レインマン」になってしまったところから来てる。誰も言わないけど、トム・クルーズとダスティン・ホフマン(の若い頃)って似てると思う。本当の兄弟みたい。
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 紳士協定 #237 | トップ | 地上最大のショウ #239 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは~ (Ray)
2005-03-03 21:40:34
この映画も良かったですね~

細かいことは覚えてないのですが、感動した記憶があります。

ダスティン・ホフマンの演技には脱帽です!

役になりきる・・・これに徹底してますよね。

TBありがとうございます♪ (keicyuke)
2005-03-04 02:21:24
確かに「レインマン」はホフマンの演技に尽きますね。彼は自閉症のドキュメンタリービデオを見たり、専門医に話を聞いたりして自閉症患者について学んだそうです。



私はチャーリーがレイモンドにダンスを教えてあげているシーンが好きですね。あそこで普通の兄弟以上になれた気がします。
Unknown (映画のせかいマスター)
2005-03-04 08:12:37
Rayさん、keicyukeさん、コメントありがとうございました。

ダスティン・ホフマンの演技はすごかったですね。なるほど、そういう研究をしてたのですね。なかなか出来るものじゃないですね。

チャーリーの恋人もよかったです^^

コメントを投稿

ら行映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事